09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

出来なかったことが出来るようになる喜び ― 暗算の達人

人生に役立つかもしれない「真ん中らへん」の考え方 - なんかのたまご 2013/11/19 Tue. 12:52 に書いたとおり、さっそくやってみました!暗算、計算。

先日ポチりましたと書いた2冊のうち、最初に手に取ったのは『計算力を強くする―状況判断力と決断力を磨くために』のほう。

計算力を強くする―状況判断力と決断力を磨くために (ブルーバックス)
by カエレバ


この本のまえがきには、暗算・計算力というのは、スポーツにおける「走ること」のようなもので、どんなに他の技能が優れていても走ることが苦手な選手は相当なハンディキャップを負う。それと同じく、計算力がないだけのことで数学が苦手だと思い込んだり自分には○○は向いていないと諦めてしまう大人が多いと書かれています。

まったくその通りだと思ってさっそく取り組んでみました。

が!しかし!

いきなり

14×45=?(制限時間3秒)
48×15=?(制限時間5秒)
39×41=?(制限時間5秒)

みたいな問題が並んでいて全問不正解。はははははは!!って笑ってしまいました。


2013-11-19 19.14.28
問題を見た瞬間「これ、計算機使わないと無理じゃね?」と思いました


でも、いざ、最初のテクニックを読んで次の問題に取り組んでみると、なんと出来ました。計算機を使わずに二桁のかけ算。

これは手品の種に似ています。

上の3問のうち、一番上の解き方はこうです。

14×45=(2×7)×45
     =7×90
     =630

というのを頭のなかでやります。

つまり、2で割れる二桁と5で割れる二桁のかけ算だったらこのように分解して頭のなかでパッとやってしまえばいいですよ、というテクニックを教えてくれます。これには感動しました。

面白くなったので今年いっぱいはこれに取り組んでいこうと思います。


2013-11-21 07.55.04
目次はこんな感じで、実践的なテクニック集なムダのない作り




もう一冊の、『暗算の達人』は、非常に評判の良い本で、計算力を鍛えることをビジネスに活かすみたいな発想よりもむしろ「数学マジック」の種明かしを読んで、自分も身につけて、楽しみましょう、という雰囲気の本です。まえがきに何度も「楽しむ」という言葉が出てきた気がします。


暗算の達人
by カエレバ


ジェームズ・ランディによるまえがきに、「私は子供の頃、数を25倍するには0をふたつ書き加えてそれを4で割ればいい、と教わったときの嬉しさをいまでも忘れません」とあります。まさにこの気持ち。わたしが19日の夕方、Amazonからの便を受け取って、一時間ほど紙とペンを持って二桁のかけ算を生まれて初めて正解した時、同じように感動しました。

この「出来なかったことが出来るようになる喜び」というのは、何歳になっても変わりませんね。実を言うと最初の一冊では、まるでファミコン時代のマリオの裏ワザを初めて知った小学生のように

「おおおー!!!すげーーー!!!」

と大興奮していたのですが、2冊めのまえがきは、科学者の書いた本であり、それほど情緒に訴えるような文体でないのにも関わらず、

「楽しみましょう」「声を出さずに大声で考えるのです」「宇宙が数でできているなら、本書を通して宇宙の神秘に触れるのです」

という部分や、花を上から見た時の螺旋はフィボナッチ数列というもので表せること、貝殻の曲線は対数螺旋と呼ばれる数学的曲線であること、宇宙に散在する星団の動きも数式で洗わせること……など、ドキドキワクワクするような導入部分で感極まってちょっと涙が出ました。(本当のことを言うと、声を出して泣きました。訳の分からない感情がワーッと湧き上がって、嬉しくてたまらなかったです)

もともとこんなことが大好きで、天球儀や昆虫の本や顕微鏡を大切にしていた子供時代にもどったような気持ちで、からだじゅうが震えるようなワクワクです。

この喜びに勝るものなし!!と思いました。


2013-11-20 12.10.05
文句なしに良書です


とは言え、まだ最初のほうをざっと読んだだけであり、相変わらずかけ算九九をところどころ間違えて覚えている為、単純な計算ミスがすっごく多いです。

だけど、興味を持つこと、楽しむこと、というのがどれほど大切なことかを思い出しました。

苦手克服!と眉間にシワを寄せて苦しみながらやるのではなくて、なんだこれすげえええええーーーーー!!!!とお調子者の小学生男子になったような気持ちで引き続き読んでみます。

さて、今日は人前で喋る本番です!!

大勢のひとのまえで喋るのは、2012年の4月、7つの習慣大賞のとき以来です。

しかもわたしスーツ持ってないもんだから、また適当な格好で間に合わせようとしていたら今回はきちんとしたジャケットとシャツを貸していただくことが出来ました。スーツぐらい買えよってかんじですね。ウエストあと10センチ絞ってから買います。

とにかく、きょうは一日、楽しんできます!
関連記事
日記の関連記事

category: 日記

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/795-d79aa020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。