07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

浅倉美弥さんがゆるしすとに進化した!

yurushist.jpg

「ナルシスト」から「ゆるしすと」へ。|ゆるしすと浅倉美弥の自分を満たすブログ


そうそう、ブログ最近書いていなかったのでいろいろ思い出すことがありまして勢いで書いていますが、5月に入って、コーチングの浅倉美弥さんのキャッチフレーズが「ナルシスト」から「ゆるしすと」に変わったのですよ。

先日「これは進化ですねぇ~!」と、布団の中でスマホいじりながらひとりごとをブツブツ言っていたのですが、改めて今日PCからブログを見に行ってそう思います。

まだトップの画像は「ナルシスト」のままですが、少しずついままで「ナルシスト」と表記していた部分を「ゆるしすと」に変更なさっている様子が伺えて、すごいな~と思いました。

だって、「ナルシスト」であろうと決めて自分をしっかり満たすということをしながらそれをババーンと宣言して、その後ゆるゆるにゆるめて許す「ゆるしすと」ですよ。これは進化、ですよね。

外国映画のオーディオコメンタリーを見ていて気付いたのですが、英語圏の方の言い回しに「僕はあのとき自分に怒ることを許可したんだ」みたいな言い方がよく出てきます。これは自分の感情をそのタイミングで表に出すことに自覚的であり、自分にそう振る舞うこと(この俳優さんの場合は怒ること)にGOサインを出しているんでしょうね。

そして、その場で怒ったりしたとしてもちゃんと感情の処理は自分で済ませてその後は笑ってそのときの自分を振り返っています。この態度は自分の本体と感情は別物であり、感情というのはうつりゆくものなのだからコントロールするのが当たり前だ、という考え方の表れのような気がしました。

日本語で「許可する」と表記されると、なんだか上からものを言っているみたいでおこがましいような……って感じる場合もあると思いますが、たぶんその辺のところに「なにかを許せない自分」「ではなぜ許せないのか」もっと言うなら「なぜ自分を許せないのか」「なぜ自分を否定するのか」というところにつながってくるような気がします。

また、自分に許可を出すことというのは主体性と責任の意味をしっかり理解して腹に落ちていないとなかなか出来ないのではないかとも思いました。もちろん、そこには覚悟もあると思います。だから、最近の美弥さんはかっこいいしどんどん綺麗になっているなぁとも思いました。

ゆるゆる緩めるという意味も含んでいて、すっごく良いと思いました。やっぱり大切なのは脱力ですよ脱力。

関連記事
浅倉美弥のナルシストコーチングの関連記事

category: 浅倉美弥のナルシストコーチング

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/933-98044be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。