07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

『男のトリセツ』 いい意味で予想を裏切られたーーー!!


なんだか朝早く目が覚めてしまいました。

そして、胃が重い!!寝る直前にガツ(豚の内臓かなんか)をご飯に乗せてバクバク食べたあと納豆ご飯食べてすぐ寝ちゃったから自業自得なんですが、うぉぉ……今度から気をつけるっす。

そうそう、昨日一気に読んだ白鳥JAY子さんの男のトリセツ。

わたしはワタナベさんからレビューの女王の称号を頂いていることを思い出したのでした。女王!!いまごろになって嬉しさがジワジワと……(遅い)。

で、昨日はカタリナちゃんのレビューをFBでもシェアしたのですが、

もうね、彼女、レビューの女王と呼びたいです。

文才あるのは、ライターさんだったからだと思うのですが、笑える。

一歩踏み出す前の不安を小さくする方法: 美人になる方法|毎日感謝を忘れずに潜在的美意識を高めて美人になりましょう



えッマジで?

わたしが女王ッ?!

魔王とかラ王とかspa王とかモナ王とかじゃなくて女王?!

うっれしーい!


単純なのでその気になってきました。


そうそう、ところで男のトリセツ。

男のトリセツ
by カエレバ


この一冊については、Twitterでちょこっと書いただけでは書き足りないので、改めてこちらでレビューします。

真剣にしたためる所存ゆえ長文になり候。じゃから、おぬしたちもその覚悟にてこれに臨みたもうぞ。

(女王っていうより老人の王……っていうか武士みたいになった!∑(゚Д゚))



昨日はタートルネックの首元まで涙びしょびしょになりながら読み終えた男のトリセツ。

「取扱説明書」「ダンナ操縦法」という軽いノリで読み始めたらいい意味で予想を裏切られたーーー!!

もちろん細かなテクニック的なことも書いていますし、男性っていうのはこういう仕組みにできているのよーみたいなところもたくさんあって、拾える部分はもう無数にあります。

もちろん、笑いもたくさん。

というか、前半ほとんどギャハハハハ!!と、声だして笑いまくっていて隣の部屋から苦情とか来たらどうしようって感じ。こんなに笑ったのほんとうに久しぶりで。喫茶店とかに持って行って読んだら笑いをこらえられなくて不審者だよ。`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォッ!ってね。

でも、それよりもJAY子さんご自身がサラッと書いているひとことひとことに、愛と笑いと感謝はもちろん、そこにさりげない品の良さや配慮、そして有り余るサービス精神が追加されて、ギャハハハハ!と笑ったかと思えば「はいー!そうします!」と、思わず背筋を伸ばしてしまったり、オイオイ涙を流して泣いてしまったり、忙しいこと。(わたしが)


2014-03-17 04.59.43
オウフwwwコポォwwwフォヌカポォwwwいわゆるストレートな指摘キタコレですね


ほんと、家で読んで良かったです。

それほどに、この本は内容が濃い。

わたしはそう感じたのです。以前のわたしだったらそうは思わなかったかもしれませんが。

見た目(キラキラの装丁)の時点で買わなかっただろうし「ああーこういうのねー」「字でかっ!」「内容なんてほとんどブログと一緒なんでしょどうせ」と、先入観だけでバカにしてサラッと眺めてふ~んで終わっていたでしょう。

でも違うんです。ハートをヒットされちゃったのです。

「うっ、痛いところを突かれた!」と、自分を見直すような部分も多々ありまして、そういう部分に関してはなぜか素直に「あ、そうか、じゃあこれからは直そう」と思いました。

この本は、婚活中の女性や、彼氏とうまくやっていきたい女性に対するお悩み相談みたいなコーナーから始まりますが、コラムの内容も素晴らしく、夫婦円満に生活するコツ、強くしなやかに生きていくヒント、観念的なことばかりでなく具体的にこうしちゃえばいいのよ!という納得ワザもたくさん詰まっています。

そして最終章ではサラッとですが、JAY子さんご自身がとてもご苦労なさった上でいまの幸せをつかみ (コインランドリーで寝泊まりしたとか、なんだか若い時の自分と重ねてしまってダーダー泣きました) 、でも、まだいまでも抱えている問題がある。そして、その問題を問題として許したまま、目を背けるわけでもなくただ生きていく。

そういう姿が垣間見えて涙が止まらないーという読書体験をしました。

きっと、何度も読み返すと思います。全裸で。背筋を伸ばして。


2014-03-15 15.10.08
背筋を伸ばして読む環境もいつの間にか整っているわ♡ ふっしぎー


わたしはおネエ系のタレントに詳しくないのですが、イメージ的には毒舌が売りとかそういう感じ?あと、恋愛相談とかしてるかも。そんで「アンタ、○○よっ!」とか愛のムチっぽい口調で相手をぶった斬りみたいなそんな感じなのは知っています。

