09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

7つの習慣

「7つの習慣ワークブック」を、真面目に再読してから2ヶ月が経ちます。

この本は書き込み欄がたくさんあるうえに、何度も読み返すと新しいことに気づくので、ずっと手元に置いておこうと思っていますが、今思うとわたしの生活が劇的に変わったのはこの本をしっかり読んで書き込みまくってからだなぁと気づいたので紹介します。

C360_2011-07-31 22-33-39.Share

ジャンルはビジネス書とされる場合が多いが、成功哲学、人生哲学、自助努力といった人間の生活を広く取り扱っており、人文・思想、倫理・道徳、人生論・教訓、自己啓発などに分類される場合もある。「全世界1500万部突破の名著が教える永遠の人間学」 7つの習慣 - Wikipediaより


こういう本です。


この中の第三の習慣「重要事項を優先する」というところが特に為になりました。

第三の習慣・重要事項を優先する (Habit 3 Put First Things First)
第2の習慣を身に付けたなら、それを具現化し、自由意志を発揮し、毎日の瞬間瞬間において実行する。
価値観に調和した生活を送るために、効果的な自己管理を行う。
重要だが緊急でない活動を行う。
重要でない活動に対してノーと言う。
人に仕事を委任する。


この、第三の習慣についてはインターネット上にも言及したページがたくさんあって、”時間管理のマトリックス”で検索すると図解が出てきます。

実は最も重要なのが「第II領域」なのです。第II領域に分類される事柄は、あなた自身が強い意志を持って実行しなければ、成し遂げることはできません。
誠 Biz.ID:「7つの習慣」セルフ・スタディ・ブック 第三の習慣:緊急度と重要度――あなたの活動を「時間管理のマトリックス」で考えてみるより


第Ⅱ領域の活動とは具体的に言うと

・人間関係づくり
・体力づくり
・スキルアップ(自分を磨くこと)
・準備や計画
・適度な息抜き

になります。わたしの場合はヨガとか資格の勉強、翌日のタスクリストや書き物の下準備、お風呂、友人へのメール、手紙を書く、賀状、親戚への連絡、などになります。
この活動を優先的にするためには、どうしても減らさなくてはいけない活動があります。時間は有限ですからね。
それが、第Ⅲ、Ⅳ領域の活動なのですが、

第Ⅲ領域
・無意味な電話やメールへの対応
・突然の来訪への対応
・多くの会議
・無意味な接待やつきあい
・多くの報告書


第IV領域
・暇つぶし
・長時間、必要以上の息抜き
・だらだらとした電話
・世間話
・その他、無意味な活動


ここを減らすのは最初、勇気が要りました。
わたしの場合は意味もなくスマフォやiPadでまとめサイトやライフハック記事を読んだり、Tumblrで延々と時間をつぶしてしまうことが第Ⅳ領域に入ると思ったので、まっさきにそこを減らしました。そのあと、ビーズクッションを部屋に置くのをやめて、全ての活動を椅子に座ってする、と決めてしまいました。

ほかは、わたしのところには滅多に電話がかかってこない(笑)ので、特に意識しなくても自分のための時間がたくさんありました。

第Ⅱ領域の時間を増やすようにしてからほんとうに調子が良いです。
今思えば、これまでは自分の為に使える時間がたっぷりあったのにかなり無駄に使っていたのだということが良くわかりました。

C360_2011-07-31 22-15-41.Share

この本については多くの方が言及されているので、興味をもたれた方は検索してみてください。
7つの習慣全てがとても大切なことばかりで、ビジネスマンの為と思われがちですけど、普通の主婦がより良い生活を送って幸せになる為にもとても役に立つと思いました。

特に、習慣の大切さということに対する認識が変わると、人生に対する見方も姿勢も変わりました。わたしは病気で10年近くを棒に振っているので、どこか焦ったような気持ちで生きていましたが、今はそうでもありません。一日一日がとても楽しく、適度に充実していて適度にふざけていて、幸せかも、と感じる瞬間が増えてきました。そして、周りに集まってくる人がいい人ばかりになって、感謝の気持ちを持つことが増えました。

「能力」とは「ある行動が習慣化されたもの」です。つまり、まず新たな行動をし、継続することによって、徐々に結晶化していく類のものです。
成功へと導く「7つの習慣」とは [キャリアプラン] All About


「人間は習慣の束である」という言葉があるそうです。
アリストテレスが言った説と他の哲学者(3人ぐらい名前が上がっていました)が言った説とたくさん出てくるのですが(笑)、ともかく相当昔から、人間というのは習慣如何でどうにでも左右されてしまうのだという認識がされていたのですね。

また、三島由紀夫も「精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ」「決意を持続させることのできるのは習慣という怪物である」という言葉を残しています。

ほんとうにそのとおりだと思います。

わたしは今の決意を持続させる為に、このワークブックをいつでも手元に置いておこうと思っています。

そのうち本家の「7つの習慣」も読みたいけど、今は、資格取得と生涯続けられる職を得るまで突っ走ります!

【参考リンク】 7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー 要約



関連記事
楽しく生きるの関連記事

category: 楽しく生きる

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/308-7a7c5fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。