05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

たーのしみだーたのしみだー!

さっき目が覚めて、昨日母と電話で30分ぐらい話したときのことを思い出し、ああ、良かったなぁわたしお母さん大好き。という気持ちになったあと、先日印象に残った夢のことを思い出しました。

ながーいストーリーの途中に、自分の周りにもともといた人々全部素晴らしかったみたいなことを思い直すシーンがあるのです。


SC20130502-060946.png
夢のなかで髪を切ってもらいました


いまでこそ、そう思う自分に違和感を持たないし、誰かが家族の話を嬉しそうにしていれば「わぁ、そうなんだ~」と、普通に聴くようになったのですが、よく考えたらたった一年半?一年?ぐらい前までは自分はそんなことおもったことなかったです。

「まともな両親に育てられた人はいいよね」「ちゃんとした男のひとと結婚したひとはいいよね」という妬みの気持ちがものすごく根深かったです。

また、「兄弟とか一生会わないから関係無いわ」「全員わたしの人生からいなくなればいいのに」「義母と同居?!はー?そんなことになったらおもいっきり派手な方法で自殺して迷惑かけてやる」「旦那にご飯食わせてるのだって早く死んでほしいからカロリー高いのわざと作ってんだよなにが『ごはんよ』だ!バーカバーカ」

数年前まではこんな感じでした。攻撃的&自滅型思考パターンというか。

(*もちろん24時間ずーっとこういうことを思っているというわけではなかったです。が、キャパを越える問題に直面したり、感情が不安定になる出来事に遭遇した時にこういう思考の方にガーッと揺れて、衝動的にやけくそな行動を取ったり自分を傷つける、ということです。病気といえば病気ですが、気質とそれまでの生き方によって作られたわたしの人格の傾向なのだと思います。精神医学的に診断をつけるならば人格障害というカテゴリに入ります)


2013-05-02 06.01.17
昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社プラスアルファ文庫)


こういう考え方の癖と、自傷行為をしてしまう癖を抱えたまま生きているのはとってもしんどかったです。腹いせ的な言葉を発し、怒りを表したときは一瞬スッキリするかもしれないけど、その後は自己嫌悪だとか憎悪が自分の中で膨れ上がってまあ気分良くないですね。

そして、目が覚めた瞬間パジャマがびしょびしょに血塗れであーあ、もうなにやってんだよー自分、とペリペリはがしながら洗濯&病院に行くべき深さかどうか考えて……ってやってると、就職どころか日常生活もままならない感じでもう嫌気が差していました。

でもいまはそんな自分を忘れたわけではないけれど、夫や両親、義父母、妹たち、弟&義妹、甥っ子姪っ子、全員が好きで、自分でも信じられない心境の変化です。

昨年河合隼雄の本を流し読みではなくじっくり音読したことも、良かったのではないかと思います。

認知療法の本(いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法)に出てくる3カラム法も良かったです。

なにに取り組むにせよ、感情に任せて行動に移しちゃうのではなく、実際に紙とペンを持って何かを書く、自分から湧いてきた思考を書き留める、っていうのは素敵なことになるねぇ~と思っています。


というわけで、注文しちゃいましたー!yPad3!!


yPad3


モレスキンとかいろいろ迷いましたが、Twitterでずーっと見ていた素敵な女性が使っているのを見て、これにしよう!と決めました。

たーのしみだーたのしみだー!

関連記事
日記の関連記事

category: 日記

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/657-93151677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム