02// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //04

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

ヨクイニンは身体を冷やさないのだそうです

この記事は
http://nankano-tamago.com/yokuinin-hiyasanai/
に引っ越しました
関連記事
ヨクイニン・漢方等の関連記事

category: ヨクイニン・漢方等

[edit]

page top△

昨日にアディオス!

気を張っている最中って案外無理がきいたりしますね。

そんで、そのまま頑張り続けていると麻痺するというか、まあ慣れるのでしょう。その慣れをある人は「成長したな~大人になったな~」とか「そのままの調子で頑張れー」とか言います。また、その慣れの中で誰もが自分をすり減らしていることを認識しているにもかかわらず、そうやって身を犠牲にしていることをお互いに当然のことだと思い込んでいるような雰囲気ってあると思います。


2014-03-30 11.04.14
自分が萎れるまえに鉢植えが萎れました


仮に急病で倒れても、あと数ヶ月で死ぬとわかったとしても、そのときになって後悔しても遅い。おまけにそうなったらなったで誰も身代わりになることは出来ない。痛いのも苦しいのも死ぬのも自分なのに。

なぜかみんな10年後も20年後も同じ日々が続くと思っている。

そして「俺がやっているんだからお前もやって当然だろ?○○しないのは甘えだよ」などと思っている。

そんなことを思いました。

姿変えには慎重でなくてはならない - なんかのたまご 2014/01/07 Tue. 10:36 に書いたとおりです。しかしこのあとが長かった!!

いつの間にか「嫌われたくない良い人だと思われたいとりあえず安定しているし無難なほうがいい」という気持ちが自分の中で大きくなっていて、それをどうにか振り切らないと動きがとれない。でも、怖い、みたいな。

特にここ一ヶ月は、焦れば焦るほど、いい感じから遠のいていく……(ような気がする)

でも、傍目にはうまく行っているようにしか見えなかったらしくて、自分もあんまり結論を急がないようになどと思って様子見していました。

そしてあることに対して「腹の虫が収まんねぇ!!」って気持ちを抑えられなかったため、ノートを出してきてアレコレ書いていました。それでもどんどん怒りがヒートアップすることはありますね。

「冷静にー感情抜きにー」とか「ここから得られる教訓があるとしたらなんでしょうー?」とか無理なもんは無理!そんな心広くもてるわけがねーだろーが!!(怒)っていうときもあるんだなぁとよーくわかりましたし、別にそれはそれでいいんじゃね、と。


2014-03-31 10.42.06
一晩寝たら気が済みましたので赤ペン先生してみました


んで、また、さいなら~!!です。

ノートごと、アディオス!


2014-03-31 10.42.28
Hasta luego(また今度ね~)ではなくてAdios!(あばよ!)です


「バーカウンターバーカウンター♪ うっせーバカボンのパパー♪」

とへんてこりんな歌を歌いながらサクッと片付け!&洗濯干しました。

そして次の活動へSwitch!サッサと次ー!!

そんな感じで過ごしていたら復活しましたよ、鉢植えもわたしも。


関連記事
日記の関連記事

category: 日記

thread: 日々のできごと  janre: ライフ

[edit]

page top△

そんな感じ。


さっき、「なんとなくそんな気がする」

というタイトルだけ書いたら指が滑って一瞬にして「記事を保存」ボタンにカーソルが移動したかなにかで、そのままEnterキーを押したので空白記事がUPされました。

う~ん。

きょうから、自分の中では新しい区切りなので、超ひさしぶりに昔のやり方を思い出してTodoリスト兼タイムテーブルをざっと書いていました。

Todoと言っても洗濯だのアイロンだのという、本来なら日常のルーチンみたいなことも混じっています。でも、ここのところそういう基本的なルーチンすら乱れに乱れていたため、一回自分の行動のクセ付けのために一週間ぐらい幼稚園児みたいなやり方を採用してもいいかなぁなどと思いつつ……

ひとつ終った行動があったので、赤ペンでOK!

