07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

人生は推理小説


昨晩の、あいりちゃんとキリさんとのやりとり中に自分自身の変化に気づきました。







このあとあいりちゃん(まつげもやすちゃん)から、「アドリブ苦手説」とでも名づけたいような台詞が出てきて、そのあと、夢の中で何かを体験してきたような気がします。

具体的にどんな夢を見たかはあんまり覚えてないんですけどね。

ひとつ、最近読んだ書籍の中におもいっきりリンクする箇所があったので、紹介しておきます。

河合隼雄の「無意識の構造」の第一章。フロイトのヒステリー研究について紹介している部分です。現代ではフロイトの夢分析などを真面目な学問として読む人はいないでしょうが、やはり「無意識」という領域があるということを最初に発見したフロイトはすごい。そして、健忘性ヒステリーの症例などを読むうちに、これって特別なひとが変わった病気になるっていう話ではなくて、我々も自覚がないだけでごく当たり前の防御反応としていろいろなことが心のなかで起きているのかも、なんて思いました。

河合隼雄 「無意識の構造」冒頭 無意識のはたらき / コンプレックス / 心の構造 - YouTube

それから、サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえという本の見えているのに見えていない、みたいな実験を紹介した部分。ここの章は音読していないのでYouTubeにはUPいてありませんが、この手の話に興味のある方にはオススメっすよ。

サブリミナル・マインド 再生リスト - YouTube


アドリブ苦手説、からいまの自分について考えてみた時、昔からの癖である攻略本、ネタバレ、予習、準備、つまり「過剰な心配性」が普通になった。

そして、先日から実験だーとかなんとか言いながらやっていることを愉しんでいます。

人生は推理小説、とするならば、最後まで結末はわからないし、今読んでいるページをドキドキしながら読んでいるわけですよ。だからいまのわたしがもしネタバレされたら「余計なことすんじゃねーーー!!いままだ探偵が登場したばっかりの良いシーン読んでるんだから黙ってて!!」と叫ぶでしょう。

やっと、みなさんがネタバレを嫌がる気持ちを理解しましたよ。(遅い)

で、人生そのものについてのネタバレもノーサンキューです。



もちろん、老後がどうたらこうたら、とか、年金もらえないかもねーとか、いろいろあります。現実を生きていれば生活費もかかるし付き合いもいっぱい。しがらみもいっぱい。でも、そんな出来事そのものが推理小説の1ページだと思うとちょっと楽しいかも!

なーんて、気分がスッキリしたところで、母(義母)の顔見にいってきまーす!イェイ!


2014-09-05 10.41.38
関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/977-bbed4cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。