07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

健康病が伝染している

「健康であることがかなわないのならすべて台無しだ!」

わたしにはどうも、こういう考えがこびりついているらしくて、無意識にこのような全か無か思考をするのです。極端から極端へ、という考え方は程度の差こそあれ、多くの人が経験したことがあるのだと思います。でも、この傾向があまりにもひどくなるといつもいつも、挫折感や敗北感を味わって生活するハメになります。

自分の細かな体調不良、夫の糖尿病、そのようなことをどうにか健康にしたいといろいろなことに取り組むうちに、だんだんそのことに多大なエネルギーを注ぎすぎるようになり、もっと大切なことを見失いかけました。ああーまた同じようなことをしたな、と最近の自分を振り返って思います。

先日河合隼雄のカニグズバーグ『エリコの丘から』の解説の一部に、「健康病が伝染している」という部分があり、そこを読んで数週間経つうちに、なんとなく、ふっと楽になった瞬間がありました。

受け入れること、執着しないこと、問題であることを許す、ことなどなど。

字面や人から聴いただけでは「ほほう~」と表面的に理解した気になるだけですが、ここのところじっくりじっくり自分はどうしたいのかと考えたり動いているうちに(結局どうしたいのかはいまだにわからないにせよ)、わたし自身も健康病にかかっているなぁという感想を持ちました。そして、執着しまくりのデモデモダッテちゃんだということにも。

また、河合隼雄氏の同じ本にはこういう部分がありました。

傷つきやすいひとは魂との接触の機会が多いが、心や身体の訓練を継続する強さに欠けることが多い。訓練好きの人は傷つかないか、傷ついても気が付かないことが多い。魂との接触を継続するのは難しいのである。


このような意味のことが書いてあったと思います。

この部分はとても深い洞察に裏付けられた、心理療法家としての言葉だなぁという気がします。河合隼雄氏は心理療法家の第一人者みたいに言われて、生前から非常に有名ですが、最後まで結局、人の心はわかるわけがないし、難しいですなぁ、と言っておられたらしくて、実際そうなんだろうなと思います。

絶対こうだ、と、なにかを解き明かしたようなことを自信を持って言うのではないのですね。専門家というのは。

そこで、自分の浅はかさや、短いスパンでしか物事を見ていなかったことや、夫や義父母、実家の家族への感謝、思いやりの気持ちが欠けていたことに気づくのですが、そこへたどり着くまでにすごく苦しみました。(笑)

もう~わたしってばしょうがないなぁ、って感じですが、でも、良かったです。


2012-10-01 12.02.50
イェ~イ












関連記事
健康の関連記事

category: 健康

thread: 健康で元気に暮らすために  janre: 心と身体

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/523-e8fd33b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。