09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

夫をコントロールすることはできない、しない

しないぞ、と。

改めて思いました。

夫の健康について、心配、不安などが増大して夜中にTwitterに長々と不満めいたことを書きましたが、やはり注力すべきは自分自身の健康。自分を満たすこと。

視点を大きく、高くしてみると、たとえ夫が糖尿病を放置して早い段階で合併症が出たり短い寿命で生涯を終えたとしても、それによってわたしが被害を被るみたいな考え方はやめようと思い直しました。













彼がわたしの生んだ子供、だとしたら話は別ですがそうではないのでした。どんなに長年一緒にいても別の人間。

わたし自身が歯科検診に行き、人間ドックに行き、精神的に安定し、仕事も着実に積み重ねて……ってやっていくしかない。というか、それが最善の行動なのだと思います。

他人の心配する前にてめーの心配してろやボケー!

という、自分自身に対して書いた言葉を思い出しました。

そして、こんなふうに彼を心配してやきもきしたり怒りを感じたりもどかしく思ったりするのは、煎じ詰めれば夫に早死してほしくないから=大切だから、ということなのでしょうね。(ぶっちゃけ一緒にいて一番楽しいのは夫です)

怒りやイライラの感情の奥底にあるものに目を凝らしてみると、じつはそこには誰かを大切に思う気持ちだとか善意だとか、いろんな動機が隠れているものなのだろうと、ふと音声のどこかの部分に絡めてを思い出しました。


2012-05-04 17.24.52


だから、まずは自分。

そして今回のグレートヒューマニティーに出てきた「器の大きさ」ということについて、今こそ詳細にノートに書いてみる時なのかもしれない、と、気持ちが切り替わってこの記事を書いています。

思っていることを書くというのはとてもいい事ですね。

心配事や最悪の事態ばかり想像するのではなく、できるかもしれない、良くなるかもしれない、という方向に目を向けつつ、またひとつ落ち着いた自分になれるように訓練してみます。

「あなたのために○○してあげたのに……(ジトー)」って恩着せがましく湿っぽい女になるのはまっぴらごめんです。

ストップ他責!!

だから、心配不安事のことはちょっと脇へ置いておいて、お部屋の片付けのような小さなことから手をつけてみます。



関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

thread: 健康で元気に暮らすために  janre: 心と身体

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/661-ae8bdeb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。