10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

ランボー怒りの朗読 / エーリッヒ・フロム『愛、それは人間の実存の問題に対する答え』 1/2

どういうわけかエーリッヒ・フロムの『愛するということ』の二章を読んでいるうちにカッカと頭に血がのぼり、気づいたら怒りながら一時間読み続けていました。廊下で立ったまま。寒かったです。

エーリッヒ・フロム 『愛するということ』 第二章 1.愛、それは人間の実存の問題に対する答え - YouTube

なぜ怒ったのか。

朗読していた時初見だったので、わたしの心のなかではいろいろな感情が渦巻いていました。酒も飲んでいましたので酔っていてあんまり覚えていないのですが。

そして、一昼夜が経ったいま、仕事を終えて帰って来てやっぱり怒っているのです。

なんでだろう~なんでだろう~

と、いまでもなぜなのか考えています。

ただ、フロムが言っていることはわたしがもっと若い頃に知りたかったことであり、知りたくてたまらなかったのにも関わらず逃げてきたことでもありました。

物心ついたとき、よく思いました。

なんで、自分は自分なんだろう。なんで、生きていなくてはならないのだろう。なんで死んではいけないのだろう。なんで、自分は自分の思ったことをそのままの形で外に出せないのだろう。なんで、いつもつまらない嘘ばかりついているのだろう。なんで、なんで、なんで?と。

「なんで?」は長ずるにつれて読書の方向に向いたり、哲学専攻にすすむという行動力の源にもなっていましたので、決して悪いことではありませんでした。

ただ、当時のわたしには荷が勝ちすぎていたのか?それとも、わたしの心が弱っちかったのか。

それはわかりませんが、ともかく他人にひどいことをしたり冷淡になってみたり博愛的になってみたり病気になったり立ち直ったり幸せをかんじてみたり、まあ振り幅の大きいこと、と、自分でも笑ってしまうような20代を送ってきました。

それから長い年月が過ぎて、最近パヤパヤとお花畑あたまで楽しくいきるぜぃ!なんて思い始めた矢先に、フロム先生がほじくり返すように、わたしのなかの「なんで?」を刺激するのです。

いまは複数の過去に読んできた本や見た映画などの断片が頭のなかを乱れ散っているような状態で、そんな折にこの大雪です。

明日は休みなので、じっと続きを読んでみようと思います。


2014-02-07 08.10.52
このコーナーのテーマは『愛』です


【追記】

音楽性の違いで離婚 - なんかのたまごにコメントをいただいて、それに返信コメントを書いているうちに、なんとなーくなんで自分が感情的になっているのか手がかりを掴みかけた気がします。

わたしは、きっと、なんで自分は人間なんだろう、というようなことを考えてしまったのでしょう。

そのことに触れずに、仕事、趣味、交友、読書、踊り、音楽、映画、酒……なんでもいいからなにかに熱中/陶酔していれば、小難しいことを考えずに「集団への同化」「祝祭的興奮状態」で過ごしてとりあえず時を過ごせるのに。そうしている間に今回の生が終わるのに。

だのに、なんでそんな核心を突くようなことを言ってくれちゃうかなこのヤロー!と、頭にきたのだと思います。

自分で読んで自分で録音してひとりで怒っている、ってのが馬鹿みたいですけどね。

ともかく、コメントへのお返事に書いたように、自分で自分を一人で立っていることのできる状態にする、ということに、いまは気持ちが向いています。


関連記事
読書の関連記事

category: 読書

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△

コメント

おはようございます^^
健康が回復したようで、何より☆良かったです。

エーリッヒの本ですが、100分de名著というNHK教育番組(夜11時くらい)で、ちょうど4回シリーズで今取り上げられています。たぶん、12日だと思うのですが、一人で読むのとは違った読み方ができるかと思います。15分位で、わかりやすい構成でした。(私には) どうかなって、思って、ここにお知らせしました。

以前こちらで紹介していた、Coveyの第3の案、読みました。あた、おかしな体験も、図書館から借りました。
いつも、読書の良いヒントとなって感謝です。ありがとう。

そして、GreatHumanity届きました。やっています。
叶え力も、今日募集でしたので、申し込むことにしました。

お互い、それぞれの目標を具現化していけることを、願っています☆

では~~。笑って今日を過ごしましょうね^^

おもち #- | URL | 2014/02/11 08:09 | edit

おもちさーん、ありがとう!

100分de名著、教えてくださってありがとうございます!!

いまNHKオンデマンドのサイトで確認したらたしかにやってます。しかも5日に第一回目の放映があったのですね。ものすごくタイミングが良くて嬉しくなっちゃいました。

第三の案、おかしな体験、同じ本を読んでいらっしゃるのですね。
あと、叶え力、わたしもいま申し込みを終えたところです。なんだか嬉しい。

ありがとう!

カタリナ #- | URL | 2014/02/11 10:03 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/843-394cf7d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。