05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

4人いる!!!

2015-01-11 12.53.42
これも紅葉かしら


最近になって夫の会話で混乱することがあります。

「ん?結局どっちがなにを主張しているのか?」「だれがしゃべってるの?」と。じっさいには会話は成立しているのですが、どうも一対一の会話ではない、もっと深いところでの複雑な役割交代?みたいなことが微妙に混じっているときがあるぞ、と。

そこでユングの言うアニマ、アニムス、についての解説に興味深い部分があったことを思い出しました。夫婦の会話というのは、ともすれば夫と夫のアニマ、妻と妻のアニムス、の四人で喋っている構造になることがままあり、本人たちもそのことに気付いていないことが多いのではないか、みたいな内容でした。

男性原理と女性原理、アニマとアニムス、あたりのことについては河合隼雄の本を朗読したプレイリストの中に出てくる「女性の心の中の男性」「男性の心の中の女性」というところで触れられています。ご興味をもたれた方はどうぞ。





男性原理、と女性原理はどちらが優れているだとか劣っているみたいなことではなくてまさにバランスなのだろうなとやっとわかってきました。実感として。そしてそれが一人の人間の中に存在することもあるし、国家や民族、人類という種族のふかーーいところの集合的無意識の部分でつながっているものなのであろうと。そしてそれは単純にひとことで言いあらわせるような概念ではないのだろうなということも。

学生時代は本で読んだからへぇそうなんだーで終わりだったのですよ。

でも、陰陽太極図だって、自律神経の働きだって、呼吸だって、昼と夜だって、どちらか片方だけに偏ったら困っちゃうわけですよねぇ。

自分が交感神経優位になり過ぎている、と気付いたとき、呼吸が浅くなっているとき、光ばかり見ようとして影の部分から目をそらしていると気付いた瞬間など、そういうことを思い出します。

が、すぐに忘れます。日常の雑事にきをとられて。

おととしぐらいに、わたしはTwitter上で「男性の中の女性性に興味がある」と書いたことがあります。

そのときはまだ自分が何を言いたいのか自分でもはっきりわかっていなかったのですよ。でも、だんだんと自分が何を考えていたのかわかってくる。だけど、いまはそういうことを観念こねくり回すみたいにしている時期ではないみたいで、ドンドコ現実的に手と体を動かすようなことが溜まっていきます。

そういうのに取りかかるのがちょっとめんどくさくて週末はずーーーーーーっと iPad でラブライブっていうゲームやってたけどね!w


2015-01-12 12.41.14
クリスマスのマキちゃんエピソード最高


ラブライブはラブライブで、ほんとは別エントリ立ててアニメ一期を見る前と見たあと、どんな風に自分の気持ちが変わったか、とか、そもそもわたしはそれほどのアニメおたくじゃないのになんでときメモ、サクラ大戦、第四次スーパーロボット大戦、シムピープル、ウルティマオンライン、DAoC,などに、生活が危うくなるほど大はまりしたのか、みたいなことを書きたい衝動があるのですが、ここはそういうブログじゃないのでそれはまた別の時に。

さて、また一週間がはじまりましたね~。

そうそう、先日グレートヒューマニティー聴いていたら、最近トイレ掃除が雑であることをまず元に戻そう、と気持ちがきりかわったのでまた小さいハードルから始めてみようとおもいまっす。


11人いる! (小学館文庫)
by カエレバ



関連記事
未分類の関連記事
  • 頼る力 (2015/01/11)
  • 4人いる!!!  « «

category: 未分類

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://crao.blog122.fc2.com/tb.php/1016-60f3ed9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△




ベトネベートクリーム