07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

2013年、なんだかんだでヘビロテ曲

昨晩、browneyesさんのエントリ、browneyes :: more than 140: 2013年にやたらと聴いたらしき10曲+アルファ(南亜細亜&アフリカ)のYouTube動画(パキスタンのポップスPV)を聴いて、踊り狂っていました。

パキスタンではなくてインドですが、むかーーーしムトゥ 踊るマハラジャという映画にハマりまくってラジニカーントの映画を見まくった時期ががありまして、そのときは家族を巻き込んだブームというか、まあお祭り一家ですのでじっと座って見ているとかできなくて一緒に踊るのです。

それから十年ほど?時がたっただけあります。

ムトゥの時代とは違って、browneysさんセレクトの音源とダンスは洗練されている!しかも昔より痩せてるダンサーが多い!演出もいま風。

昨晩酒飲みながら動画見て踊って……の最中にちょっと笑ってしまったのがこれ。

なんで雪の山で半袖?!と。



Baadshah Songs - Banthi Poola Janaki - Jr.NTR, Kajal Aggarwal - Full HD


でもかっこいいっす。こういうの大好き!

あと、男の人の顔が好みですねぇ。ダンスにもキレがある。
もっともっとパキスタンの曲聴きこんでみたい。そして一緒に踊りたい!


というわけで、このエントリに触発されてわたしもLast.fmのチャートを振り返ってみたのですが、iTunes経由で統計がとれているものはほとんど音声プログラムと千葉美音さん、マキシマム・ザ・ホルモン、なぜか木更津キャッツアイのサントラ、などになっていて、そういえばことしはYouTubeで踊っていたのだった!と思い出しました。

学生時代に夢中になっていたハンガリー(トランシルヴァニア)、マケドニア、セルビア、あたりの曲はたまーーに懐かしいねぇなどと思いながら聴くこともありますが、いまはどちらかというと昔へのこだわりより新しいものを求める気持ちが強い。

今年は全体的に音楽を聴かない年でしたが、それでもなにかと歌い、踊り、という性格なのでめちゃくちゃ踊りまくったDVDやYouTubeを書いてみます。


1・ジーザス・クライスト・スーパースター(1973年映画)

これはロック・オペラなので、PVとか歌ではないのですが、ebayでDVDを落札してからというもの、なにかあれば再生しまくって一緒に歌って踊っていました。

字幕は英語、フランス語、韓国語、スペイン語しか無かったので英語の歌詞を表示しながら一緒にミュージカルごっこです。

わたしの言う「ひとりミュージカル」というのはこれを部屋でやることなのですが、雨戸を閉めて夫が居ない時でないと迷惑すぎるのでひとりになるとチャーンス!などと思い、踊りまくり。

お気に入りの一本です。



Simon Zealotes Poor Jerusalem

【過去記事】
1973年のスーパースター - なんかのたまご 2012/02/15 Wed. 12:53



2.及川光博「バラ色の人生」「ザッツ・エンターテイメント」「死んでもいい'98」

ダイエット、ストレス解消と姿勢の美しさキープの為……なんて思っていましたが途中からはそんなのどうでもいいからとにかく踊りたい、という衝動に突き動かされてプレイリストを再生。

この季節は踊っているうちに身体があたたまってきて、途中途中でベストを脱ぎ、ネックウォーマーを外し、手首ウォーマーもレッグウォーマーも脱ぎ捨て、上着を脱ぎ、最終的にはシャツ一枚になって背中と胸に汗の染みが……というところで気が済むのでそのままお風呂へ直行、という感じで、やばいくらい楽しいです。






3.ドン・ジョヴァンニ

これ近所迷惑になっていそうで気がかりなのですが、声を痛めたあとすこしずつ声帯の様子がよくなってきたらこんどは喜びのあまり歌いたくなるのですね。

わたしの持っているCDは1936年のグラインドボーン音楽祭録音(フリッツ・ブッシュ)のものと、1968年ベルリン・イエス・キリスト教会で録音されたカール・ベーム指揮の音源。

DVDは小学館から出ている1987年ミラノ・スカラ座でのライヴ録音のもの。ドンナ・アンナ役にエディタ・グルベローヴァ。これは舞台セットも音響もすばらしく、美しいです。

そしてニコ動で見つけたダニエル・ハーディング指揮のドン・ジョヴァンニ!いまは動画削除されていますが、この動画をきっかけにハーディングという人物に興味を持ちました。


2013-12-31 13.30.47


【過去記事】
悲劇のヒロイン健康法 - なんかのたまご 2013/04/24 Wed. 11:07

「男に捨てられて、裏切られて……なんてかわいそうなわたし!!不実な人!!でも、でも、やっぱり愛しているわ」と目をうるませ身振りつけながら歌ったらスッキリ!ドンナ・エルヴィーラに感情移入しています。


これ以外には氣志團のワンナイトカーニバル、きゃりーぱみゅぱみゅ、ももクロ、など、昔の自分だったらハナから受け付けなかっただろうなと思うような曲が好きになって良く聴いていました。

ただ、民族音楽分がたりない!!といまは思います。

やっぱりわたしはトランシルヴァニア!カロチャのウグロシュみたいなの、大好きです。日本人なのになぜか郷愁をそそられて切なくなります。


トランシルヴァニアの伝統曲 (Traditional Music from Transylvania)
by カエレバ



フィンランドのヴァルティナ、Korpiklaani、ワルシャワヴィレッジバンドなどのトラディショナル要素を取り入れた現在活動しているグループも大好きです。

自分では気づいていませんでしが、年末年始仕事とたまった家事を片付けなきゃならんのだから!と、ちょっと余裕をなくしていたかも。

久しぶりに自分が喜ぶことに意識が向いたきがします。ステキな音楽に出会えるよう、いつもアンテナを張っておきたいものです。

おお、そういうわけで、本日は大晦日でしたね。

今年は最高でしたー!みなさま良いお年をお迎え下さい!チャオ!


関連記事
音楽・映画の関連記事

category: 音楽・映画

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/817-96f51fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。