12// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //02

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

エゴが暴走した日


昨日昼ごろ、いつのまにか眠っていて、起きたらいろんなところが切れていました。

久しぶりです。

わたしは断酒をしているのでお酒の勢いで自傷行為をすることはなくなりましたがそれでもいまだにその癖が残っていました。が、深く切れる刃物を一切家に置かないようにしているので大したことはなくて、ホッとしました。

記憶をたどってみると、わたしが怒りの爆発を制御できなくなったのは19日の朝。きっかけは夫のほんの些細な一言ですが彼は悪くありません。そして映像記憶で一番印象強いのは風呂桶の水に向かってスマホを投げている自分の右手。その直後コンビニへずんずん歩いていく途中、「酒」という看板にしか意識が向いていなかった自分、です。

でもお酒は買わずに済みました。

幸いそこのコンビニ、ノンアルコールビールがおいてあったので。

そのあとのことは覚えていませんが、ともかく目が覚めたとき思いました。「酒飲まなくて良かったーーーーーーーーー!!」と。

その後、帰ってきた夫に事情を話すなどいろいろとありましたが、いま、中途覚醒しておきてブログ書いてます。


2015-01-16 10.53.35



いま、静かなこの時間にひとつわかることがあります。

わたしは昨日の朝、怒りがはじまった瞬間からエゴに振り回されて過ごしたな、みたいなことです。先日エックハルト・トールの「ニュー・アース」を読んで、この本すごいと思ったので著者の講演動画を良く見ていました。

エックハルト・トール 『エンライトメント~人生の目的~』(DVD) PV --ニュー・アース・シリーズ#3 - YouTube

このDVD抜粋では、人生の目的は二重の構造があり、まず第一の目的、それはいまここに100%あることだ、といいます。第二の目的はなにかを成しとげたりする場合もあるでしょうが、と。

その第一の目的の例として、いま、自分の目的はここに座って話をすること、みなさんの目的はそこに座っていることです、と。

このあと (14分すぎごろ) エックハルト・トール氏はグラスの水を飲むのですが、これがいまのわたしの目的です。と言います。飲み終わったらグラスをテーブルに戻すのが目的。

普通の飲み方も実演していますが、ちょっと笑ってしまいました。わたしがまさにこれを極端にしたような人間だからです。コップに手を伸ばしたときには口へ急いで持っていこうとし、水を飲み始めた瞬間にはもう洗い物のことを考えていて、おざなりにコップを洗っている最中には置く場所が狭いことを心のなかで愚痴りながらフキンに目をやり、コップを置くときにはすでに次の家事のことへ関心が移っているからです。だからよくモノを落とすし壊すしコーヒーを飲んでいるときに口のわきからこぼします。


ぱーぱす


「ニュー・アース」を読み始めてから2ヶ月以上経ち、先日やっと最終章を読み、この本は一生枕元に置いておく種類の本だと思っています。

本のほうにはエゴの仕組み、ということについて何度も何度も説明してくれているし、その解体についても詳しいのですが、あの本は読んで知識に付け加えてああー良い本読んだー、で終わるようなものではないようです。タイトルに書いてあるとおり。まさに「意識の変容」が起こるための本、というか。そしてこの本に出会うひとはそういう準備ができているからこそ出会うのだろうと。 


きょうわたしは、あるひとと話している最中、相手がわたしを批判してまくしたてている最中、黙っていることができました。そして、一瞬だけ感じました。これはこの相手のエゴが話しているのであってこのひとそのものではない、そして、聴いている自分もついさっきまで自分のエゴに主導権を渡してしまっていて、まったく我を失っていた、と。相手も自分も悪くないし良くもない。正しくも間違ってもいない、とも思いました。

相手の話し終わるまで一切口をはさまずに黙っていることができたこと。これはわたしにしてはとても珍しいのです。ましてそのときは相手が興奮して「自分が正しい」「あなたは間違っている」、という意味の言葉を怒りとともに述べている場面でした。だけどわたしは相手の怒りをただそのままそういう現象が起こっているのだと受け止めました。

そしたら、いつのまにか冷静になって、現在に至ります。帰宅した夫は穏やかで、わたしは携帯が水没したおかげで一切Twitterなどをすることができず、それはそれで良いことだと感じています。

