05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

捨てるフェーズ

自分の得たものといえば長年にわたる病だけじゃないか。

そんなふうに思っていましたが、そうでもなかったのかもしれません。良いように思えることも最悪に見える出来事も盛りだくさんある。それは記憶であってわたしではないのだけれど。

その象徴みたいなノートの残骸を雪かきついでに雑紙の日に出して、さて。

このブログには自己啓発や美容みたいなことに取り組んだ経過やビフォーアフターをそのまんま載せていたわけですが、ふと思いました。

捨てよう。

状況をどうにかしようとするのをやーめた、と。

やーめた、と書いている思考の裏ではどこかでまだ希望を抱いています。しかしそれもすべて捨てなくては切りがないと心底思いました。

新しく書いているブログのほうでは指が勝手に書くみたいな状態になったときだけ書こうとしていたのに、いつのまにか思考を使って書くようになっている。それはそれでいいのだけれど、自分が苦しいです。

なにかを思いついたときに最初の一瞬は良いのです。それこそ、バーバラ・ボニーのレッスンで彼女が言っていたようなこと。「最初の経験であることが大切です」ということ。まさにその通りなのでした。

でも、思いついたあとに入ってくる思考の算段は、損か得か、良いか悪いか、正しいか間違っているか、そういう自分の主張がはいってくる。

主張と意見をただの思考だと俯瞰していたらなんでもない、そよ風に吹かれているようなものなのに、その思考に同一化した瞬間、世界はジェットコースターです。楽しい時もあるかもしれないが、ダークに染まるとき、怒り一色のとき、悲しみ、恨みつらみなどに反転するのは一瞬でした。

涅槃の書の自分さんはまさにこういうことをわかりやすく何度も何度も書いていらっしゃる。けれどもすぐにわたしは思考に引っ張られて同一化してしまう。

だからといって「あきらめる」という言葉をお題目みたいに唱えても仕方がないのでした。厭世的になるというのは自分の外の世界への期待が大きいからこそのふてくされた裏返し感情の表れだと思います。

だからなにっていう結論はないんですが、まーとりあえず目の前のことをやります。いらないものは捨てて。
関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/1024-40e34680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム