09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

美人になる方法とは2

朝思い浮かんだままに書いた後、シャワーを浴びていたらまたひとつ思いました。

美人になる方法とは「自分になる方法」でもあるのかもしれないな、とも思いました。

「自己啓発」という言葉は、言葉そのものに手垢がついてしまっただけでなく、わたしの若い頃からそうでしたが「自己啓発セミナー」というものがあり、そのようなセミナーでは何泊だとかの合宿でグループになってなにか話をし合うみたいなことをして、その合宿の間に一気に気分が盛り上がって涙を流し合って……みたいなことがあったあと「次は誰かを誘ってまたセミナーに参加しよう!」みたいな半強制みたいなノルマを課されてしかも合宿に何十万もかかりますよ、みたいな話を聞いたことがあります。

つまりマイナスイメージをもたれることもある、ということです。これは日本人の多くが伝統的な宗教以外の宗教団体を警戒する感覚に似ているかもしれません。もっと言えば数年単位で流行して廃れていくナントカ科学だとか占いとかパワーストーンみたいな情報を斜に構えて見る、あるいは最初からシャットアウトするのが習い性になっている感覚の方も多いと思います。(わたし自身がそうです)

先日ワタナベ薫さんがFacebookの投稿で「隠れキリシタンならぬ隠れ自己啓発」みたいな言い方をなさっていましたが、そういう、うさんくさそうって警戒されたらどうしようだとか、自分が取り組むのは後ろめたいような恥ずかしいような気持ちがないまぜになってあんまり堂々と言いたくないっていうのはあると思います

わたしも実は今でもあるんです。

これだけ長々とブログに経過を書き連ねてきてさえ、いまだにそういうのは恥ずかしいし、宗教っぽく思われたらどうしようだとか「これいいよ」って勧められない気持ちが残っています。

それは、わたし個人が幼い頃から新興宗教の団体の中で育った関係で、友人が去っていったり地域の活動に出られず世間の常識みたいなものがわからなくて苦労したという苦い経験も影響しているのかもしれませんが、そうでなくても多かれ少なかれそういう気持ちって誰にでもあると思います。

だからこそ、いまになって思うのですが、一年間美人のライフクオリティ向上プログラムに取り組んで、さらに、これからグレートヒューマニティーに取り組み始めるぞ、という段階で、自分がどうなっているかと考えてみると、変わらない部分は変わっていないのですね。


2013-03-06 01.10.30
「おまえ漫画に出てきそうだよな」って今でも言われます


音声プログラムに取り組んだから、「美人になる方法」という本を買ったから、読んだから、音読して自分用にShuffleに入れているから(笑)と言って、美人じゃなきゃダメって思うようになったとか、内面を磨かなきゃ!って焦るだとか、まして他人に自己啓発とかコーチングとかいいみたいだよ!と、暑苦しく勧めるということもなく、むしろ自分らしさが濃くなったという感じがします。

でも、それでいてなにも言っていないのに、別の経路から似たような考えに至ったひとびととの出会いが幾つかありました。その方々は美人になる方法のブログや音声プログラムとはかすりもしない方向にいる方でした。これはとても不思議です。

だからなに、という結論はないのですが、とにかく不思議なもんだなぁという感想です。

関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

thread: 人生を豊かに生きる  janre: 心と身体

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/608-28147ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。