09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

豊かさのサーモスタット

っていうことばを唐突に思い出しました。

サーモスタットとは室温などを一定に保ち、調整するための装置の総称ですよね。オーブントースターの安全装置だとか、エアコンの温度設定みたいな。

ここで言う豊かさのサーモスタット、というのは自分の場合の豊かさのサーモスタットの数値はどのへんでしょう、みたいな話です。

一個前の記事に書いたとおり、わたしは浅倉美弥さんのコーチングを受けはじめたのですが、そのきっかけはなんだったのかというと、「自分の生活の質が低下したー!」ということを実感してどうにかしたいという気持ちが強かったからです。

しかーし、よーーーーくかんがえてみると「コーチング申し込もう!」と思ったそもそもの最初の動機である「生活の質が低下した」という気持ち、これ自体を冷静に考え直すとそれほどでもなかったのですよ。

それほどでもなかった、というのはなにと比べてそれほど悪くもないのかといえば、30代中盤までの自分。つまりいまが人生で一番、安定していて幸せ。


2013-07-04 11.37.48
ベゴニアも元気だし


それについて湯船で思いを巡らせていた時、タイトルの「豊かさのサーモスタット」という言葉を思い出しました。これは、たしかNLP(神経言語プログラミング)の、ポール・マッケンナの催眠音声の途中に出てきたんだと思います。(この音声はお金に関する内容なので、お金に対する意識のサーモスタットという意味です)

「さあ、あなたの心のなかのコントロールルームへ行って、豊かさのサーモスタットを探しましょう。その目盛りを、いまの2倍のところまであげてください。そして、今度はこれ以上は上げられない、というところまで上げてみましょう……」

というセリフのあと

「それでは、ご自身が違和感を覚えない程度までサーモスタットの目盛りを戻しましょう。ただし、最初に設定した数字よりも多いところで止めてください」 (日本語版音声の声は先日書いたとおり、銀魂の土方十四郎の声です。やはりときどき真選組の制服姿の土方の顔がふっと浮かびます)

みたいな部分があるのです。

この音声をはじめて聴いたときのわたしのサーモスタットの目盛りはなんと、一万円! 

空想の中で、サーモスタットの数字を限界まで上げまくっても、わたしなかの目盛りは30万円まで上げると「あーもうむりむり、そんなお金どこから手に入るのよ」という気持ちが沸き起こるので、最終的には3万円ぐらいに目盛りを戻して催眠の続きを聴いていた記憶があります。

そんなことをしていた時期、体重も、顔面のたるみも、部屋の散らかり具合も、起きる時間を含めた生活習慣も、対人関係も、ぜーんぶいまよりも基準が低いところにありました。

だから「わたしにはこれぐらいがお似合い。周りの人々と同じようになろうだなんて、思いあがりもいいところだわ」と、かなり低いところでとどまっていましたし、自分の身体を手入れして労ることに対しても無関心でありました。

でも、いまはちょっと質が落ちると「こんなのわたしらしくない!!」っていう気持ちによってさっさと元に戻そうと行動しはじめる癖がついています。(*)


2013-07-04 21.36.17
聞き流し&書き出しのダブル効果


わたし自身のお金&生活全般の豊かさのサーモスタットの目盛りがじわじわと上がったのは、昨年まるまる一年、美人のライフクオリティ向上プログラムに取り組んだことが大きいのだと思います。文字通り「生活の質が向上」するプログラムです。

じわじわと上がるので、自分では上がったことに気づいていないけど、やっぱり上がっているんです。

ただ、昨晩コーチングセッション前日であるというのに感謝ノートも書く気持ちにならず、大酒を飲んで感情的になる自分に任せて過ごした、というのは、もしかするとちょいとばかりしんどさをかんじているのかなという気もします。

心から楽しんで、大好きなことに没頭する

ダイエット、自己啓発、なにかの勉強 / トレーニング……どんな分野のことにせよ、この心持ちで取り組んでいたとき、他人からは「努力してるねー」と言われても主観的にはむしろノー努力。めっちゃ楽しい。楽しすぎてハマったわこれ。って思っていたことを思い出しました。

だからこそ、コーチングの最初の三ヶ月間、ほんとうに自分が好きなこと楽しいことについて、動いてみようと思います。

それに付随する細かな問題や障害のように感じている事柄は、わたしがそう思いこんでいるだけ、ということもわかっています。

だって30キロ痩せるのそんなに難しくなかったし!!今の仕事覚えるの無理とか思ってたけど全然ヨユーだし!!しかも今のほうが一年前より見た目若いし!!お札持っても怖くないし!!(自画自賛してやったぜダッハッハ)


2013-06-28 12.35.48
ごはん我慢しなくても痩せた状態維持してるし!!


というわけで、ワタナベ薫さんの音声プログラムと平行して、浅倉美弥さんのコーチングについても時々経過を書くかもしれません。カテゴリは「浅倉美弥のナルシストコーチング」という新カテゴリを作りました。

ヨロピクヨロピクー♪




(*)これについては、マリエさんのお金に関する記事のシリーズを読み返して再び納得しました。マリエさんはもともと裕福な育ちであったため、豊かさのサーモスタットの目盛りが高いところに設定されていたのではないかと。

ワタシとお金の付き合い方::その1だもんね・・(参考にならない話)|愛しの女神たちへ
ワタシとお金の付き合い方::その2 参考になるかしら? 笑|愛しの女神たちへ
追記1:ワタシとお金の付き合い方::最終章 学べるところがあれば持ち帰ってください^^|愛しの女神たちへ
ワタシとお金の付き合い方 :: 最終章:そして現在の経済状況|愛しの女神たちへ

マリエさんのこのシリーズ、素晴らしいと思いました。

なんども読み返してみるつもりです。

関連記事
浅倉美弥のナルシストコーチングの関連記事

category: 浅倉美弥のナルシストコーチング

thread: 人生を豊かに生きる  janre: 心と身体

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/709-326675da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。