09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

【朗読】 アイデンティティを深める 河合隼雄によるカニグズバーグ『エリコの丘から』解説 

河合隼雄によるカニグズバーグの『エリコの丘から』を論じた部分を読んで、カニグズバーグに興味を持ちました。まだ読んでもいないし本を買ってもいませんが、死者の目はごまかせないという部分、「私が私であること」を深く実感すること、「私とはなにか」という部分、すごく気になるので読んでみようと思っています。


2012-09-19 09.52.09


と、思って検索してみたらエリコの丘から (岩波少年文庫)の訳があまりにも酷いということで最悪の評判です。英語版で読んだときは、大女優のタリューラをイメージするのに、あのマレーネ・ディートリッヒをイメージしていたのに、日本語版で読んでみたらものすごく下品な中年女性のイメージに描かれていた、というレビューを読んで、ちょっとやめておこうと思いました。

カニグズバーグのファンならがんばって英語で読んだほうがいい、という意見が多いですが、英語で読むのはしんどいので先に『クローディアの秘密 』のほうを読んでみたいと思います。

1968年ニューベリー賞受賞作品。
なんとこの年は、ひとりの著者の2冊の本(もう1冊は「魔女ジェニファとわたし」)が同賞を争ったとのこと。

NHK「みんなのうた」で、大貫妙子さんが歌う『メトロポリタン美術館』はこの物語をモチーフに作られました。

Amazon.co.jp: クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)): E.L.カニグズバーグ,E.L. Konigsburg,松永 ふみ子: 本 レビューより


最近ファンタジーづいていますが、もともと『指輪物語』が大好きだったこともあって、しばらくこのようなジャンルにハマりそうです。河合隼雄氏のファンタジーについての解説は深い洞察に満ちていてとてもおもしろいです。『床の下の小人』『ゲド戦記』『秘密の花園』などなど、いままでまったく興味の無かった作品にもトライしてみようと思います。


河合隼雄 アイデンティティを深める カニグズバーグ『エリコの丘から』 - YouTube
関連記事
読書の関連記事

category: 読書

thread: 児童文学・童話・絵本  janre: 小説・文学

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/517-6ebfcfd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。