この著者のいう「エゴ」「頭の中のおしゃべり(メンタルノイズ)」「ペインボディ(過去の辛い経験)」については、長い間悩んできたことでした。だから、素晴らしい本に出会えたと思っています。レビューなどによると J.クリシュナムルティ というひとの教えと似ているのだとか。でも、クリシュナムルティを読んでいてあまりにもむつかしくて意味がわからなかった、というひとがエックハルト氏の本は平易な文章で書かれているためわかりやすかった、などとありました。

(わたし自身は他の本は読んでいないので比較できませんが)

また、波動、法則、みたいな言葉を使わずに淡々とした文章で書かれているのでスピリチュアルに対して抵抗のあるひとにも読みやすいのだと思います。

わたしがそうでした。やたらと神秘的な言い回しや飾り付けのされた本だったら同じ教えだとしても買わなかったでしょう。また、別の信仰を持っているひとびとにも配慮されていることが良くわかります。ただ事実を理路整然と述べている感、というか。

いまは、自分が長年苦しんで被害者意識を募らせてきた新興宗教のことも、それ以外のひとびとが信じるさまざまな神への信仰についても、等しく敬意を払う気持ちになりつつあります。それでいて、自分は自分。わたしはその団体には所属していないけれど、自分を愛し、自分に正直で誠実であろう、空を、太陽を、木々を、道に生えている草花を、小鳥を、河原を、すれちがう人々を、愛おしく感じながらただここに生きている自分を喜べる人生。それがわたしの幸せだ。ならばいま既に幸せなのではないか。と考え始めるに至りました。


2015-01-14 09.22.33



昔から繰り返してきた怒りから行動化へのパターン。

境界型人格障害のパターン。

自分でも恥ずかしくて、情けなくて、何度もホームページやブログなどをやめようかと考えたことがありました。と言いながらまだ書いていますが。直近では断酒ブログに 境界性人格障害のこと というタイトルで書いています。長い付き合いだなあ。と、自分でも思います。そして、疲れます。

が、いまは別にこのままでもいいや。少なくともわたしはきょう、スマホ水没以外、モノを壊したりしていません。そして、一番大きい変化は、自分が脳内で作り出す「過去の悲劇物語」の主人公ではなく、一瞬だけでも観客目線になることができたことです。

ありがとう。


【断酒日記より】
エックハルト・トールについて言及している記事
【一部朗読】
Youtube - エックハルト・トール再生リスト
【参考外部リンク】
勉強すれば人生変わる 私の現実を広げた情報


ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
by カエレバ
関連記事
日記の関連記事

category: 日記

[edit]

page top△

4人いる!!!

2015-01-11 12.53.42
これも紅葉かしら


最近になって夫の会話で混乱することがあります。

「ん?結局どっちがなにを主張しているのか?」「だれがしゃべってるの?」と。じっさいには会話は成立しているのですが、どうも一対一の会話ではない、もっと深いところでの複雑な役割交代?みたいなことが微妙に混じっているときがあるぞ、と。

そこでユングの言うアニマ、アニムス、についての解説に興味深い部分があったことを思い出しました。夫婦の会話というのは、ともすれば夫と夫のアニマ、妻と妻のアニムス、の四人で喋っている構造になることがままあり、本人たちもそのことに気付いていないことが多いのではないか、みたいな内容でした。

男性原理と女性原理、アニマとアニムス、あたりのことについては河合隼雄の本を朗読したプレイリストの中に出てくる「女性の心の中の男性」「男性の心の中の女性」というところで触れられています。ご興味をもたれた方はどうぞ。





男性原理、と女性原理はどちらが優れているだとか劣っているみたいなことではなくてまさにバランスなのだろうなとやっとわかってきました。実感として。そしてそれが一人の人間の中に存在することもあるし、国家や民族、人類という種族のふかーーいところの集合的無意識の部分でつながっているものなのであろうと。そしてそれは単純にひとことで言いあらわせるような概念ではないのだろうなということも。

