09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

人生に役立つかもしれない「真ん中らへん」の考え方

先日、複数のひとから「筆算ってあるじゃん?」「なんで他のことができるのに8たす6みたいな一桁の計算が出来ないの?」と言われて「それっていつ頃習ったんだっけ」と聞いたら小学校低学年で習うそうです。

その当時、というか、小学校六年間を通してわたしは一度も宿題を提出したことがなく、おまけによーーーーく思い出してみると小学校の前半は3番目の妹が亡くなったあとで、家庭環境にもいろいろありまして、わたし自身もその当時の記憶がありません。そりゃー「ひっさんってなんだっけ?」となってしまっても仕方ないわなーと思いました。

まあその当時どうだったか、というのは置いといて、いまからやりゃーいいじゃんという結論に至ったのでやります。


2013-11-19 11.42.48
「おお!こんなのありますよねー!いつ習うんでしたっけ?どこに何を書けばこうなるんですか?!」と大騒ぎするわたし


ところで、ジェロルド・J. クライスマン著『境界性人格障害(BPD)のすべて』という本に、こんな部分があります。

第五章「理解と治療」というところですが、境界性人格障害の傾向のある人全てに言えることは、極端から極端へ揺れ動く思考や行動のパターンを、小さなことから少しずつ修正(行動に寄る修正)していくのが効果的な治療であり、安定したアイデンティティを確立するまでの道のりは、誰かに寄りかからずとも一人で立っていられるようになること、寄生ではなく共生の関係を築くことがひとつの到達点であるというようなことが書かれています。

具体的に言うと、自分をないがしろにしてまで他者への気遣いに専心する、というような行動をとっているとき、もしかしたらその人は自分のことを価値のある人間だと感じるために必要以上に頑張っているのかもしれません。

これは、見方を変えれば「愛他的な利己主義」だとこの著者は言っていますが、自分自身の心理を振り返るとまったくそのとおりだと思います。


2013-11-19 11.43.07
だいたい真ん中の円に近いところに持ってくる


「思いやりをこえた犠牲的精神」と「まったくの無関心」のどちらにかたよることもなく、できるだけ真ん中らへんに。
「過剰な罪悪感・自己否定」と「他人への非難・自己への過大評価」の両極端を行き来するのではなく、できるだけ真ん中らへんに。

このトレーニングを積み重ねていくうちに自分にとって大切なことを優先した上で他者の力になることもできる「利己的な愛他主義」といえる姿勢を自分のものにすることができるのだと。


この本の中に、不安定なバックハンドを改善しようとするテニスプレイヤーの喩えが出てきます。最初は新しいスタイルは馴染みのない打ち方だからこれまで通りのバックハンドの打ち方をしたい誘惑に駆られる。しかしそこをぐっと我慢して正しいバックハンドを練習し続けるうちに正しいフォームが身についてくると。

これは心理的な変化にも置き換えることができるとのことです。

たとえば頼まれごとに対してなかなか「ノー」と言えない、というひとは多いと聞きますが「ノー」と言えない癖を辛抱強く行動修正することはまさにバックハンドの打ち方を正しいフォームに直すためのトレーニングと同じようなことであって、最初は困難を感じたとしても積み重ねによって改善可能だということなのでしょう。


2013-11-19 12.23.14
「つまり、こうだろ?」 by セロ弾きのゴーシュ


この、いろんなことを真ん中近くに持ってくる、というのはワタナベ薫著『美人になる方法』に「美人は案外ハードルが低い。外見、内面、バランス良くトータル平均50点を目指せば十分です」という趣旨の章があり、生きている上で避けて通れないさまざまな困難にどう対処していくかというヒントなどもたくさん詰まっています。再読しつつ行動を積み重ねていくうちにまた理解が深まり新しい発見があるのかもしれません。

で!話を戻して自分の全生活を振り返るととりあえず筆算や暗算について取り組むのはいまのわたしにはタイムリーなんじゃないかと。

だいたい50点なら、ボコっと凹んでいる「算数が苦手」という箇所を平らにするってイメージで、必死に頑張らなくてもなんとかなりそうな気がするんですよね。それと、本のレビュー読んでいたらやる気が出ました。Amazonは今朝頼んだから夕方には届くでしょう。早速今夜から取り組んでみます。wktkしながら!!


計算力を強くする―状況判断力と決断力を磨くために (ブルーバックス)
by カエレバ


暗算の達人
by カエレバ
関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

thread: 人生を豊かに生きる  janre: 心と身体

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/794-aa30c93f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。