05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

ひーとーとーくーらーべーるーなー

ここのところ、ヒゲ生えてきました。

あ、嘘です。ここのところ、ではなくて5年ぐらい前にはもう生えてたんですが、最近またあごひげ増えたー!やべー!イライラしてんなー自分、と思う瞬間がありました。

そんな、イライラしやすいわたしがいちばんイライラするのはどんなときか?紙にいたずら書きしながらビール片手に考えていました。(月曜の昼間なのにビール)

そしてさっき、共通のキーワード群があることに気づきました。

「あのひとはうちらと違ってへいったひとだから。昇格試験受かったんだって」
「誰其さんは負け組だから……あんま関わっても得する事ないよ」
「意識高いですね。僕らのチームとは大違いですよ」

というキーワードに対してイラッとする自分。

これはなぜか?と。

日常生活の中で自動思考的に流れることは

「上ってことはなに?私たちは下で○○さんはさらに下っていいたいわけ?アンタすごく良い仕事してるのになんで自分のこと卑下しとんじゃボケがー!」
「勝ち組負け組?はー?なんだそれ小学校の運動会かよ!死ぬ瞬間まで人生のことはだれにもわからなんじゃドアホがー!」
「意識が高い?低い?そんなもん人によってたまたま調子がいい時と悪い時があるとか直面している状況が違うだけで人生の課題も人それぞれだろがー!」


みたいなことです。

でも、こういうことを心のなかで思いながら、それに対する反論も自分の中から湧いてきます。

・組織を運営する上では縦割りの上下関係を作ることで責任の所在をはっきりさせることも必要であること。そして、昇進試験などに受かるために努力したひとのことを率直に褒め、応援すること自体は良いことだということ。
・勝ち、負け、という字面の印象で表面的に捉えるのではなくもっと違った視点で見てみると場合によってはその表現以外にぴったり来る言葉が無いのではないかということ。しかも発言者はこちらに気を利かせついでに言い添えてくれているだけで悪意はないこと。
・高い低い、という言い方も同様。単に褒め言葉で使っているだけである場合もあるし、それによって意識向上のきっかけになるひとだって居るかもしれないじゃない。そもそも褒めてくださってるのになんで怒るのだよ変だよ。


「だから、そんなにイライラピリピリしなくてもいいじゃない。イライラしてると老化が早まるわよ♡」

……と、退勤後、帰宅しながら頭のなかでひとり会議が進行していることがあります。

それはいいとして、

ここで思ったのは、ではなぜ、わたしはこのような優劣を表現するような言い回しに対して過剰に反応するのか、ということです。

これについては先日お会いしたTwitterの方ともずーーーっとこの話ばっかりしていました。おそらくわたしの性格的なものもあるだろうと。

「他人の生活にあーだこーだと口出しする必要なくね?なんでいちいち比べるん?」

と思ってしまうのです。





実際、みなさんそれそれ違う魅力がありますし、役割も違います。年齢なんて、もっと違います。

それを、どこから持ってきたんだかよくわからん定規で測られて上だとか下だとか高いとか低いとか感想を述べられた、と感じるとムカつくんだと思います。

いま「ムカつく」と書きましたが、この気持ちの湧いてくる理由はなぜかと深く問いかけていくと、わたしには

ひとりひとりが自分の持ち味を好きな方法で好きなように活かせる、そんな世界で生きていきたい、

という気持があるのだなということが分かります。


だからこそ、会社の重役とそうじのおじさんに露骨に態度を変えるひとを見た時ものっすごいムカツキます。お前はサル山の猿か!なんだその揉み手は?!昭和の漫画かよ!と叫びたくなります。

女性陣に対しては、既婚だ未婚だ、子供がいるか居ないか、孫がウンタラカンタラ、夫の職場が云々の会話で上だ下だみたいになると馬鹿かおめーはくだらねーこと言ってんな!って叫びたくなります。

だからと言って人間はみんな平等なのよ、とか思っているわけではないです。ひと一人の人生にはものすごいドラマがある、とわたしは思っているので、上だー下だーと服や立場や年齢みたいなことでグダグダ言ってる場面に耐えられないのかもしれません。

今書いたようなことを顔に出したり言葉にしたことはありませんが、うすうすバレてたりして。

いい年してなに青臭いこと言ってんだ、って思われそうですが、そういう場面に遭遇することが増えたので、これはネタになる!いつか書く価値がある、と思って頭の片隅にメモしつつ、自分の中に流れる自動思考の観察もしています。しかし、これってある程度たまると吐き出したくなりますね。いつか、小説の形でおもいっきりデフォルメして書いてやるー!なんて思ったりもしました。

逆に言うと、これまでの人生は頭のなかお花畑だったなぁーアハハってかんじです。

このことについてはまた時間を経るうちに自分の考えも、視点も広がってくると思いますので、考えが変わるかもしれません。

ひとつ、確実に言えることは、このようなことも含めて、ぜんぶ勉強になってます!ということです。


SF176_L.jpg
バタバタしてるうちに秋終わっちゃったよ
関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/797-8cdce530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム