04// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //06

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

ストライキ

微熱が、ずっとさがりません。ずーっと37.5℃ぐらいのままです。

病院に行ってレントゲンも血液検査もしましたが、アレルギーの陽性がわかった程度で、特に病気があるわけではないみたいです。

これはもう、自分のからだがストライキを起こしていると考えたほうがいいのかな、と思いました。

この二週間、最低限の家事以外は寝ていました。少し前のわたしだったら「○○しなくちゃいけないのに!」「寝ている場合じゃないのに!」と、焦ったのだと思いますが、今はそういう焦りがほとんどありません。そして、熱と身体の痛みでつらい思いをしている間は普段から飲んでいた不安を抑える薬が必要ないことにも気づいて、いったいなんなんだ、という気持ちになりました。もしかすると心身症や自律神経ウンタラカンタラの領域かも、と思いましたがこのことについては今は保留しています。

寝て起きて寝て起きて、の間に、昔から自分に合わないのだと決めつけてきたジャンルの物語に興味を持ちました。なぜ、若い時から特定の番組が放映されているとその場に居られないほど苦痛だったのか、の糸口がつかめたので見てみることにしました。

ここ2,3年は、好きなこと、楽しいことに囲まれることばかりにエネルギーを注いできましたが、嫌いなモノ(積極的に嫌わなければいられないほど、無視することが難しいモノ)に目を向ける準備ができたかも、という考えを確かめるためです。だから「ホントに無理!」と思ったらすぐにやめます。

あと、アレルギーは布団とじゅうたんをなんとかすることがまず先なので、さっそく掃除機の徹底と高密度布団カバーで改善しようと思います。とりあえず、寝るわ!

2012-05-25 08.19.55
昨年までは気付かなかったけど、家の前にこういう花がつぼみをつけていました
関連記事
健康の関連記事

category: 健康

thread: 健康で元気に暮らすために  janre: 心と身体

[edit]

page top△

大袈裟さん

今朝起きてみて、昨日とさほど変わらない体調なのだけど「あーこれ普通にみんながかかってる風邪だわー」と思いました。

昔、あっちが痛いこっちが痛い、痒いだの違和感があるだの、大袈裟に騒ぐひとのことを面白おかしく揶揄した小説を読んだことがあります。

わたしはそれを読んだ時「老人はこれだからもう~」とか「いるいる!こういう人!」などと思いました。でも、自分が今同じことをやっていて、笑ってしまいました。

ただ、以前も書いたように、身体の不調に対して敏感だったり、先読み心配性っぽい人は、きっとそれなりの理由があってそうなっているのだと思うし、別に悪いことではないとも思います。それによって病院をハシゴしたり周りに迷惑をまき散らすなどの行為をせず、自分の中だけで解決できるようになれば、きっと、健康で長生きするタイプなのでしょう。

逆に、我慢強かったり痛みや冷えを良く耐える方、責任感が強くて無理をしてしまう性格の方は、ある時大きな病気がいきなり出たりしてしまう話を良く聞きます。良い人ほど早く亡くなってしまう、というのはそういうことだとも聞きました。

わたしはキャーキャー大騒ぎして、結局最後まで生き残る典型的心配性主婦キャラになりつつあるようです。自分がもし、何かの物語の登場人物だったらあだ名は「大袈裟さん」だな、と思いました。


osoroshiiko.jpg
ガラスの仮面の登場人物のリアクションもある意味大袈裟ですね。











関連記事
健康の関連記事

category: 健康

thread: 健康で元気に暮らすために  janre: 心と身体

[edit]

page top△

会うべきひとには自然に会える

「風邪、治りました~」みたいなことを言ってから、微熱が出たり食べられなかったりが続いて、結局今朝も起きてすぐの体温は微熱アリ、でした。


2012-05-10 07.58.41
とにかく食べられない!こんなことは珍しいです


わたしは今週、予定を2つキャンセルしました。

ひとつは仕事の打ち合わせ。新しく始まっていることや、直接話しを聞かないとわからない細かなことまで、しっかり聞いてばっちり原稿を書くのだと張り切っていたので、どこか焦っていたり申し訳ない、という気持ちがあります。あと、単純にお金が入ってこなくなるので元気になって仕事がしたいです!


2012-05-16 10.14.54
精神的ショックで大酒飲んだのがトドメになって本格的に風邪ひいたっぽいです


もう一つは、神岡シンゴリスさんという方に会ってみたくて申し込んだ、8人という少人数の美肌セミナー。神岡シンゴリスさんという方を知ったきっかけはたしか「アルコール 依存」などのキーワードで検索していた頃です。

知ってから、たぶん2ヶ月ぐらい経つのかな。

最初にヒットしたページは縦長の情報商材系ページだったので「ああーこの手のやつね~」と思いました。だけど、なんとなく心に引っかかるものがあって、無料メルマガだけ登録してみました。過去の経験だと、たいていはメルマガを3回分ぐらい読んで「ああ、やっぱお金巻き上げる系の情報商材だな」とおおよその内容がわかったところでフィルタリング設定で削除にしていたのですが、今回はちょっと違った展開になりました。



神岡シンゴリス 心理カウンセラーがカウンセリングの心理を語る


Youtubeに、神岡シンゴリスさんご自身がいろいろなお話をされている動画があがっているのですが、それを聞いているうちに、いろいろと感じ取ったものがあったのですね、私なりに。

神岡シンゴリス Official WebSite

神岡シンゴリスさんは心理カウンセラーの資格をお持ちですので、心理学のお話もなさいますが、「波動」という言葉が出てきたり、スピリチュアル系のお話も多いです。普段のわたしなら「波動」という単語を聞いた時点でシャットアウトなのですが、そこまでスピリチュアル界隈の話を嫌っていたのに、どういうわけか動画が良くて繰り返し見てしまいました。

声って大切ですね。わたしが声と話し方を重視するタイプだからなのかも知れませんが「あれ、なんでこの人こんなに自然にリラックスしてるんだろう」と思いました。

わたしの生きている、ドタバタセカセカした世界とは空気が違うなぁと。


2012-05-09 04.08.01
必死すぎ


ちなみにわたしのスピリチュアル嫌いについては、知識がないのにイメージだけで避けていた、というのが大きいです。

そもそも「スピリチュアル」という言葉の意味をさっきまで知りませんでした。昔、江原さんというひとが出ていた番組が放映されていた時期は、テレビの前に座ることが出来る状態ではなかったので、世の中のブームや雰囲気についての前知識も乏しいです。

あと、夫が身に着けている大きなお念珠のようなパワーブレスレットみたいなのも、正直に言うと、心のどこかではバカにしているところがあります。でも、夫が運気があがると信じて身に着けているのなら尊重しようと思って、水晶のさざれ石をブレスレット置き場にプレゼントしました。


IMG_20120430_084846.jpg
と、自分は関係ないみたいなことを言いつつ、便乗してアクセサリーを置かせてもらったこともあるからただのツンデレかもしれません


で、スピリチュアルの意味ですが、辞書的にはこのようになっていました。

1.[名]米国で、民衆の中から生まれた宗教的性格をもった歌。ブラックスピリチュアル(黒人霊歌)・ホワイトスピリチュアル(白人霊歌)・ゴスペルソング(福音賛美歌)など。

2.[形動]精神的な。霊的な。宗教的な。「―な世界」
 スピリチュアル【spiritual】の意味 - 国語辞書 - goo辞書 

スピリチュアル すぴりちゅある (サイエンス)
spiritual。
精神的な。神霊的な。霊的な。「フィジカル(physical)」の反対語。
スピリチュアルとは - はてなキーワード



流行としてのスピリチュアルについては、この一文が簡潔に説明している気がします。

スピリチュアリティは、社会現象としてみると、占いや 瞑想などとの関係が深く、「霊魂や神はいると思うけど宗教団体に所属して信仰を持つつもりは無い」というような人々の心的態度や実践である。

 スピリチュアリティ - Wikipedia


いまは、嫌いでも好きでもない、という感じです。わたしにフィットするかどうかはまだわからないけど、そのような世界を否定も肯定もしない、というスタンスに落ち着きそうです。


2012-05-05 16.07.57
それとは別に、神社仏閣を見るのは普通に好きです


「両親を許せない状態での『成功』は、報復にあたります」
「知らず知らずのうちに自己敗北の行動を取ってしまう」
「問題が問題であることを許す、ということです」


このような動画の中の断片的な言葉がずっと心に残っています。

それから、自分が元気いっぱいなときの、病気のひとに対しての想像力のなさ、冷たさ、傲慢さ。そういうところにも気づいたりして、この、体調のすぐれない10日間はいろいろなことを考えました。

会うべきひとには、必死にならなくても自然な形で会う時がくる、と思いました。ちょうど、先日出会ったバーバラ・ボニーの動画のように、です。
関連記事
日記の関連記事

category: 日記

thread: ある日の風景や景色  janre: 写真

[edit]

page top△

もらい泣き

Youtubeで偶然クリックしたこの動画。


声楽レッスン ベルカントと「声の闘争」 - YouTube

このバーバラ・ボニーという先生のことを知らなかったのですが、動画の男性が感極まって泣きそうになってしまうところでわたしも泣きそうになりました。というか、ダーダー泣きました。

