05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

タロウの音質、侮れない!

さっき、ダウンロードページから直にクリック(右クリックでダウンロードではなくそのままブラウザ上で再生)して通常速度のものを聴いてみました。

今日はバイノーラル録音の移動もくすぐったい感じがあまりないので、ギャハハ笑いみたいなことにはなっていないのですが、それでもやっぱり臨場感がすごくてびっくりしました。


2013-03-06 23.13.39
あんまり使ってなかったけどみなおしたよパイオニア


Shuffleに入れて外を歩いているときはあまり密着度のないイヤホンで外を歩いたりしていることもあって本当に聞き流しなのですが、家の中でPC前に座ってちゃんとしたヘッドホンしていると、録音しているときに右後ろや真後ろでカタっとなにかが鳴っている音まで全部拾ってるんだとわかりました。タロウ、すごい。

音質って、いままであまり意識したことがないのですが、これは面白いですねぇ。

まだはじまったばかりの2013年プログラム。一年間じっくり取り組むものと思っていても、最近やたらと楽しくて新鮮でドンドコ紙に書いたりしています。わたしは医師からあなたの場合はバイノーラル音源はあまりおすすめできないと言われましたが、バイノーラル録音ならオッケーなので、PC前に座っている時はこのヘッドホンを使って臨場感を味わってみたいとおもいます。

あと、pdf全然見てない……ハハハ

昨年取り組んでみてわかりましたが、わたしはどうやら聴覚優位のようです。

視覚はあまり鍛えて来なかったので、映像記憶や頭のなかで映像を再現する能力が低かったですが、そっちはそっちで少しずつ上がってきています。


2013-02-28 21.16.02
これを、目を閉じて脳内で再現にトライ!


音声は、時間を置いて聴くと「あんなに何回も聞いたのに!」って自分でもびっくりするような部分を聞き逃していたりします。

たとえば今回は陰徳・陽徳のお話だったので最初は「見ていても、見ていなくても」の、見ていなくてもばっかりに意識が向いていて、個室だろうが一人だろうが誰に感謝されようがされまいがただの習慣になるまでずーっと続けよう、と思ったのですが、次の日に一日歩きまわっていたら今度は見ていてもというところに自分が思わぬひっかかりを持っていた(見ていても、見ていなくても、ということは - なんかのたまご)ことに気づいたりして、とても面白いです。

音声プログラムは最後の課題もそうですが、途中の話の内容も知らず知らずのうちに自問のきっかけになっていて、「答えを先生に教えてもらう」「教科書に書いてあることを覚える」というようなものとは全然違いますね。まさに、答えは自分の中にあるっていうのがわかってきました。

きっとこれは、人と違うことを気にしなくなるということにも関わってくるのだと思います。

今年に入って、同じように音声プログラムに申し込んだという方々からコメントをいただきました。すごく嬉しかったです。ありがとうございます。

自己基盤を整える一年、は、ひたすら自分一人で格闘しているような気持ちでしたが、もしかしたら、今年はちょっと違った一年になるかもしれません。楽しみです。

関連記事
2013年 グレートヒューマニティ・偉大なる人間性の関連記事

category: 2013年 グレートヒューマニティ・偉大なる人間性

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/594-f151aad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム