10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

千葉海音さんのライブに行ってきました (3年ぶり2回目)


デジャヴだわ、このタイトル。

と思ったら思いっきり同じタイトルで4年3年前に記事書いていました。

千葉海音さんのライブに行ってきました - なんかのたまご 2011/08/09 Tue. 17:36

あれから4年3年!(単純な算数ができないのがまたここでも発覚!恥ずかしい!)と数ヶ月。

面白いゆめをみて、起きて、いつものように断酒日記を書いて、それからTumblrに思いついたことをずらずらっと書きました。

そしてさっき外を歩いているときにふと思いました。

所有するということについて。

これはTumblrに書いた「在る」ということと関係がありそうな気もしますが、先日から欲しくて欲しくてたまらなかった三角形で紫の葉っぱのオキザリス。名前が分からないけれどときどき見かけるオキザリス。それがすぐそこに生えているということに気付いてしまいました。


2014-11-17 15.43.36


このオキザリスはそんなに希少種というわけでもないのでしょう。よそのお宅のプランターに何気なく植えられているのを見ることもあります。でも、どんなに好きだからと言ってまさか見ず知らずの家の壁や庭が写ってしまう場所にスマホのカメラを向けることもできないので、あああ~あれ欲しいなぁと毎日のように思っていたのです。

そしたらまるでそこらへんの雑草みたいに、生えてる!

たぶんこれはどこかの誰か、無数に種類のあるカタバミ愛好家の方が勝手に植えた、みたいないわゆる花ゲリラみたいなことなのでしょう。その近くにはさりげなく園芸種の植物が点々と植わっているのです。それをほほえましく見ながら写真を撮って、わたしもこのオキザリスを買おう!そして自分の軒下で育てよう!と、一度は思ったのですが……。

「わたしの」オキザリスってなに?

ついさっき、そう思ってしまいました。

ではあそこに植わっているオキザリスはいつでも見ることができてそこに「在る」のに、そして現に見ているわたしもここに「在る」のに、なぜ自分専用の同じ苗をわざわざ買おうとしているの?わたしはコレクターになりたいの?自分のものではないと感じるオキザリスには価値がないの?と。

「いまここにない何か」に対する渇望感とそれが手に入らなかったときの失望。そんなことを繰り返していたこと自体が上の空で生きている証拠かもしれないな、と思いながら家に帰ってきました。


2014-11-18 19.37.09


ここで千葉さんのお話にもどります。

わたしは2月にライブを予約したのだけど、当日どうしても行けなくなり悔しい悔しいとしばらく騒いでいました。そして昨日も、外出自体禁止だったので、行けるはずもなかったのですよ。

千葉さんから直接譲っていただいた過去のCD3枚を、ただただ見つめて、ああーもう聴きに行けないならもういい、なにやっても意味ないからただひたすら地味に暮らす。クリスマスもお正月も出かけないしお風呂も入らないし家からも出ないし最低限のことだけやって寝て暮らすわ。みたいにすっごくふてくされていました。いま振り返ると駄々っ子みたいで恥ずかしい。 (とは言えそれを最大の「底つき体験」と位置付けたことによって断酒を続けることができていますので結果オーライではあるのですが)

でも夫の温情(笑)で、歌を聴きに行くことができました。

ライブの内容、曲目、どんなお話を聴いたか……。このブログにはそんな内容をたくさん書こうと思っていたのですが、なんとなくいまは違うな、って気がするので Tumblr と断酒日記に書いた分だけでおしまいにしておきます。

2014年11月18日、渋谷にて千葉海音さんのライブへ。15年目の結婚記念日でもある。 ... | なんかブラー

きょうのバイブス : ちょっと一杯などという一杯はない November 19, 201400:45


ピアノの目の前の席で、全身に音の波を感じた昨晩。

一瞬前でも過去は過去だけれど、わたしは4年前の人形茶館にも、昨晩の渋谷のレストランにも、自由に好きなタイミングで戻ることができる。その瞬間、自分の全身の細胞が喜んでいた、あの意識状態にアクセスすることができる。だから、もっと見たい、もっとCDを聴きたい、もっと歌を聴きたい、もっともっと……という所有欲はいらない。そんな気がしています。

「所有すること」「過去と今と未来」という概念が、ガラッと変わってしまった。

それが、今回のライブで個人的に感じたことです。


2014-11-18 19.19.31
スポンサーサイト

category: 千葉海音

[edit]

page top△

Lascia ch'io pianga (私を泣かせてください) レチタティーヴォ

アクセス解析を見てみたら、”私を泣かせて下さい レチタティーヴォ” ”Lascia ch'io pianga レチタティーヴォ” での検索が増えているに気付いたので、載せておきます。


IMG_20140610_082148.jpg


Lascia ch'io pianga (私を泣かせてください)
【作曲者】Georg Friedrich Händel
【出 典】Opera "Rinaldo"
【台 本】作者不詳

Armida, dispietata colla forza d'abisso,
rapimmi al caro Ciel di miei contenti,
e qui con duolo eterno
viva mi tiene in tormento d'inferno.
Signor! Ah! per pietà lasciami piangere.

奈落の力を持った情け知らずのアルミーダは
懐かしい歓びの天上から私を奪い去り、
ここで、永遠の苦しみを持った
地獄の責め苦の中に私を生きたまま閉じ籠めている。
主よ、ああ、どうか私を泣かせてください。

イタリア歌曲集(1)中声用 [新版]より引用)


ここからさきは、おなじみのヘンデル <リナルド> のアリアです。いまYouTubeで検索してみたら、レチタティーヴォの部分を歌ってる動画、あんまりみかけませんね。

わたしが「アルミーダ!ディスピエターター!」って、歌っているのを初めて聴いたのは黒色すみれです。

【過去記事】 きゃーーーー♪♪ 2013/05/23 Thu. 08:14

それから、この2枚組のCD。

これと、本があればイタリア歌曲はほぼオッケーってぐらい充実していました。練習なさっている方、頑張ってくださいね♡

イタリア歌曲集
by カエレバ

category: 音楽・映画

thread: オペラ  janre: 音楽

[edit]

page top△

独身3人男のおかしな生活 - 神はすべてをつくりたもうたスペシャル

わたしと、ジェイムズ・ヘリオットの本との出会いはもうはるか昔のことです。

たぶん高校ぐらい。動物にさほど興味がなかったはずのわたしが

『ヨークシャーの田舎に住む心優しい獣医さんのお話』

みたいに紹介されている本をなぜ手に取ったのか、いまでも不思議でなりません。でも、この本は20年以上の時が経っているにもかかわらずわたしの元から離れたことがなくて、読まないけれども捨てる気はない本、としてずーっと段ボールの底に眠っていました。

で、なにかの拍子にこの本を思い出して

「タイトルわかんねぇ!なんだっけ!なんか、こう、豚の子宮脱を頑張って押し込んで腕が限界まで痛くなってヘトヘトなところで最後になんとかなる話が載ってる本だよ!誰か知らないかなー?」みたいなことをTwitterで何度か叫びましたが、こんなあやふやなエピソードだけ聞かされてもわかるひとがいるはずもなく、自力で見つけるまでにずいぶん長い年月がかかりましたよ~。

Dr.ヘリオットのおかしな体験、という邦題の文庫でした。

【過去記事】
Dr.ヘリオットのおかしな体験 All things wise and wonderful. - なんかのたまご 2013/03/18 Mon. 22:57

Dr.ヘリオットのおかしな体験 (集英社文庫)
by カエレバ


この本以外にもヘリオット先生が獣医学校にいる時代の話や、第二次世界大戦が終わりヨークシャーに戻ってきたヘリオット先生がふたたび動物たちや農夫たちと触れ合い、おもしろおかしいことや切ないこと、同僚とのさまざまな出来事などが綴られているシリーズがあるらしくて、それらは買うだけ買って積ん読中です。

YouTubeには、イギリスでドラマ化、映画化された作品がアップされているのですが、コメントを読むとほんとうに愛されている作品なのだなと思いました。ただ、日本語字幕つきのものがないので、そこが残念!昨日YouTubeの映画を見ましたが、部分的にしかなんて言っているかわからない、仮に聞き取れた としても、ものすごいヨークシャー訛りで話すらしいので英語話者の方でもちょっと聞き取りづらいのだそうです。



All Creatures Great & Small 1983 Special The Lord God Made Them All 1 - YouTube
(神はすべてをつくりたもうたスペシャル)


Black Face Sheep's Website HOME というサイトを作っていらっしゃる方がジェイムズ・ヘリオット氏について詳しいのでひと通り読みました。素晴らしく詳しいので感動しました。

ジェームズ・ヘリオット先生は、イングランド北部の北ヨークシャーのサースク(Thirsk)に住んでいた獣医さんです。
彼はこの豊かな自然に囲まれたヨークシャー地方を舞台にして、1930年代から50年代にかけての古きよき時代のおかしな出来事、愛すべき動物たち、素朴な人々との交流を、ユーモアと感動に満ちた暖かいタッチの物語に描き出しました。

「ジェームズ・ヘリオット」というのは実はペンネームで、本名はジェームズ・アルフレッド・ワイトと言います。

James Herriot より引用



この方のホームページのおかげで、ヘリオット先生シリーズの原題が、聖歌からとったものだということを知りました。

それはこういうものでした。

All things bright and beautiful,
All creatures great and small,
All things wise and wonderful,
The Lord God made them all.

All Things Bright and Beautiful - Wikipedia, the free encyclopedia より引用



わたしが手に馴染むほど読んで、朗読までしているのは、All things wise and wonderfulという原題の『Dr.ヘリオットのおかしな体験』です。第二次世界大戦がはじまり、新婚生活を満喫していたヘリオット先生は空軍に入ります。その、軍での生活の描写はわずかに導入部に出てくるだけのことが多く、基本的には獣医をしていたころの面白おかしいエピソード中心。

以前にも書いた気がしますが、これがまた笑える&泣けるんですよ。

しかも笑った数分後に涙がツーっと頬を伝う、みたいなことになるので、外で読むには向かないですね。この本を発見したころ、夫の目の前でこれを読んで「きゃはははは!」と笑った数分後に「ブロッサム……」などと呟きながら涙をボロボロこぼしていたら「おまえ、だいじょうぶか?」という目で見られましたので、一人の時に読むことにしています。


2014-04-23 14.07.47
だいじょうぶじゃねーよ感動しまくりだよ!


そして昨晩おおおおっ!と一人で盛り上がっていたのが、登場人物のネーミングについてです。

ヘリオット先生をさらに知るための参考書というコンテンツに、

ALL THINGS HERRIOT - HIS PEACEABLE KINGDOM (Sanford Sternlicht, 1995)

アメリカのシラキューズ大学出版部から刊行された、サンフォード・スターンリヒト氏による、「ヘリオットワールド」の研究本です。

「なぜシーグフリードとトリスタンは、ドイツ的な名前をつけられたのか?」など、ヘリオット先生の各作品の文学的研究や考察に満ちた本です。

James Herriot より引用



えーーそんな研究本まであるのー!!でも英語じゃーん!(誰か訳して出版!出版!)

このシーグフリード・ファーノン先生のモデルになった人物は、ドナルド・シンクレアという名前らしいのです。

たしかに、イギリス人なのにシーグフリード?トリスタン?とふと疑問に思った瞬間があったのですがあまり気にしていませんでした。そういうものなのかなーと。

シーグフリードとトリスタンは兄弟です。『Dr.ヘリオットのおかしな体験』ではシーグフリードがヘリオット先生の雇い主であり、独身時代に住んでいたスケルデイル館という家で独身男3人が暮らしている若い獣医時代のことを回想する形で彼らが登場します。

この独身3人男のエピソードは何度か出てきますが、ものすごく面白いのです。


2014-04-23 14.31.42
今読み返してみたらシーグフリードが「長身」とはどこにも書いてなかった!


そして、わたしのなかのシーグフリードは精力的で頭脳明晰、新しいことが大好き。そして外見は長身細身で、ちょっとめかしこむとまるで貴族のような威厳で周りを圧倒する雰囲気を発する。そして非常にモテるので自分から女の人を追いかける必要はない超絶イケメン、ということになっています。(なっています。というか、実際に本文中にそういう描写が出てくるのです)

トリスタンは、若いくせに悠々と達観しているような呑気な性格で、無邪気に生きることを楽しんでいるのはいいことだけど早く獣医の資格取らないと兄さんに説教されちまうぞーというボンクラ怠け者のイメージです。女の子にモテることに対しても自分の欲求に素直に行動する、というところも可愛らしい若者という感じ。

でも映画の俳優さんの外見がちょっと、というかだいぶ違いましたー!(トリスタンが無駄にイケメンでシーグフリードがおっさんだった!ヘリオット先生は優しそうで、すごく( ・∀・)イイ!!)