学生時代は本で読んだからへぇそうなんだーで終わりだったのですよ。

でも、陰陽太極図だって、自律神経の働きだって、呼吸だって、昼と夜だって、どちらか片方だけに偏ったら困っちゃうわけですよねぇ。

自分が交感神経優位になり過ぎている、と気付いたとき、呼吸が浅くなっているとき、光ばかり見ようとして影の部分から目をそらしていると気付いた瞬間など、そういうことを思い出します。

が、すぐに忘れます。日常の雑事にきをとられて。

おととしぐらいに、わたしはTwitter上で「男性の中の女性性に興味がある」と書いたことがあります。

そのときはまだ自分が何を言いたいのか自分でもはっきりわかっていなかったのですよ。でも、だんだんと自分が何を考えていたのかわかってくる。だけど、いまはそういうことを観念こねくり回すみたいにしている時期ではないみたいで、ドンドコ現実的に手と体を動かすようなことが溜まっていきます。

そういうのに取りかかるのがちょっとめんどくさくて週末はずーーーーーーっと iPad でラブライブっていうゲームやってたけどね!w


2015-01-12 12.41.14
クリスマスのマキちゃんエピソード最高


ラブライブはラブライブで、ほんとは別エントリ立ててアニメ一期を見る前と見たあと、どんな風に自分の気持ちが変わったか、とか、そもそもわたしはそれほどのアニメおたくじゃないのになんでときメモ、サクラ大戦、第四次スーパーロボット大戦、シムピープル、ウルティマオンライン、DAoC,などに、生活が危うくなるほど大はまりしたのか、みたいなことを書きたい衝動があるのですが、ここはそういうブログじゃないのでそれはまた別の時に。

さて、また一週間がはじまりましたね~。

そうそう、先日グレートヒューマニティー聴いていたら、最近トイレ掃除が雑であることをまず元に戻そう、と気持ちがきりかわったのでまた小さいハードルから始めてみようとおもいまっす。


11人いる! (小学館文庫)
by カエレバ



関連記事
未分類の関連記事
  • 4人いる!!!  « «
  • 頼る力 (2015/01/11)

category: 未分類

[edit]

page top△

頼る力




行ってきました恒例の出初式。

わたし、この街に住みはじめたの17歳の時なのに、出初式見に行くようになったのは4年前ぐらいからです。

というのも、この街の市民であるという自覚が薄かったし税金収めているいしきもなかったから。

でも、そこらへんは変わりましたねー。

なぜかお金を引き寄せる女性39のルール、のレビュー (なぜかお金を引き寄せる女性 39のルール 読んだどー! 【2014/10/16 追記あり】 | なんかのたまご http://crao.blog122.fc2.com/blog-entry-859.html) にも書きましたが「○○円も"取られる"」って言葉を使わなくなって思考も変わってきて、今ではおーサンキュー!的な気持ちで公共機関を活用し、必要ならば利用料もふつーのテンションで支払う癖がつきました。

なおみさんの記事を引用した事がありますが、それに似たような事を何処かで再び読んでなるほどーと、納得しましたよ。

感謝をしない、というのは奪っているのと同じことだと。たしかエーリッヒフロムが愛するということという本の中で述べていました。前のわたしだったら「げー!感謝感謝とかさぶいぼ立つわ!そういう話とか無理ー!」って気持ちが強かったのですけど、グレートヒューマニティー一年やってるうちに抵抗が薄れたんですかね。いつのまにかそうでもなくなりました。

きょうは、道道に生えている植物や眩しい太陽、人々、小さいお子さん、お婆さん、いろんな車、生け垣、古本屋、小さな薬局、さびれたラーメン屋。そんなものをただ見るだけで、歩くだけでああー幸せだなあなんて思いました。

昨年からこのブログ放置気味だったけど、なんだかパキっと切り替わったような感じがします。

とくに、Twitterのタイムライン見ているとそう思うのです。まったく連絡をとってもいないし、最近ろくに会話もしていなかったような人びとが、それぞれの旅を終えてまた戻ってきているみたいなイメージ。

