09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

「しかし!私もニュータイプの筈だ!」 - 直感力と洞察力

昨晩、たっぷり眠ってやろうと思って11時に目覚ましをかけて布団に入ったら、さすがに寝足りたのか、数十分早く目が覚めました。

そこでやってみたんですよ。瞑想っぽいことを。

横たわって瞑想みたいなことをすると寝ちゃうので、今回は初めての試み。あぐらをかいて毛布ひっかぶって。

やはり無音での瞑想はハードルが高いので、今回も音声の力をかりました。(4年前ぐらいからニコ動やYouTubeにアップされているものを時々試しています)


medetation.jpg
よりどりみどりですやん


いっぱい種類があるのですが、今朝は「直感」がテーマのものをなんとなくチョイス。

今日の音声はところどころ誘導ガイダンスの入るタイプのものでした。途中で「あなたが過去に直感を発揮?した場面を思い出してみてください」とか言われて「無いです~そんな場面一回も無いです~」と思いました。(3回ぐらい同じガイダンスが流れてきたので「無いって言ってるじゃん!しつこいよ!」とか思っていましたw)

だってわたし、昔から「わたしは鈍感」というセルフイメージが定着していて、それを言い訳にして自分を正当化することが得意でしたからね。

わたしが「鈍いほうが下衆の勘ぐりをしなくて済むから鈍いままでいいのだ」と、自分を無意識に正当化して生きていたというのは、

「目をあけたら汚いものを見てしまうから目を閉じていたほうがいいのだ」
「恐ろしい音や騒音が聞こえてしまうから耳をふさいでいたほうがいいのだ」

みたいなことを言って、美しいものや素敵な音楽、の存在を認識できていない状態、みたいなものかもしれないとも思いました。
「鈍いままでもいいのだ」の正体 - なんかのたまご 2013/03/01 Fri. 19:05



でも、よーーーく思い出してみると、つい最近「なんとなく」を大切にして行動に移したことが結果的に自分のためになっていたり、ひとと話している時に「えっ、なんでそんなことわかるのですか?鋭いですね!」と言われたことを思い出しました。

鋭いですね、と言われたそのときははははーまあそれなりに長く生きてるからーみたいに答えた覚えがあります。その相手はかなり年下なんですもの。まあ当然といえば当然です。

でも、「鈍いままでもいいのだ」の正体について自分で気づかないままボケーっと一年間を過ごしていたら、やっぱり今の自分にはたどり着いていないような気もするのです。

生まれつきだから、とか、育った環境がウンタラカンタラだから、親も○○だから……とかいろんなことを言い訳にしてきましたが、なんというか、やっぱり洞察力や直感力というのは習練によってある程度まであげられる技能だと思いました。


2014-02-08 20.58.48
生きる、生きる、だけでいい


これを鍛えるためには、やっぱり経験を積むこと。

そして、日常生活を大切にしながらも、定期的に自分と向き合う時間を作って「じゃあなんで?」「最近どうよ?」と自分に問いかけることは大切だと思います。

別にガンダムのニュータイプとか、とある科学の超電磁砲のレベル5みたいなのを目指す必要はないんですよ。マラソンが好きな人全員がオリンピック選手レベルのランナーになりたくて走っているわけじゃない、ってのと同じで。


ニュータイプの概念の本質

ニュータイプの概念の本質は宇宙空間で生活するようになった人類が、それに対応するために進化していったものであるとされている。元々はジオン・ズム・ダイクンが提唱した概念の一つであり、宇宙という広大な生活圏を手に入れた人類は洞察力、認識能力が拡大し、肉体的、精神的にあらゆる物事を理解することができ、それが全人類に広がった時にかつてなしえなかった相互理解が可能となる、という主旨であった。

超能力者との違い
アニメ映画『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』内にて、レビル将軍は、軍の公式見解ではなく私見と断ったうえで「直感力と洞察力に優れた人間と考えている」と述べた。また、『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』では、「ニュータイプ≠超能力者」であると述べている。彼によれば「ニュータイプ=戦争を必要としない人間」なのだという。

ニュータイプ - Wikipedia



「ガンダムは人生の教科書」と言ったのは及川光博だったと思います。


及川光博「ガンダムは人生の教科書」 - YouTube

わたしはガンダムあんまり知らないんですが、小学校のときに帰宅するとアムロとシャアがテレビに写っているのをぼんやり眺めるという環境でしたので、なんとなく覚えています。

それから、SF大好きっ子だったし、もし、この世にいない人物と通信できるのならぜひ話してみたいのはトールキンとコナン・ドイルと河合隼雄と星新一です。だからTwitterでむか~しから霊界通信とか魔術師とか錬金術とか未来人とか言っていたんですが、あれは冗談半分ではあるけれど、半分本気でもあるのです。

でも、あまりにのめり込みすぎると日常生活に支障が出るので(つーか精神科の先生に怒られる)瞑想やメンタルトレーニングやイメージングのようなことはは夫が居ない時、一日一回、そして酒を飲んでいない空腹時にしかやらないこと、などは守っています。

ここまで書いて、41歳を目前にしてニュータイプとか霊界通信とか錬金術とか魔術とかタイムマシーンに関心アリアリなのってどうなのよ?って思いました。

でもいいのー。好きだからー♪

関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/868-2d9ebddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。