懐かしい!1年ぶりです。こういうの。

「なんとなくそんな気がする」ということについては、うまく説明できません。

ただ昨日あたりから、「○○だから」「根拠がある/ないから」「一般的にはこう言われているから」「理屈ではこうなるはずだから」「今までの経験ではこうだったから」みたいなことを一切無視して行動しています。

それと、グサッときたとか傷ついたとか悲しかった&だんだんムカついてきた!!(プンスカ)みたいな気持ちをそのまま漂わせています。消そうとか無視するつもりはないけど、別にそれだけが自分の全生活ではない、みたいな感じ。

「感じ」って大事ですね。

そんな感じ。


2014-03-30 11.20.29
なんかやな感じー!さいなら~!

関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△

なんとなくそんな気がする

関連記事
思うことの関連記事

category: 思うこと

[edit]

page top△

知らんうちにサーモスタットの目盛りが上がっとる - お金とわたし

さっき、唐突に思い出したことがあります。

ポール・マッケンナの催眠音声のなかに「あなたの心のなかのコントロールルームへ行って、豊かさのサーモスタットを探しましょう」みたいな部分があります。


2014-03-27 01.56.59
億万長者のほうも、声優さんは銀魂の土方でした


この音声(というか、書籍)は、課題に取り組むことはおろか、本をちゃんと読むこともしないまま飽きて手放してしまいました。今となってはちょっと勿体無いことをしたと思っています。

で、先日夢の中で見た情景を思い出しているうちに、とても美しい外国の風景のなかの二叉路に佇んでいたシーンを思い出しました。急な坂道の途中にラベンダー色をした扉があったことを思い出して、半覚醒状態でそのドアを開けてみました。

中に入るとそこはなんと、むか~しポール・マッケンナの「億万長者脳」に付録でついていた音声を聴いていたときに何度も空想した豊かさのサーモスタットのあるコントロールルーム。

わたしが何度も思い描くうちに固定化されたイメージでは、そのコントロールルームはまるでボイラー室のような部屋で、淡いグリーンのつや消しペンキで塗られた計器などが壁一面に取り付けてあって、その一部分が豊かさのサーモスタットということになっていました。


143de3771e9233b066e5f9a0960dcd75.png
まあ懐かしい


わたしが以前この「豊かさのサーモスタット」ということについて書いた時(2013/07/04)の記事によると、最初の設定温度は一万円。「新宿まで出て行く交通費がないから友達と会えない」意識のまま聴いていたらしき記録が残っています。

そして過去記事にも書いたとおり、頑張って上げても30万円のところで「無理無理無理!そんなお金どこから入るのよ!」としんどくなっていました。

この音声をはじめて聴いたときのわたしのサーモスタットの目盛りはなんと、一万円! 

空想の中で、サーモスタットの数字を限界まで上げまくっても、わたしなかの目盛りは30万円まで上げると「あーもうむりむり、そんなお金どこから手に入るのよ」という気持ちが沸き起こるので、最終的には3万円ぐらいに目盛りを戻して催眠の続きを聴いていた記憶があります。

そんなことをしていた時期、体重も、顔面のたるみも、部屋の散らかり具合も、起きる時間を含めた生活習慣も、対人関係も、ぜーんぶいまよりも基準が低いところにありました。

豊かさのサーモスタット - なんかのたまご 2013/07/04 Thu. 21:48



その後、ポール・マッケンナのほうは取り組む時間が取れないのと気が乗らなかったので本を手放し、催眠を聴いたとしても「自分を駄目人間と思っている人用」というタイトルのつけられたニコ動のほうを聴いていました。

で、です。

上に書いた夢から覚めた半分寝ている状態の時にひっさしぶりに入ったコントロールルームで、わたしは目盛りをいじってみました。

そして、その時パッとイメージした最初の設定温度(金額)は、10万円よりちょっと欠けるぐらい。

それを30万円まで上げてみました。ダイヤルを回して。

そこで気づいたのが、少ない、とまでは言わないけれど別に大騒ぎするような金額ではないわね、と自分が感じていることでした。

そのまま目盛りを上げて上げて500万円ぐらいまで上げると、さすがに現実味がない気がしましたがそこは空想の世界ですので自由。一千万円まであげちゃえー!と、グイーンと上げて、想像しました。