まあそれはそれで。と思いつつ、やっぱりわたしのなかのシーグフリードは超絶イケメンのままです。


独身3人男がスケルデイル館で繰り広げるエピソードはいくつかありますが、第四章がとても好きです。

朗読 Dr.ヘリオットのおかしな体験 第四章 - YouTube

というわけで、知れば知るほどおもしろポイントや疑問が出てきてしまってものすごく興奮します。

だって、これだもの!!!

なお、アルフ・ワイトが獣医を開業していた建物(ヘリオット・サーガではスケルデール・ハウス)は、今ではヘリオット先生を記念した博物館、"The World Of James Herriot"となっています。

この博物館は1930年代から1940年代の獣医の生活を再現したものになっており、ヘリオット先生を知らない人でも楽しめるし、知っている人なら感激のあまり卒倒してしまうような素晴らしい内容です。(余談ですが、英国はさすがに博物学の先達の国で、どの博物館も陳列や紹介の仕方が実に面白く、見ていて飽きません。入場料は高くても十分元の取れるものが多いと思います。)

James Herriot より引用





category: 音楽・映画

[edit]

page top△

千葉海音さんのファンの方へ

CDを買おうかと検討しているので、曲目を教えてくださいという非公開コメントをいただいたので、いま、ひとまず写真をアップします。

同じように千葉海音さんのことを素敵だと感じる方がいる!ということが嬉しいです。

2014-02-17 03.44.14
「鬼畜」


2014-02-17 03.44.38
「絶望賛歌」

手抜きでごめんなさい。

またあらためて、写真ではなくてCDについて、書きますね。MySpaceでも一部聴くことができますので、ぜひ!

千葉海音(Mio CHIBA)'s Albums | Stream Online Music Albums | Listen Free on Myspace

category: 千葉海音

[edit]

page top△

ここまできた! - 千葉海音の歌声

仕事終わって立ち飲み屋で飲んでその後ドトールで手帳にあれこれ書いて、帰宅してからまたビール一リットルでーすイエーイ!

って、飲み過ぎ!!

ハハハ!

それはともかく、いろんなことがだだだだーっと押し寄せてくる感じの数日を過ごしました。もはや数日なのか数週間なのか、時間の感覚が麻痺するぐらい。

きょうは立ち飲み屋でちょっと飲んだ後、酔覚ましついでにドトールで手帳にいたずら書きをしていまして、そのとき千葉海音さんのライブ直前なのだ、ということに突然思い至って、ああ、ここまできた!となぜだかひとりで盛り上がってしまいました。

盛り上がった結果、手帳にあれこれ書き付けて、先日読んだエーリッヒ・フロムの愛するということの一節を思い出したりしながら、ああ!と改めて感じることがありました。


2014-02-13 02.54.27


わたしは最初、千葉海音さんの声に反応しました。

そのときはシャンソンとかフランス語の歌なんかにも無知で、フランスと言えば巴里華撃団かーみたいな連想が浮かぶくらい。

そんなわたしが2011年の8月に千葉海音さんのライブに行ったのは、とにかく声。

なぜだか何度も何度も MySpace とか YouTube の歌を聴かずにいられなくなり、外出できるかどうかもわからない、みたいな状態のときに絶対これだけは行く、と決めて生歌を聴きました。

それから2年以上が過ぎて、わたしは千葉海音さんご自身の細かい近況は知りません。

だけど、日本でまた歌声を聴くことができる、とわかったとたん、きたーーーーー!!とばかりにライブの予約を取り、それからは職場のアレコレで忙しくてろくすっぽネットを閲覧する時間もなくて、という感じで過ごしているうちになんともう13日。

