07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

よんじゅううっさいの春だから~

一年待てませんでした。

若い方はご存じないかもしれませんが、むかし、天才バカボンというアニメのエンディングにこういう歌詞があったのです。「41歳の春だから~♪」というのが。


元祖天才バカボンの春

「元祖天才バカボン」

昭和50年10月6日
赤塚不二雄 作詞
渡辺岳夫 作曲
こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会 唄

枯葉散る白いテラスの午後三時
じっとみつめて 欲しいのよ
特別の愛で ふるえて欲しいの
四十一才の春だから
元祖天才バカボンのパパだから
冷たい目で見ないで

粉雪舞う青い窓辺の午後三時
じっとたえて 欲しいのよ
特別の愛で 燃えて欲しいの
四十一才の春だから
元祖天才バカボンのパパだから
冷たい涙流さないで





きょうはお花見に行って思うさま飲んだくれてきましたが、わたしは40歳の誕生日を前にして、やっと自覚的に誕生日を迎えられる!!と感動しています。

なぜなら、20歳の誕生日と、30歳の誕生日をどう過ごしていたのか、まったく覚えていないからです。特に、成人式前後何をしていたのかも不明ですし、誕生日当日も何をしていたのか、いまとなっては確かめようがありません。

それ以降はなんとなーくふわっとした感じで誕生日おめでとう!という雰囲気でありがとう!ありがとう!って過ごしてきたおぼえがあるのですが、やっぱり、代が変わる誕生日というのは実感したいじゃないですか。

で、きょうお花見に行った時に思いました。


2013-03-26 14.01.27
いやぁ、寒かった!!そして楽しかった!!


あと一年後、41歳になったときは派手になにかをして、おもいっきり「41歳の春だから~♪」と歌ってやるぞ、と。

でも、さっき急に待てない!という気持ちになりましたので、Youtubeで検索してみたら思っていたより静かな、哀愁ただよう感じの歌でした。でもこれ、わたしが子供の頃は夕方ぐらいにテレビから流れてきていて、ごく普通に慣れ親しんでいたようなおぼえがあります。

懐古趣味的な気持ちになっているだけかもしれませんが、こういう歌いいなぁと今は思います。


ところでそれとは別に、最近山本まさゆきの歌が脳内再生され続けてちょっと困っています。Twitterに毎朝のように書いているのですが、起きた瞬間からいきなりゼンダマンの歌などが脳内再生されるのです。これは、面白いようだけど、あんまり長く続くと困ります。

逆療法、などと言いながらタイムボカン名曲の夕べというCDを聴いたりしましたが、だめです。

聴いても聴かなくても、他の曲を聴いても、無音で過ごしても、ワタナベさんの音声プログラムだけを聴いても、とにかわたしの頭のなかはタイムボカンのままです。

特に生活に支障はないのでしばらくこのまま自分を観察してみます。


2013-03-26 21.45.03
ゼンダマン~(けん玉コルト!) ゼンダマン~(ピカリング!)



関連記事
日記の関連記事

category: 日記

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/618-5a503e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。