03// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //05

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

「それで、具体的に何を失ったかね?」

昨夕、主治医のところへ行ってきました。

ここ2ヶ月ほど、気候のせいかゆっくりゆっくり調子が落ちてきて、昨日はもう、ああこれはダメだーと思えてきたので自分の感じている問題点を箇条書きにして持って行きました。

いちばん困ったのは、理性では「そんなことあるわけないじゃん」とわかるのに、悲観的な空想を止められなくなることでした。これは紙に書かないとイカンな~などと思っているのに、その「紙に書く」こと自体出来る気がしない。気力がわかない。という状態。それから食欲がないのに酒だけは飲みたくなるのも良くない兆候だなぁという感じ。

それをそのまま先生に言ったら、そもそも2ヶ月前までは君は元気で過ごしていた。顔色も良くて精力的に活動していた。今はちょっとやつれて見えるけどそれほどひどくはない。というより、今までが調子良すぎたんだよ。という意味のことを言われました。

たしかに20代の会話が成立しない、みたいなひどい時期に比べたら全体的に穏やかに暮らしているのでした。だけど、わたしの中では2010年~あたりの絶好調だった時期の自分が一番印象強いのでなにか大きな失敗をしてしまったような、全てを失いそうになっているような、そんな気持ちでした。

それを言ったら先生は、笑って言いました。「それで、具体的に何を失ったかね?」と。

そのとき「そういえば、失ったものは特にないですねぇ。むしろ得たものだらけです」と答えてわたしも笑いました。そして、先月同様、タイムテーブルやToDoリストなどを一切書かないこと、という決め事だけ守って生活してください、と言われて帰ってきました。

「お酒は飲みたかったら好きなだけ飲んでください。飲み過ぎたとして二日酔いで苦しむのは僕じゃないからね」とも。まあこれは半分ジョークだと思いますので飲まない日を作ることにしますが。

一晩経っていま思うのは、さすが医者の言うことはすごいな~ということです。長く診てもらっているからなおさらなのでしょうが、どんな分野でもプロはすごい。(© 1987 清水義範)

たった一言「具体的に何を失ったかね?」と訊かれただけで、違う視点から物事を見るきっかけをもらって、すごく楽になりました。

ほんの短い期間調子がいまいちで過ごしただけなのにどうしてあんなに絶望的な気持ちになっていたのか、というと、これはもう認知の歪みってやつですよね。

紙に書く気力すらない~というのは今も変わらないので無理はしないのですが、認知の歪みのリストを忘れてしまったので本を出してパラパラ眺めていました。


2014-05-29 04.28.31
〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法


この本については以前にも書いたことがありましたが、 (【関連記事】 バカはなおせる - なんかのたまご 2012/03/24 Sat. 07:36) 分厚い本なのですべてに目をとおしてはいません。2カラム法、3カラム法、という認知療法の手法が紹介されていて、読むだけでもずいぶんと自分の感情コントロールが上手になる気がします。もちろん、カラム法を実際に紙に書いてやってみるともっと変わります。

認知の歪みについては、外部リンクを貼っておきます。わかりやすいページがありましたので。

【外部リンク】 認知のゆがみ10パターン

うつや不安などに悩まされている方だけでなく、どんな人にも役立つ一冊だと思います。なにしろタイトルが「いやな気分よ、さようなら」ですからね。この本は汎用性高いですよ。

関連記事
日記の関連記事

category: 日記

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/935-20f97d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。