ライブ直前です。

きょう、紙にいろいろ書いていて思ったのは、

「私」は、いまだに自分がどうしたいのか、何をしたいのか、良くわからない。

ただ、自分自身が注意して見ていなかっただけで、多くのことが望み通りになりつつある。

ということでした。

エーリッヒ・フロムの「愛するということ」は、第二章までしか読んでいないのですが、音読している最中に頭の中に浮かんできたのは、千葉海音さんという存在について。

ほんとうに生きること、愛すること、与えること。

これをするためにどうしても自分の欲求を先に満たさなくてはならない。

そのためにいま自分は働いてみたり、勉強してみたり、自分を労ってみたり、楽しいことに取り組んでみたり、好きなことをしてみたり、なにもしないでただひたすら眠ってみたり、といろいろなことをしている。


で、ある程度思ったとおりにほしいものを手に入れたり好きなように過ごしてみて、ハッと気づいてみると、

なぜわたしは千葉海音さんの歌声にあんなに惹かれたのか?

ということを思い出すのでした。





人間を理解したい、自分を理解したい。

他者と自分の違い、を知るための手がかりが欲しい。

違いがわかったうえで部分的にでも分かり合えるのならそういう状態を経験してみたい。

わたしはたぶん、若い頃からずっと漠然とそんなことを思いながらもそんなことは出来るわけがない、という前提で生きているので、その場その場の娯楽や酒などで時をごまかして早くこの人生が終わればいいのにみたいに思っていたのだと思います。

とりあえず空白の時間を埋めることにしか関心がなかったため、自分の生命も自分の身体も、粗末に扱ってきました。

だけど、2011年に出会った歌声は、そんなわたしのふてくされ気味なあきらめた生活ぶりを、「おい、おまえはそんなんじゃないだろ!」と、揺さぶり起こしてくれたような気がします。

触媒、というか。きっかけ、というか。

だからわたしは彼女を芸術家と捉えていて、以前もそのことについて書きました。

ここ数年、彼女がどういう生活を送っているか、の詳細は知らずとも、なぜだかいつも心のどこか、意識のどこかに千葉海音が居る。

これは恋に似ているなぁとも思います。最初の頃勝手に相手の人物像を空想して、きっとこんな人だろうと思い込んでしまうところが恋って感じ。

でも、時が経つにつれて、CDを聴きこむにつれて、断片的に千葉海音さんの活動の様子を知るにつれて、耳に楽しいみたいな快い感情だけでなく、なぜ自分はこうなのか?なぜ?なぜ?と、問いかけられているような気持ちになるときもあり、そんな中でわたしは考え、行動し、というふうにやってきました。


2014-02-13 02.57.39



芸術、とわたしが思っているような活動はときには不快だったり怒りを呼び起こすことも有ります。だけど、これほど深いところで自分が自分を見つける経験は、ライトな娯楽で誰もが「いいねーこれ」というようなものからは得られない、とも思います。

これはわたしがひとりで勝手に歌を聴いて勝手にやっていたことなのでご本人にはまったくあずかり知らぬことだと思いますが、世に作品を出すというのはこういうことなのでしょうね。

ひとり、ここに熱狂的なファンがいます。

ファン、という言葉を使いましたが、わたしは誰か芸能人とか有名人のファン、というものになったことがありません。

あえて言うなら筒井康隆とコナン・ドイル。

それ以外にここまで自分の生活に食い込んでしまった表現者というのは居なかった為、ファンってどんな感じなんだかわかりません。

ただ、ライブを前に夜中だというのに興奮状態であーだこーだと書いているということはファンなのでしょうね。

とにかく、ここまできた!(登山している途中にふと登ってきた道を振り返ってるみたいな)という気持ちです。

ちょっと大げさですが、ライブ当日歌声を聴いたら自分は幸せすぎて死ぬんじゃないか、みたいな。

自分がそこまで思いいれていたことに驚いています。

ここ数年で、夢にも千葉海音さんが3回ほど出てきました。

瞑想のようなことをしている最中に、川辺でベルベットの黒いワンピースを着た千葉海音さんがハープを弾いているところを、緑に囲まれた小路で聴いたこともありました。

仕事仕事しごとしごと!!

みたいな一年間を過ごして、それでもやっぱりスキマ時間ががあれば千葉さんの声を聴いて、っていう生活だったので、ライブ直前であることが夢みたいです。

熱に浮かされているような文章ですが、ほんとうに熱に浮かされているのです。

お酒も飲んでいますしね。

わたし、やばい。すごい幸せかも!!

category: 千葉海音

thread: 日々のできごと  janre: ライフ

[edit]

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。