07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

「なにこのひと変!」

最近、記事に貼る動画がほとんどミッチーばっかりなのですが、ミッチーを思い出して聴くようになったのはつい最近のことです。


2012-08-11 20.38.57
飾っています


2月の大掃除で、たくさんのものが押入れに眠っていたことに気づいたのですが、ミッチーグッズやCDは、わたしのものではなく夫が買いました。

なにが彼のアンテナに引っかかったのかはわかりませんが、ビデオテープやCDがひと通り揃っています。

ミッチーとの出会いは1998年、『今夜、桃色クラブで。』という曲のPVを見て「なにこのひと変!」が、最初の感想だったと思います。





そのあとなぜかハマりまくってしまったのですね。最近では相棒というドラマに出演しているのでその役柄のイメージが強いですが、ミッチーってもともと歌の人だったなぁと思いだしました。

ミッチーの歌詞は、ビデオ初見時の「王子ごっこをしているお兄さん」というイメージと全然違いました。CDのを聴いているうちに、ハマり方はどんどんディープになりました。

「生きることを全力で肯定したい」という願いをずっと持っていたわたしは、デカダンスが漂いながらも、ところどころに出てくる、生まれてきて良かったね、生きていて楽しいね、みたいな歌詞に惹かれたのかもしれません。

この数ヶ月は、昔は胸に響かなかった言葉がとても深く染み入るような感じだったりして、若い時とはまた違った楽しみ方をしています。あと、いまは曲がかかるといっしょにダンスしまくりです。

ただ、BGMのつもりで流していてもつい踊ってしまうので、お風呂上りや外出前には控えないと汗だくになってしまいます。

最近しょっちゅう聴いている曲は『ココロノヤミ』という曲です。「この闇は黒ではなく深い深いコバルト 夜明け前の海のように沈黙の音がする」という歌詞に、生きていくせつなさと同時に希望も見せてくれる感じがしてとても好きです。

『ココロノヤミ』及川光博


2012-08-11 20.40.01
2000年カレンダー「可憐だ……」


きょう、ほとんど半日をひどい状態で過ごしましたが、夫の協力もあって元気を取り戻しました。

苦あれば楽あり、楽あれば苦あり、で、まったく予想できないようなことが次から次へと巡ってきます。

わたしのココロにいつも浮かんでくる海は切り立った崖が両側にそびえています。ものすごい高さで、とても登れそうにありません、上のほうには牧草が青々と生えている様子がちらっと見えます。小さな湾の両側が塞がれていて、それほど横幅は広くありません。

背後も、切り立った崖になっています。どうやって自分がそこに来たのか知りたくて空想の中で歩きまわった結果、海を背にして右側の岸壁に縄梯子のようなものが垂れていて、それを登るとかろうじてひと一人が通れるぐらいの穴があいていて、頑張って這い登れば地上に出られるようになっているらしいのです。

海を思い浮かべようとすると、それ以外の海がどうしても思い浮かびません。

もっと、南国のビーチ!みたいなのを思い浮かべたいのですが、わたしは海を実体験したことがとても少ないので、想像力に限界があるようです。

そんな、三方を切り立った壁に囲まれた湾状の海ですが、眠る前にその海に空想の中で行く事にしています。

ほとんどいつも晴れていて、太陽はものすごく眩しく輝いています。

でも、時々真っ暗なうえに、足元がいつもの砂浜ではなく石ころだらけのときがあります。石は尖っていてわたしはなぜか裸足なので歩けないのです。

そんなとき、脳裏をよぎるのが、決まってこの「この闇は黒ではなく深い深いコバルト」という歌詞です。そのまま自然と眠くなるのを待って、目が覚めたらだいたい元気になっています。

そうやって元気を取り戻したら、CRAZY A GO GO!! で堕落の女神とダンス!です。

ここ一週間ぐらいで失ったと思ったもの、たくさんありますが、同時に大切なことをたくさん学びました。

また元気を取り戻して「魅惑のヒロイン参上!」と、わたしらしいわたしで楽しく生活したいです。

関連記事
音楽・映画の関連記事

category: 音楽・映画

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/480-3ff8055a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。