09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

恩返しはバトンリレー

ひさびさに記事を書いたことと、自分以外のひと (フラッパーガールさん)の取り組みの様子を読んだら、いろんなことを急に思いだしました。

以前、恩人ならぬ「恩台詞」 - なんかのたまご 2014/08/16 Sat. 09:22 と、 あとになって染みこんでくる言葉 - なんかのたまご 2012/10/20 Sat. 08:28  のなかに、Maglie(マリエ)さんという方の「ズルくない生き方をする」という一言によってどれほど大きな影響を受けたかということを書きました。 (執着を手放すと執着できなくなる:ズルくない生き方をする|Maglieの美肌・美髪・美生活

先日も、このことを思いだしていました。横断歩道を待つ間、まだ春の風というには冷たすぎるスキッとした空気を深呼吸しながら。

その日、わたしはなんの用事で出かけていたのか忘れてしまいましたが、ふっとよぎったのが、

「いまみたいなシチュエーションのとき、大昔のわたしだったら手抜きかバックレかズルして嘘ついてただろうなぁ。でもそれをしなくなっただけでなく、そんな発想が浮かばなくなって久しいよな。いやはや、ずいぶん真人間になったもんだわ。ハハハ……」

こんな考えです。


2015-04-03 09.55.07
この自分が薔薇買っちゃうなんて!マジか!


ちょっと笑いそうになったあと、不意に涙がこみ上げてきました。なんでかっていうと、今頃ひどい暮らしをしていてもおかしくないのに真っ当に生活して、笑っている。ごく普通の市民として歩いている。それが奇跡のように思えたからです。信じられないほどの幸福だと。

で、前述のマリエさんの「ズルくない生き方をする」というブログが思い出されて、連鎖的に恩台詞のことも思い出しました。

「恩」って言葉を使うと、なんだかその恩を受けたひとにお返しみたいなことをしなきゃ、って思うのが以前のわたしでしたが、いまは違うのです。

まず「しなきゃ」っていう義務感みたいな重苦しさがないのでラク。

んで「恩を返すのは受けた相手、っていうよりも別の人にリレーのバトン渡すみたいにするんだい。その行動はいままさに続けているグレートヒューマニティー第一回目の陰徳ってやつでオッケー」 という自分の中からの声が湧いてきて、あら~、そんな発想どこから来たんだっけ?とちょっと不思議に思いました。


これ、あとから夢の中で気づきましたが、友人からのひとこと。それに影響を受けたっぽいです。

ありありあるさん (LINO LERA)という方が言ってくれたのですよ。「必ずしも恩を受けた相手にその恩を返さなきゃいけないわけじゃないと思うよ」と。

なるほどーたしかにー、と、この日わたしはすっごく気持ちが軽くなったことを覚えています。もちろん、自然な感情が湧いてきて結果的にありがとうー!って気持ちが形になってそれが恩返しみたいになることはありますが、まるで義務のように自分を犠牲にしたりする発想が浮かびづらくなりました。言い換えれば受け取り上手になった?他人を信じられるようになった?のかもしれません。


それともうひとつ。

ワタナベ薫さんのブログ記事に、こんなのがあったのを思い出しました。

ワルシャワである男性から学んだお金のこと: 美人になる方法 

部分引用しようかと思いましたが後半ぜんぶ引用したいような内容なので、ぜひクリックしてお読みください。すごいなーって思いました。この、ポーランドのご夫妻。

そういえば以前、募金について照れくさいだの恥ずかしいだのゴチャゴチャ考えた挙句にこっそり誰にもばれないようにとかいま思うと笑っちゃうようなことを言っていましたが、そう、そんなことにこだわる必要ないのですよ。反射的に募金したくなったら小銭入れる、気が向かなければしない。この団体ほんとうに怪しくないかしらだとかゴチャゴチャ考える前に身体がかってに動いて、で別にいいんじゃね、と。(それに、わたしの言っている募金ってのは数十円とかのお釣りレベルだったりするのでいちいち大げさに悩むようなことではないのですよw)

目の前にごみが落ちていたら拾う。とか、道を聞かれたら快く教えてさしあげるとか、いつも通る道に危険なものが落ちていたら適切な連絡先に電話して整備されるようにお願いするとか、ごくごく普通の、善行とも言えないようなことばかりです。

これすら、以前のわたしはやりませんでしたからね。ははは!

それどころかごみ出しのルールは守らないわ夜中に騒ぐわ平気でウソついて学校やバイトサボるわでどうしようもない感じだったので。

若い時はそれで良かったかもしれないし許されたかもしれないけど、もう、いまはそういうことをしたくありません。


2015-04-03 11.06.47
Howard Wills prod pdf文中 より 「わたしたちは自分に嘘をつくことはできない。他人をうまくだますことはできるかもしれないけれど。そしてそれはあなたの気分を悪くさせる」


どんなに上手に他人を欺くことができたとしても、自分自身をだますことは絶対にできないと心の底から納得したのでした。そして、自分に嘘をつき続けるとほんとに具合が悪くなってきます。というか若い時に病気したときの遠い原因ってそういう罪悪感の積み重ねなんじゃないの?って笑えるときがあるんですよ。

ちゅーわけで、わたしはいろんなひとから受け取ったもの、物質も目に見えないものもぜんぶ、ありがたーく遠慮なーく受け取ろうと思います。そして気前よく回します。あげたい人にババンと!

そんな単純なことが、幸せなんです。ほんとに。

関連記事
2013年 グレートヒューマニティ・偉大なる人間性の関連記事

category: 2013年 グレートヒューマニティ・偉大なる人間性

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/1019-fe91dc25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。