03// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //05

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

おかあさん

7月、WJプロダクツ、ワタナベ薫さんのセミナーに参加しました。(インドで有意義に!!『WJプロダクツセミナー2012年セルフコアステートメント』 - なんかのたまご


2012-12-25 09.27.09
こんな雰囲気


たくさんの書き出しワークのなかに、『もし、あなたが突然交通事故などで死んでしまったとして、葬儀に参列している人の中から誰か一人に手紙を送ると仮定して書いてください』みたいなお題がありました。

7つの習慣にも『自分の弔辞を書いてみよう』というワークが出てきます。以前、誰かがわたしの葬儀で読む弔辞を真剣に書いたこともありました。

でも、死んじゃった自分の側からメッセージを送れると仮定したら?誰になんというメッセージを送るか?ということは思いつきもしませんでした。

セミナーですから当然他の参加者の方もいらっしゃるし時間も決まっているわけなので、自宅で取り組んでいるときのように腕組みして長考、なーんて余裕はなかったわけです。

そこで、瞬間的に浮かんだ顔は、母でした。

「おかあさん、わたし死んじゃったけど、そんなに悲しまないで。いっぱい困らせてごめんね。ありがとう。いま、おじいちゃんも一緒にいて、一緒にカラオケ歌いまくってるよ!超楽しいよ!パラダイスやでー!んじゃ、また来世でヨロシク!イェイイェーイ!」

みたいな手紙を書きました。


2012-12-25 09.30.01
字が汚いにもほどがある


この書いた文を後ろの席の方と互いに声に出して読み合う、というところでうわああああああああああ!!!はっずかしいいいいいいいいい!!!と内心思いましたが、目の前に座っていらっしゃる方を母だと思ってその手紙を読んだら自分のほんとうの気持ちに気づきはじめました。

当日はそうでもありませんでしたが、セミナーが終わってから半年経ったいま、時間をかけてゆっくりと、自分の本当の本当の本音が表面に浮かび上がってきたような感じがします。

実の父母に対して複雑な思いを抱いている方は多いかと思いますが、わたしもそうです。

でも、自分の葬儀を眺めているという仮定の想像の中でわたしは、まっさきに「おかあさん!」と思ってしまって、そういう手紙を書きました。(これは本当に意外でした。夏ごろのわたしは「だれか大切なひと」と、自問しているときまっさきに意識にのぼってくるのがまさか母だとは思っていなかったのです)

イエーイとか書いたのはちょっと照れ隠しもあったのでしょうが、わたしの場合はほんとに死んでもイエーイ!!フゥーフゥー!!とか言ってそうな気がするのでそれで良かったのでしょう。


IMG_1550.jpg
美人じゃんヒューヒュー!


なかなか実家に帰る機会がないので、父母と頻繁に会うことはできませんが、そのかわり、義父母が居てくれます。義父は高齢ですので、こちらがお手伝いに伺う、ということもあるのですが、ただわたしが顔を見せただけで喜んでくれる、一緒に食事ができた回数を数えては、あと何回一緒に食事できるかななどと言ったりする、そういうひとつひとつにわたしの心がどんどん平穏になっていきました。

お酒をがぶ飲みして泣きながら電話したとき、義母が電車ですっ飛んできて遠慮もなにもなく「ダメ!なにやってんのアンタ!!!」と叱ってくれたことも、細々したことに心を砕いてくれていることも本当にありがたいです。「実の母だと思って遠慮しないで。○子さんは我慢しすぎてしまうところがある。もっと甘えてください」という言葉を10年以上前にかけられたことがありましたが、それはただ上っ面で言っていたのではなく本気だったのだと今頃知りました。

わたしは実家の家族も、夫の家族も、同等に大切です。

それぞれみんなに良さがありました。もちろん「みんなだーいすき!」みたいな脳天気な気持ちだけではなく、頭を悩ますことやネガティブな要素も感じることはあります。これから先もなんやかんやあるかもしれません。でも、それも含めて大切な存在だ、とわかりかけている気がします。

ただ、それに気づくまでにちょっと時間がかかっていただけでした。


2012-12-24 16.04.58
満腹でござる


今日は夫と義父母とお寿司とチキンをいっぱい食べてシャンパンを飲んでケーキも食べて、美味しいお茶を素敵なカップでいただいて、いっぱい笑ってきました。


あとはお正月ーーー!!!

美人のライフクオリティ向上プログラムは、今回が最終回の配信。

今月分、まだ書き出しワークに取り組んでいませんが、音声を聴くうちに、いままで「絶対こうだー!!!」と決めつけていたことがふとした拍子に別の色合いを帯びたように感じた瞬間がありました。

問題はまだいっぱい残っていますが、あんまり考えすぎず、ゆるりと楽しく年末を過ごそうと思います。イェイイェーイ!

関連記事
2012年 美人のライフクオリティ向上プログラム の関連記事

category: 2012年 美人のライフクオリティ向上プログラム

thread: 人生を豊かに生きる  janre: 心と身体

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/549-e0d8f96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。