07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

昨晩、空想の中の海に行きました。

たまたま沖縄の浜辺が出てくるドラマを見たばかりなので、その海に行こうと思いました。でも、そこに居るのはわたしではないと思ってしまって、どうしても自分視点にならないので、いつもの海に戻りました。

「なにこのひと変!」 - なんかのたまごに「海を思い浮かべようとすると、それ以外の海がどうしても思い浮かびません。」と書いた、架空の海です。眠る前に思い浮かべ続けているうちに細部は変化していますが、湾であることには変わりなく、時にはリアス式海岸かよ!と思うような光景を見ることもあります。

いずれにしても共通しているのは切り立った崖、登ろうと一歩を踏み出す気になれないほどの高さ。

縄梯子のようなものが垂れている、と文章化したエリアは、「のようなもの」と表現しているとおり、実際に近づいて手をのばしたりじっくり見入ったりしていません。そして、かろうじてひとが一人通れる穴をかなりの距離、延々泥に塗れて登らなければ崖に阻まれた狭い湾から出られない、という思い込みがあったので、あまりその一帯を見ないようにしていました。

太陽と空と、水面に反射する光に注目していたほうが楽しいからです。

でも、出るにはやはり、行きたくないけど唯一の脱出口っぽく見えるところを見なくてはいけないのかなぁと、なんとなくつらい気持ちでした。

でもですよ!すごいことを思いつきました。

ロケットでとび出れば、一気に崖を越えるのも可能だし、もしかしたらどこかとんでもないところ、宇宙とかにビューンといけるんじゃないの?しかもガンダムとか居たりして、そこに一人でいるより超楽しいんじゃないの?

という思いつきです。

ただ、ロケットをイメージするのは難しかったので、空想の中のわたしはまだその小さい湾に佇んでいます。でも、楽しかったです。


この臆病な心は叫ぶ『声楽レッスン ベルカントと「声の闘争」』


動画の中で、バーバラ・ボニーはこう言っています。

This is the hope point. There was probaly, one a huge ??? first experiens for you.

「初めての経験であることが肝心です」と字幕がついている部分。

only try, only try, only try...

「教師の言うとおりに努力していては何かを見失ってしまいます」と字幕がついている部分。

the other side へ続く Last door を open するには、鍵を見つけるべきです、とも。そして、その後の闘技場での body trouble によって魂が運ばれたあとが……という喩え話。

なんだか、この動画がどうしても引っかかって、何度も見てしまいます。

人が病む時、なにか意味があるという河合隼雄氏の言うことも、なんだか直感的に真実をついているのではないかと思ってしまうのです。

考えてもわかりそうにないので、また、お掃除にもどって休息などしてみます。
関連記事
日記の関連記事

category: 日記

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/484-e4656b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。