ま、わたしだけのフィルターから見た感想ですけどねー。

ともかく、みんなLOVEだよー!そしてことし、わたしは人に頼れる自分になる、任せたり信じるってことを覚えるための時間を過ごすような気がします。





関連記事
未分類の関連記事

category: 未分類

[edit]

page top△

グレートヒューマニティーを聴き始めたころの自分と、今の自分が全然違う

2015-01-08 05.02.39


ふと本棚を見て思いました。

わたし、紙に書いたとおりの働き方が実現しそうなので準備中なのですが、マジで叶ってるじゃん!と。

そして、それよりもすごいのは、グレートヒューマニティーを聴き始めたころの自分と、今の自分が全然違うということ。たしかあのころはごみ拾うのすらいちいち言い訳して恥ずかしいからこっそりやるだのなんだのとゴチャゴチャ書いていたような……w

だから、グレートヒューマニティーもういちど聴くぞーと、シャッフルに入れなおしています。

WJプロダクツのワタナベ薫さんの提供している音声プログラムは2011年のセルフイメージ育成から始まって、2012年が美人のライフクオリティ向上プログラム。2013年がグレートヒューマニティー。ということは2014年の叶え力で4シリーズ目ですね。そして5シリーズ目の今年は「お金」をテーマにした配信が決定しているそうです。先日美人になる方法で告知していたような気がする! (詳しいことは美人になる方法のほうで告知があると思うのでご興味のある方はそちらをご覧ください!)

おととい、叶え力の最終回、ノートの残りもあと4ページぐらい、という切りのいい感じになったところでふと思いました。

わたしがここ数年で一番お気に入りだったりたくさん聴いた内容ってどれだっけ?と。

また、ただ聴いただけでなく、実際になにかの行動に反映されてその結果大きく現実が変わったこととはどんなことだったかしら?と。


2015-01-08 05.02.39



それを走り書きしたり、iTunesの履歴を見ているうちに、美人のライフクオリティ向上プログラムの第一回目の掃除の部分と健康の部分、そして、グレートヒューマニティーの募金みたいなことに関する部分がかなり大きな変化をもたらしている部分だという気がしました。

他にもきっとあると思います。自分では意識していないだけで変わっているところ。エーリッヒ・フロムの「愛するということ」を朗読してUPしちゃったり、なんてのも、音声でたまたま名前が出てこなかったらやらなかったかもしれません。

そう。おもいだしてみるとものすごくたくさんのきっかけを得ているのですよ、この3年間で。

いままでのように具体的、個人的なことは書きませんが、とにかく良かったです。音声!

最近書籍などでワタナベさんの存在を知り、音声プログラムがあるということを知ったばかりの方も多いことでしょう。昨年、おととし、そのまえのものはすでに製品化されているので、ピンときたらパッと取り組んでみるのもいいと思います。またこんどーって見送るのもいいと思います。

ピンとくるタイミングはひとそれぞれ。プログラムは逃げません。

わたしはもう一周?もう一回?(笑) グレートヒューマニティーを聞き流し生活、はじめまーす。期間はたぶん数ヶ月ぐらい。

とくに、

第3回  器を大きくし人との違いを受け入れる
第4回  自尊心を持って主体的に歩む
第9回  人として美しい“謙虚さ”
第10回 品格あるお金の遣い方


上記の回、ほんとうに素晴らしいのです。わたしにいちばん欲しかった内容っていうか。

いまはそんな感じでーす。

関連記事
2014年 叶え力の関連記事

category: 2014年 叶え力

[edit]

page top△

2015年、あけましておめでとうございます!


2015-01-03 11.27.38
だいきちっ!


ひゃー!もう7日なのですよね!!

今年の年末年始はパソコンどころかスマホもあまり触らない、という過ごし方をしたので、これが今年の初記事でーす!ことしもよろしくよろしくー!

きょうのバイブス : 新年明けましておめでとうございます!に、新年最初の記事をUPしているのですが、あらためて。

今年もよろしくお願いします。

さてさて、さっそくなのですが、叶え力。最終回が31日に配信されて、書き出しはまだだけどとても感慨深くノートを振り返りました。2009年ぐらいからのタイムテーブルとか雑記用のノートは、あまりにも場所を取るためほとんどを雑紙の日に出しました。

が、2012年~の音声プログラム用のノートはすべて保存してあります。

2013年からはノートを持ち歩きやすいように、仕事帰りに気軽に書き出しができるように小さめのものにしました。それと、安いノートを使うのをやめてみたり、丁寧に書くように心がけたりなんてことをし始めたのもそのころから、かな。