声楽を習っていた妹が「自分が出しているなんて信じられない声が出た瞬間があった」と言っていたのを聞いたことがあります。わたしは歌を習ったことがないですが、うらやましいなぁと思いました。

この動画の男性は、ほんとうにほんとうに歌うのが好きなんでしょうね。感謝にあふれている。


その輝かしい声質、万人を虜にする暖かい人柄、バロックから20世紀音楽まで広いレパートリーのどのようなスタイルにも対応できる柔軟性が称賛を集めている。 KAJIMOTO | アーティスト | バーバラ・ボニーより引用


動画の中で、ボニーは「教師の指示通り努力するだけでは何かを見失ってしまいます。別世界への最後の扉を開くカギを見つけるべきです。今それを見つけましたね」と言っています。また、初めての経験であるということが大切だとも。

一人の人間の中でパッと何かがひらいた瞬間を見せてもらった、みたいな気持ち。

わたしも何かをパッとひらきたい!

関連記事
音楽・映画の関連記事

category: 音楽・映画

thread: 音楽のある生活  janre: 音楽

[edit]

page top△

習慣は強し

ゴールデンウィーク期間中に風邪をもらってきたらしく、わたしにしては珍しく38度を越える熱を出しました。

一晩で下がったので、もう安心ですが、まだ胃腸の具合が戻っていません。それでもさすがに3日連続でごはんを出さずアイロンもかけず、というわけにはいかなかったので、今朝は通常通りに起きて通常通りに支度をしました。


2012-05-10 07.57.44
オートマチックシステム作動


起きたらすぐにiPod shuffleを胸の前合わせに挟んでイヤホン装着。ワタナベ薫さんの音声プログラム1~3回目までが一周するぐらいの間にアイロン掛けまですべてが終わりました。

今日は夫が出勤したらすぐに寝ますが、今日思ったのは「習慣というのはやっぱりすごい」ということです。精神的、肉体的になにかトラブルっぽいことが起きたり、普段と違う出来事に直面したときこそ、半自動的にゆるくもとの生活に戻っていける。これが習慣づけの強みだということを改めて実感しました。

今回のわたしの場合、月曜日にショックな出来事があり、それは精神的な打撃としては中レベルよりやや上な感じでしたので、尚更でした。そこに風邪も重なってしまいましたが、ほんとうに「ゆるく、半自動的に」という感じで日常が戻ってきそうです。

これは「やらなきゃ!」とか「頑張らなくちゃ!」という義務や努力のように必死に強制されてやることではありません。むしろ、歯磨きみたいな生活習慣として当たり前のこととして染みこむ感があって、楽です。

笑って「行ってらっしゃい」と夫を見送る平凡な朝が、とても幸せです。


2012-05-10 08.47.39
普通の朝のなんと有難い事か!


【追記】
ワタナベ薫さんのセミナー予定が公開されています。

セルフコアステートメントセミナー Self Core Statement Semminerあなたの人生の羅針盤を見つける4時間セミナー「どんな人生の荒波にも負けない」

ワタナベ薫さんのスタンスは、自分のプログラムは劇的ビフォー・アフターをもたらすものではない、答えはあなたの中にありますよ、ということで終始一貫しています。

わたし自身はセミナーに行ったことはありませんが、音声プログラムのほうを第三回まで聞いているうちに「誰かになんとかしてもらおう」だとか「○○のせいでうまくいかない」といった依存的/被害的な自分の考え方が少しずつ変わってきた気がします。

また「モチベーションは必ず下がります」という前提でお話をされる方です。音声プログラムにしても、聞くだけで精一杯だった。書き出しが出来なかった。と、自分を責めてしまっている参加者の方々に対して「それでも全然大丈夫です。心配することはありません、ただ、ちょっとだけ音声を聞く回数を増やす努力をしてみてください」と、ハードルを下げた言い方をなさいます。

ワタナベ薫さんの音声プログラムは「強制」されるのが大嫌いなわたしには合っていたみたいです。とてもラッキーでした。残り8回分も、楽しみながら続けたいと思います。

関連記事
2012年 美人のライフクオリティ向上プログラム の関連記事

category: 2012年 美人のライフクオリティ向上プログラム

thread: 健康で元気に暮らすために  janre: 心と身体

[edit]

page top△




ベトネベートクリーム