2014-03-27 00.58.07
絵が下手すぎてアレなんですが、サーモスタットの目盛りはこういうふうにダイヤルで操作するという設定


もし数百万円が気楽に稼げ、何かに投資したり勉強したり楽しいことをするために使えるとしたら?気分はどんな感じかな?自分は何をするだろうか?と。

そうやっているうちにだんだん本格的に目が覚めてきてしまったので、サーモスタットの目盛りを15万円ぐらいまでに戻して、コントロールルームを出る、というか電話がかかってきてしまった為ガバっと起きてそのままトイレやら洗濯やら朝の支度やらをし始めて忘れて過ごしていました。

これって、いま(夜中)になってふと思い出すとすごいことなんですよ。自分にとっては。

わたしはお金をおっかながっている!と。

数十万円を手に持っただけで手汗と不安と吐き気が……みたいな場面がありました。その時はさすがに自分でも「気が小さいにもほどがある!」って笑ってしまいました。
お金とは? - なんかのたまご 2013/04/22 Mon. 08:33



このように、一万円を手に持つのが怖かった人間が、最初のスタート時点の目盛りを10万円にして、そのあと500万円まで目盛りを上げた映像をイメージして

「うーん、なにしようかなぁ~フランスで中世のゴシック建築見たあとイタリアに行ってルネッサンス期の空気を感じるっていうの、やってみたいのよねぇ。そのためにはある程度勉強してから行かないと面白く無いわ。どんな本読もうかなぁ~今度ググるか」

などと考えてニヤニヤしながらいい気分になっているのですから。


億万長者脳 大富豪に聞いた富の心理とお金の稼ぎ方
by カエレバ


初めて億万長者脳のCDを聴いた時期、たぶん3,4年前はこういうことを考えていました。

「もし1万円じゃなくて1万5000円、いや、2万円!が、気楽に使える金額だったら…… そうだ!298円のセロリを躊躇なく買って、野菜の値段を気にしないでカゴに入れる!あと、アボカドとか豆とか海苔とか大葉も値段をいちいちチェックしないで買う。そして入浴剤も日常的に使えるようになるぞ~」

こんな空想です。

死にたくないダイエット1 - なんかのたまご 2011/07/21 Thu. 21:07 に書いたとおり、2009年ごろのわたしは2万円の食費でどうにか二人分の食事を作らなくてはならなくて、お小遣いはゼロなのでお金を浮かすためには必然的にスーパーの特売品をゲットすることばかりに意識が向いてしまっていたわけですよ。

その名残が、数年たっても残っていて、2011年ごろはまだお金が怖かったです。

あのときと、いまとの違いを考えると、わあ~すごいー!って思います。

そして、ついさっき風呂あがりに夫を迎えに行きついでに立ち飲み屋に行ったあとわたしはスーパーで野菜を買ったのですが、その時に特に金額のことを考えずに必要な野菜をカゴに入れ、特にお金に対する不安みたいなことを感じずにお会計を済ませ、募金箱にお釣りを入れ、夜の道を夫と喋りながら梅を眺めたりして楽しく帰って来ました。


2014-03-26 23.46.27
こういうの、以前は底値でなくては絶対に買いませんでした


気がついたらなにも考えずに気安く黒豆買ってたーーー!!!

あと、セロリも買ってた。ワーオワーオ!


【過去記事】
ポール・マッケンナの本やCDについて (神経言語プログラミング) - なんかのたまご 2013/04/27 Sat. 18:48
ポール・マッケンナの日本語版音声が真選組の土方だった件 - なんかのたまご 2013/06/24 Mon. 14:05
関連記事
お金とわたしの関連記事

category: お金とわたし

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△




ベトネベートクリーム