10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

居ます

2015-04-02 11.34.45
おいーす


おひさしぶりでーす & おはようございます。

ゲームやっていたら寝るタイミング逃して朝なのでひっさびさにブラウザ開いてみました。(こんなんばっかりやw

先日、断酒日記のほうにながながと近況とも独り言ともつかない長文をUPしたのですが、こっちにはなにも書いていませんでした。

きょうのバイブス : いま 1/3 March 30, 201523:40
きょうのバイブス : いま 2/3 March 30, 201523:51
きょうのバイブス : いま 3/3 March 31, 201500:41

ネットからちょっと離れていました的なこと書いてますが、よく考えてみたらわたしゲームにはまっている時間と寝ている時間が長かったから単に時間が足りないみたいな感じであんまりネットしなかっただけのような気もします。

でも、上の断酒日記の文中にも書いたとおり、 書くのをやめる時期を設けて良かったです。

先日は「自分のストーリーを語り過ぎてその中にどっぷり浸かってしまうから」という意味のことを書きましたが、今日はまた別のことを思いました。

「活動」ということについてです。

以前、エーリッヒ・フロムの「愛するということ」を読んだ時にも何度もそこを読み返した記憶があるのですが、活動する、というとまず思い浮かべるのは、たとえば外に出かけるだとか、家に居たとしても身体を動かしてなにかする、(Do) ことですよね。だから、たとえば無職の時期があったとして、一日10時間寝ちゃったわーなんてことがあると罪悪感を覚えてみたり、自分を責めたりする。

わたしは特にその傾向が強くて、元気のあった時期はとにかく時間を埋めるためにオーラスでバイトに入ったり掛け持ちしたりなんてことをやっていた覚えがあります。そうでなければ部活だのサークルだの勉強だの飲み会だのレジャーだのと、とにかく予定を埋め尽くす。

泳ぐのをやめたら死んじゃう魚みたいな状態です。あれはあれで楽しかったけど、やっぱりしんどかったのでしょうね。

自分ではしんどいと思っていなくてもなぜか反動でまったく何もしない寝たきり期間が訪れたりして、それは3ヶ月周期だった時期もあれば、10年近く寝たきりだったときもあります。


2015-03-30 08.31.22
そういう時もあるさ


いまになって思うのは、Do (すること、活動) をやめたら罪悪感抱くってこと。この自分をどうにか解決したくて四苦八苦していたのだろうなということです。そうじゃなかったらわざわざ心理学とか哲学の本とか読みませんし。でもいろんな本に手を出していた時期のわたしはどこかに解決法があるんじゃないかと必死だったのでしょう。

そこで最近出会ったニュー・アースという本。

(一部朗読 エゴという間違った自己のメカニズム エックハルト・トール「ニュー・アース」 - Youtube

自分が幼いころからこうではないのかな?なぜなのかな?と疑問に思っていたことについて気持ち良いぐらい明快に理路整然と書いてあるような本でした。もちろんすべてを鵜呑みにするわけではないのですが、数ヶ月前に読み終わった日、たぶんこの先「あの本はどうだろう?この本は?」と答え探しみたいな本の読み方をすることはなくなるだろうな、と確信しました。実際あれから本買ってなくて。それはそれでよしです。

この本の著者のエックハルト・トール氏だけがなにか特別な(新しい)教えを説いているとか発見をした、という風ではなくて、古今東西いろんなひとがたったひとつのシンプルなことを、その時代、その文化、その相手に合わせた言葉や言い回しで伝えてきたのだろう、そしてたまたまわたしがこの本に合っていたから反応したのだろう、と思います。

ニュー・アースやトール氏のDVDはたくさんのことが語られていますが一貫して言っていることは、

to be here fully. (100%いまここにあること)

だと思います。


Do も必要だけど Being (存在 / 実存 / 在る) を忘れてないかい?思いだしてごらんよ?と、わたしの心にはスッと入ってきたのでした。

そして、この「いまにある」ということについては、よーく思い出してみるととっくの昔にワタナベ薫さんのブログでも、他のなんたらかんたら?(忘れてしまうほど目が滑っていた)でも読んだ気がするのです。

つい最近では偶然みつけたマインドフルネスというガイダンス付き瞑想補助アプリでも、いまここに、と言っていました。ヨガのレッスン動画 (https://youtu.be/lVaOqot3nxo) でも女性の先生がそのようなことを言っている場面がありました。自力整体の矢上氏も、DVDのしょっぱなに「この時間は、いままで外側に向いていた意識を自分の身体に戻して観察しましょう」的なことを言っていました。

たぶんこれまで見逃してきたほかの何かにも何度も何度も何度も何度も何度も!(笑) おんなじことが書かれていたり聞えてきていたのでしょう。もしかしたら両親や夫や友人もそういうことを言っていたのかもしれない。

でもわたしの聴く気がゼロだった。だから覚えてないし意味分かんないし試そうとも思わない。

そういうことですねーきっと。


ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
by カエレバ



ワタナベさんのサジェストで記憶に残っているのは「コーヒーを淹れるときに丁寧に豆をひいて意識的に飲む」みたいなこと。でもわたし、つい最近までは「コーヒー」「丁寧に」という言葉に囚われすぎていてなんのためにそのような提案をされているのか本質を理解していませんでした。

トール氏の提案では、手を洗うとき水をしっかり感じてみる、とか、呼吸を確かめる、だとか、たとえばタクシーを拾おうとして手をあげているときに誰か他の人が捕まえてしまって自分は乗れない。そういうこともすべて楽しむのです。なんて言っています。

涅槃の書というブログを書いていらっしゃる自分さんという方のエントリもすごいです。スピリチュアルな話に興味をもつと現実の生活や俗世間をおろそかにしたり下に見てしまう罠があるということを良くわかっていらっしゃるようで、現実の生活をどのように軽やかに生きていくか、ということについて具体的に書かれているのでときどき読みに行っています。



2015-04-03 05.32.45
今年もステキなデザインのCD届いたよ♪


2012年から2014年まで、このブログには主に音声プログラムへの取り組みを書いてきましたが、実は今年は申し込みそびれた、というか、なぜかそのことを忘れて過ごしていたのでのーんびりしています。

マネーリプログラミング、でしたっけ。

7月の募集で「いよいよお金だ!」と参加するのもよし、見送って気が向いたときにCDの形で買うのもよし、どっちでもよし、と思っています。

そんなわけで、今年前半、このブログでは音声プログラムの書き出し記事はないですが、最近取り組み始めた方の参考になるかもしれないので、

美人のライフクオリティ向上プログラム
グレートヒューマニティー
叶え力


このカテゴリに書いた記事については、時間のあるときに 目次っぽいページをつくろうかなーなんて思っています。

またこんど、気が向いたときにやりますので最近CDを購入なさった方、書き出しワークをスタートした方、楽しんでくださいねー!応援してます!


2015-04-02 11.33.39
春やで~


【追記】
嬉しいことに、Twitterで知り合ったフラッパーガールちゃんから「わたしも今年から音声プログラムはじめましたー」というご報告をいただきました。
彼女のブログにはグレートヒューマニティーの1回目についてのアレコレが早くも3記事、UPされています。

わたし、読む側に回るのっていままでと逆だからすっごく新鮮で楽しみです♪

【外部リンク】 フラッパーガールの修行日記 


関連記事
お知らせの関連記事

category: お知らせ

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/1018-8773c514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。