09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

一生を通して

ライブに行くちょっと前のテレビ取材でタイトル未定と紹介されていた、千葉海音さんの「心砕」という曲がアップされていたので貼ります。



千葉海音さんのライブに行ってきましたにも書きましたが、この曲は岩手放送の「浅見キャスターパリ報告③」というコーナーで知りました。その時の千葉さんの故郷岩手への思いや、平泉が世界遺産に登録されたことの喜び、そしてパリで震災の知らせを聞いた時の信じられない気持ち。この曲を聴くとそのことを思い出します。

わたしは東北のほうの親戚などが居ないので、どちらかというと東海地震が来たら怖いな、とか、関東にも来るのかしら、とか、放射性物質の影響のほうにアンテナが向いていましたが、テレビではあまり映らなかった本当に悲惨な光景、ニュースで取り上げられなくなってから(気候が暑くなってから)の惨状、そういうことを思い出して一気に涙が溢れてきました。

千葉さんは取材コーナーで、「たとえ心に穴が開いてしまうような辛いことがあっても、それでも、どくどくと流れる命はいつしか、懐かしい北の風景にたどり着くだろう」ということを言っていましたが、ライブの時にも、一生を通して自分が故郷の為にしていくことを考えていくので、とも言っていました。

あの日のライブチャージは1,800円で、通常よりも安く設定されたそうですが、そのほとんどは復興の為に役立つような形で使われるとも聞きました。

この夏、人形茶館 - パリの雨糸譜

わたしは今まで好きになった演奏家や歌手のことを誰かにおすすめするのは好きではなく、もともと趣味が同じ人を探して、運良く仲良しになれたら音楽の話ができたらいいなぁぐらいに思っていましたが、千葉海音さんに関しては今までと違って、もっと多くの人に知ってもらいたい、聴いてもらいたい、そう思っています。

cab21c4467669ab7901f0cdef149d017.jpg
ルーマニアのロマ文化やダンスは素晴らしいです

彼女はパリ在住であることや、ルーマニアに旅行に行くことがあったりすることもあって(ルーマニアを一人で歩いているとアジア人が来たといって石を投げられるような目にあうこともあったそうです)、中東欧に生活する移動生活者、国籍を持たない人びと、何百年にもわたって差別され続けてきた集団――日本ではジプシーとも言われますが、ツィガニ、ツィガーニ、ツィゴイナー、ボエミアン、ズィンガロ、ジタン、など、映画作品などでは「浮浪者のような」という形容をするときに使われることもある呼び方をされる(*)人々のことを「政府がなにかしてくれれば……わたしもなにかできれば」というようなことも言っていました。*つい先日見た「炎の英雄シャープ」にも「まるでジプシーのようななりをした連中だが見かけと違ってい気のイイ奴らだ」というようなセリフが出てきました。


わたしは学生時代に同じようなことを思ったことがあったのだけど、途中で踊りから遠ざかってしまったし、自分の病気をなんとかするだけで精一杯だったので、これからは元気になって千葉海音さんのような方の音楽活動を応援したいと思っています。

心が砕けてしまっても、命は続くんです。
まずは自分が強くなりたい、今ほどそう思うことはないです。
関連記事
千葉海音の関連記事

category: 千葉海音

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/328-0331ba82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。