当然のことながら、タレントという商売であるからにはそういう芸風として統一一貫したある程度のメソッド?作法?みたいなものがあるのでしょう。

そして、白鳥JAY子さんもブログやメルマガの口調ではおネエ系、って印象を受けると思います。恋愛相談とかやってますし。

でも、JAY子さんには決定的に違う部分がある。

それは、勝ち組であること。成功者であること。

わたしはこれまで「勝ち組」「成功者」という言葉を使うのをあえて避けてきましたが、今回はつかいます。なぜなら、JAY子さんにはそれだけの説得力があったからです。

「ひとの不幸は蜜の味」などと堂々と公言したうえで言いたい放題他人や世の中にダメ出しして、ではどうしたらうまくいくのかについては具体的なことをおっしゃらない。ご自身も愛しているひととのラブラブ生活を長く続けているわけでもない。みたいな人物の話は素直に聴けませんが、JAY子さんはそこがじぇんじぇん違いました。

ドンピシャ好みでお金持ちである男性と結婚して8年間、しっかりと結婚生活を幸せに歩んでいて、いまもこまめな努力を続けている。初心を忘れずにいるということ。そして、そこに至るまでにどれほどの工夫と努力と経験を重ねたか、ということが、ビシバシ伝わってきます。けっして借り物の浮ついた言葉ではないからこその説得力。

実体験の裏付けあっての言葉だからです。

同じ言葉を別の人が言っても響かなかったかもしれないけれど、JAY子さんの場合は、心のどの部分から発している言葉なのか、その言葉にどれほどの裏付けと真摯さと愛がこもっているのかが伝わってきました。


2014-03-17 03.21.17
餅は餅屋。仰るとおりでございます


これはこの本の前説にもあるのですが「美容もメイクもお料理もうまくいっている人(先生とか)から習うのに、どうして恋愛に関しては失敗している人からアドバイスもらおうとするの?」みたいに書いてあって、たしかに!!と思います。

(これはお金についても同じことが言えますね。まさに餅は餅屋)

生い立ち……過去……決して幸福に育った、とは言えないにも関わらず、カナダのバンクーバーで初の日本人とカナダ人のゲイ婚を成し遂げたJAY子さん

おまけにお相手の方は百万長者の子孫で、8年経った今でもラブラブな結婚生活を続けている。

素晴らしいです。


この本の目次を以下に引用しておきます。


【目次】
[はじめに] 他のオネエと一緒にしないで?

《第1章》 愛されたい女達
● 相談1 この1年で全てにケリをつけたい女
● 相談2 下半身がだらしない女
● 相談3 ワル男ばかり好きになる女
● 相談4 BLの現実を知るベキ女
● 相談5 おねだりが下手な女
● 相談6 リアルに割り勘される女
[column] 身を滅ぼす女達の自分磨き
[column] モテる女とモテない女は、ココが違う!
[column] 全ての成功は己のイメージから!
[column] 夢を語る男に気をつけろ!
[column] 浮気する男の心理を解明

《第2章》 結婚したい女達
● 相談7 自信はこうして作るモノ
[column] 嫉妬心を解明!
● 相談8 結婚に希望が持てない女
[column] 伝説の300人斬り
[column] なりたい自分になる
[column] 女のルックスは最大の武器!
● 相談9 合鍵をくれない男

《第3章》 愛され嫁になりたい女達
● 相談10 夫婦の悩み:夫婦の形は常に変化する
● 相談11 夫婦の悩み 夫婦間での会話の個人差
● 相談12 結婚生活の悩み:おしどり夫婦のあり方
● 相談13 仕事から結婚へ逃げたい症候群
● 相談14 旦那に家事を手伝わせる操縦術
[column] 夫婦喧嘩に他人は入れないコト
[column] 出世する旦那作り
● 相談15 セックスレス防止対策
[column] 結婚生活を上手く行かせるには

《第4章》 白鳥JAY子の人生
[column] なれそめ
[column] JAY子の結婚観
[column] 家出時代
[column] 睡眠薬とアルコール
[column] 憎しみの連鎖
[column] 過去の呪縛

[あとがき]



わたしが昨日一番記憶に残ったところは「自分の居場所は探すものではなくて作るもの」ということでした。

きっと何度も読み返すうちにまた違う部分に反応することもあるかと思います。

楽しみです。


2014-03-17 05.14.37
おぉぅ。こういう生い立ちのひとだったのか……


と……感動のなかで本を閉じてカバーを付け直してふと裏表紙に書かれているJAY子さんの経歴を見たら……ワーオ。なんというか、スケール大きい!!

ますますこの方に興味が湧いてきちゃいました。

メルマガはすでに読者登録済み。アメブロも、スマホにブックマークのショートカットおいているのでいつでも読めます。

自叙伝の詳細はメルマガのほうでゆっくり書いていらっしゃるようなので、これからの配信も楽しみです。最高の読書体験をサンクスです!!LOVE!!


関連記事
レビューの関連記事

category: レビュー

thread: 楽しく生きる  janre: ライフ

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/884-b9310585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。