07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

夢 ―― もうひとつの現実

声、相変わらず出ません。そして、あまり調子もよくありません。

というわけでー、美皇潤が届いたレビューとかしたかったんですけど、普通の体調に戻るまではもったいないので手を付けていません。

それよりも、夢をたくさんみています。眠っているときの夢です。

夢日記を書いているメモの数が148ファイル。

これって、そのまんまPCに送ると .vnt という見慣れない拡張子がついたファイルになっていて、調べてみたらそのままテキストエディタで開いたりできないっぽくて面倒な感じになってしまいました。


SC20130817-133508.png



とは言え、この夢日記って今年の2月ぐらいまでのぶんは、スマホごと便器に流してしまって特に困ってません。夢日記なんだから無くなったって困るわけがない。

ただ、夢をみることそのものが楽しみであり、記録することで何かひらめく瞬間がごくまれにあったり、とにかく面白いのです。

そうそう、文学作品などにも夢の内容を扱ったものが多いですよね。漱石とか、安部公房とか。(他には……よくしらない!w)

わたしは少女時代、SF大好きっ子だったので、筒井康隆に影響を受けて夢日記をつける習慣がありました。高校生の頃に、同じように夢日記をつけていた時期がありましたが、あの頃もこんな風に起きると同時にメモって思い出しているうちにあっという間に時間が経って遅刻しそうになって……という生活をしていました。とても懐かしいです。

星新一が創作メモからどうやって作品を作っていたのかの過程を延々紹介した本(タイトル失念)と、筒井康隆の『着想の技術』という本の、夢内容を扱った章が好きなんですが、もう一度そういうの、ゆっくり読む時間を作りたいですねぇ。


2013-08-17 13.24.02


というか、いまがまさに「そういうの、ゆっくり読む時間」なんじゃないの?という気がしてきました。だって、思いがけない休暇なんですもの!

そうだよそうだよ!!

というわけで、今日は煩いごとなど全て頭から追い出して、涼しい部屋で本読んで過ごしてみます。

関連記事
筒井康隆の関連記事

category: 筒井康隆

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/745-1ea8b1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。