2015-01-07 03.30.01
コンパクトですごくいいです


そして2014年の叶え力ですが、具体的に○○を叶えるって感じよりも「そもそも自分はどういう状態を望んでいるのか?」ということを暴き出すような一年となりました。結果、こことは別にサブのブログを作って断酒日記を書いているうちにいろんなことがクリアになり始めた感があります。

断酒、というか、お酒を飲み過ぎてしまうことについては一年以上前、浅倉美弥コーチとのセッション中にも、もっと前にもいろんなところに書いたり、主治医に話したりはしていたんですよね~。そして、一緒に暮らしている夫も、わたしの飲み方はちょっとまずいんじゃないの?と見ていてわかっていたのだと思います。

それに、前の職場のひとびとも、仕事帰りに良く寄るようになった飲み屋のマスターなんかもそうだったかも。

でも、わたしの場合はまだなんとか社会生活ができている「ように見える」し、健康診断の結果やBMIも特に問題がなかったものですから、やっぱり言い訳して飲んじゃうんですよ。自分も。周りも。

だけどお酒ってやっぱり毎日飲むものではないな、と思うようになりました。まして昨年の夏からのわたしは、昼ごはんのお供にビール、って感覚が当たり前になりつつあったので、その時点でストップしたのは正解だったといまでも思います。わたしの性格からすると遅かれ早かれ朝から飲む、みたいな生活になっていてもおかしくなかったとわかるからです。


2014-12-11 21.05.14
ノンアルは、あります!


あと、たばこ!

先日の比較写真を載せた記事 (禁煙3ヶ月ぐらい?写真比較 - なんかのたまご 2014/12/29 Mon. 02:40) は、禁煙一ヶ月後の写真が若干暗く写っている気がするのであんまり比較になってない気もしますが、それを差し引いてもやっぱり顔のどす黒さが抜けていると思います。そして、見た目だけでなく息の吸いやすさ、自分が臭くないこと、歯磨きとリステリンを異常に繰り返さなくて済むことなどなど、メリットてんこ盛り。幸せってこういうことなんだなぁとしみじみ思いますよ。

いま、夫の煙草が目の前にありますが「それを欲しがらない自分」っていう状態が一番うれしいのです。昔、だれかわたしを煙草のない世界につれてってー!なんて切実に思ったことがありました。でも、そんなの無理ですもんねー。お酒も同様です。

こうして振り返ってみると、叶えたいこと、叶いまくってます。

ONKYOのステレオ、DALIのスピーカー、欲しかったブランド物、みたいな物質的なものもなんとなくいつの間にか家に来たみたいな感じでそこにあります。

そして、自分が欲していたもっと深いものにやっと気づけたみたいな気がします。

浅倉美弥コーチとのセッションは、当時はいったん中断しましたが、やっぱりあのころ美弥さんとのやりとりをしたことはあとになって生きてきました。


2015-01-07 06.03.28
LOVE!!


そして、ぐちゃぐちゃでけもの道みたいになっていた部屋の状態から始めたワタナベ薫さんの音声プログラムシリーズ。これで3年目の最終回が配信されたわけですが、自分の人生全体の流れの中でこの数年間はすごい時間を過ごしたのだな、という気がします。

実際にそのさなかにいるときは自覚ないんだけどね。

(ていうか、良くなってるという自覚がないからワーワーキャーキャー騒いですいませんでしたwww って感じ)

というわけで、新年のご挨拶&近況まとめでしたー!


【追記】
パソコン起動するのめんどくさい病とスマホアプリの快適さの兼ね合いで、本来こっちに書くような記事を断酒日記のほうに書いちゃってることが多いのですが、ことしの春ぐらいから、たぶんわたしパソコンめんどくさいとか言ってられないような仕事をする可能性があるので、また更新スタイルも変わると思います。でもしばらくはやっぱりスマホからライブドアの断酒日記に気軽に投稿って感じになっちゃうかも!

というわけで、適当にイイ感じでよろしくよろしくー!!


関連記事
2014年 叶え力の関連記事

category: 2014年 叶え力

[edit]

page top△




ベトネベートクリーム