07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

「万能」!無意識に。まさに無意識に!

先日のやりとり (自分の感情をなかったことにするクセを変えてみる - なんかのたまご 2014/09/03 Wed. 12:37) のあと、浅倉美弥さんが、

万能じゃない、って言えるようになったの。|浅倉美弥の自分を満たす・ナルシストコーチング

という記事に、コメントを引用しながら [幸せに生きるコツ] カテゴリで1記事書いてくださいました。


2014-09-10 08.30.56
オーイェー


【以下引用】

そもそも、完璧=幸せ っていう方程式が間違ってたんです。

ホント、笑えるわー。


そこでハッと思いました。

あのときスマホじゃなくて、パソコンからコメントの返信書いていた気がするんだけど、なんでわたしはわざわざ「万能」って言葉をチョイスしたのだろう、パソコンから返信する場合はある程度読みなおしたりできるのに、どうして万能、という言葉に違和感を持たなかったのか、と。

「万能」って日常生活ではあんまり頻繁に言わないですよね。とくに、人物に対しては。(言うとしたら「スポーツ万能」とか?)

ひとに対して「有能」とかは言うかもしれないけど「万能」はちょっと違和感がある気がする。使うとするなら万能グリル、とか、万能物干しざお、とかのほうがしっくりくる。みたいな。

そこで今朝、歩きながら思いを巡らしていました。


2014-09-10 10.43.29
「何かにぶつかっても乗り越えやすい」ように変わってきたのはほかならぬ自分もそうなのでした♪


思いだしたことがあります。

わたしは浅倉美弥さんのコーチングを半分ぐらい受けている時期、そのときはまだ触っちゃまずい部分に触れちゃったみたいで、調子を崩しました。それで、「ああースコーンと忘れてたけどお薬飲んでるひとはコーチング受けられないんでしたーーーー!!!うひょー!!!」って感じで、美弥さんもわたしも互いになんかごめんねごめんねー!確認不足サーセン!でも今後ともよろぴくよろぴくーってな気持ちでいったんコーチングセッションを中断したという経緯があります。

その経緯やら後日譚については何度か書いていて、(このブログには浅倉美弥のナルシストコーチングというカテゴリがあります) たしか、別にコーチング受けられなかったら受けられなかったで、ブログ読んでるだけでも楽しいし、いいじゃん、みたいに締めくくっていたような。

で!です。

さっき帰宅して自分の思っていることをノートに書いていたら「健常者」という言葉が出てきました。

「美弥さんは健常者で、コーチ&ちゃんとした社会人。
わたしは、not 健常者で、いまだに調子を崩す時がある」

こういうのはひとと比べるようなことではないのですが、無意識に(まさに無意識に!)

「自分は人格に問題があり、健常者のひとたちとは違うと言われ、自覚もある。なにかが欠落しているのか、逆に過剰なのか、はたまた医者のさじ加減なのか、それはわたしにはわからないけど、とにかくそういう診断を受け、問題行動を繰り返したことは事実。だから、ひとと関わると周りを振り回してしまったり、傷つけてしまうかもしれない。つまり、加害者になる可能性がまだ残っている。治った~元気になった~♪ と油断したときほど危ない。だから迷惑をかけないように近すぎず、遠すぎず、適切な距離を保ちつつ、自分の力の及ばないことに関しては天に任せる」

などと思っているらしいのですよ。(意識の裏でね)


2014-09-10 10.44.08
人格障害に悩んで苦しむために生まれてきたのか?NO!それはわたしにとって本題ではない。人生のメインディッシュではない


だから、もしかしたら「万能」というのをキーボードで打ち込んだとき、ほんとうは「健常者」って書きそうになって、それはいくらなんでもおかしな表現だからと、無意識に言い換えたのかもしれません。

でも、良く考えたら変な話ですよね。身体的にも精神的にも健常であることの定義っていったいなんなのか、その境目はどこなのか、ってことすらはっきりしないのに。ねぇ。


わたしはいまヨガとか朗読とか音楽などに夢中で、こういうことばかりを考えて生きているわけではないのですが、通院だけは相変わらずしてます。

一ヶ月に一度、精神科に行くときもわりと楽しい気持ちで行っている & 20代半ばから精神科通いが途切れていないので自分にとっては当たり前の風景というか、通勤感覚というか。

ただひとつ、しっかりと認識しなおしたことがあります。

自分自身、過去に「境界性人格障害」という診断名がついたことは事実。現在は「全般性不安障害」とかいう診断が(一応、便宜的に)ついている。

だから、無理はしない。必要ならば薬も飲むし、先生のアドバイス通り穏やかに暮らせるように工夫する。

でも、わたしは日々変化しているし、仮に問題を抱えたままずーーーっと過ごしたからと言ってだからなに? ほとんどの時間を面白おかしく楽しく愉快に暮らしているのだ。そして、わたしの目線から見た「健常者」とラベルづけた人々にだって様々な課題や問題、煩いごとがあり、そのひとたちだって毎日変化している。

そして、一番大切なこと。今がどうであろうと、誰もが自分の意思によって自分を良くも悪くも変化させることができる。

ということを思ったのでした。

まあごちゃごちゃ考えなくても秋空は気持ちがいいし、細けぇこたぁいいんだよ!HAHAHA!


2014-09-10 08.30.25
この世の仕組みってダンディじゃんよ


関連記事
浅倉美弥のナルシストコーチングの関連記事

category: 浅倉美弥のナルシストコーチング

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/980-fab235f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。