07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

人の音楽、宇宙の音楽

昨日は八王子音楽院の、チャリティーコンサートに行って来ました。ホワイエを上がると弦楽四重奏の演奏をしている一角があって、ああ、この感じ!!と、すごく懐かしく弦楽合奏部に入っていたころを想い出しました。

gsenjyounoaria.jpg


そして、2回席に陣取って場の雰囲気と音と舞台の袖に見切れているスタッフさんをじーっと見ながらいろいろなことを考えました。

このポジション初めてです。2階のこの場所って、カサノヴァやドン・ファンみたいな女ったらしがオペラハウスでお酒飲みながら娼婦を侍らせてイチャイチャする席ですね。そんなことを思い出しながら、一人でクスクス笑いました。


konofunniki.jpg


フルートの奏者の方が、まるで女王のように美しかったです。見ると女優さんもしているということで、舞台女優としての自信とオーラがものすごかった。そしてアルメニア出身のヴァイオリニストの弓の動きと左手のトリルやビブラートするときの指先。そこばかりに意識が集中していて、ソロのひとの演奏などは全く覚えていませんが、弦っていいわ!好きだわ!と思いました。

そして、生の音楽を聴くのはやっぱり良い!と思いました。高校生のころ、若き日の小澤征爾さんが貨物船に乗って海を渡ったエピソードが載っている本を読んだ時にも、レコードを100回聴くよりも1回生の演奏を聴きにいきなさいみたいなことが書いてありました。当時は「いやーさすがにそれは……お金ないし」と思いましたが、やっぱり違いました。

演奏がピタっと決まっている瞬間、その一瞬の体感。アラが見えたりミスに気づいた時のライブ感。そういうものを全身で感じることができるし、目の前の奥様たちの会話が面白くて頭の片隅にメモったりして、楽しい時間を過ごしました。

きっと先日の目黒雅叙園の日のあとのように、明日、明後日、明明後日……と時間が経つにつれて、なにか「ああ!そうだったのか!」と気づくことが出てくると思います。

今日はそれを楽しみに、ダラダラゴロゴロした一日を過ごします♪(´∀`*)ウフフ

関連記事
音楽・映画の関連記事

category: 音楽・映画

thread: 音楽のある生活  janre: 音楽

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/383-a955831f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。