03// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //05

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

ナメられ実験結果 その2

ナメられ実験結果 その1 の続き!

その1に書いたような顛末で、カフェ的なところにキッタネェ格好してい行ったのはそもそもの本題の「自分はナメられやすいかどうか」みたいなこととは関係なくなってしまいました。

帰り道に雑用を済ませ、買い物をし、歩いているうちにひとつ重大なことに気づきました。

そもそもあいりちゃんとわたしは年齢がぜんぜんちがう!ということを。

だから、よく考えてみたら、こういう部分が同じだね~って話し合ったところでどうなるものでもないのでしょう。ただ、あいりちゃんの場合はお役所のひとから見たら若いねーちゃんが来たよ、どうせ何も知らないバカなんだろ?みたいなことを相手に思われているのかもしれないということは想像できます。ピアス多めにつけているだけでひとはその人物にレッテル貼りをしますからね。

そして、唐突に思い出した自分の経験。

これが奇跡的に 自分の感情をなかったことにするクセを変えてみる - なんかのたまご に出した話題である「思い出し怒り」に戻ってきたのでビックリしました。

わたしが今の主治医のところに行き始めたころ。たぶん4年ぐらい前でしょうか。

そのとき、案内された薬局に処方箋を持って行きました。

当時のわたしは長いこと夫の元と実家を往復しながら生活していて、精神が安定した試しがないのでほんとうに引きこもっていた時期が長いです。

そうこうしているうちに体も太って年齢も30代後半ぐらいになって、まさに 違う人間を演じてみる 「暮らしの哲学」 - YouTube に出てくる、長い入院生活を送ったあと、社会のルールがわからずオドオドしているひとそのまんまな感じ。

そんなときに、薬局でひどい対応をされたことがあります。

時期的にも、向精神薬などを転売?とかするみたいなニュースが話題になっていたのでなおさらなのかもしれませんが、わたしがその薬局に初めて入って処方箋を手渡した時、もんのすごくひどい扱いを受けたのでした。

露骨に疑われていましたね、たぶん。保険証はありますか?だの、ちょっと病院に確認しますので、だの、保険証のコピー取らせていただくのでお時間かかりますが、などと言う口調もなんだか冷淡で、ああー犯罪者を扱うときの警察ってこんな雰囲気出してくるよね~あと、精神病院のナースも。などとボンヤリ思った覚えがあります。

そして、それを言われている自分は怒るとか悲しいとかよりも、離人感と不安感が交互に襲ってきてまったく眠れない日々を過ごしていましたので、自分がいまなにをしているのだかもよくわからない状態で座っていました。

でも、その一年後。(遅い!)

超怒りました。

その怒り方は今思うとあまりにも下手くそで陰湿。

まず、夫に愚痴り、一人で悲観的になって泣き、恨み思考が湧いてきてなにか仕返ししてやるという考えが過ぎり、いっそのことその薬局の前まで行ってその場で派手に死んでやるぜとか妄想し始め、一週間ぐらいそのことばかり考えてすごしました。

よく、いじめられっ子だったひとが何十年も経ってからいじめっ子だったひとに仕返ししてやると事件を起こすケースがあり、そのようなニュースに対していろいろな立場からの意見がありますが、わたしはいじめられっ子だったひとの気持ちがわかります。

そして、仕返ししてやると思ってしまう気持ちも。

ただ、根気がない&忘れっぽいのと、元々の性格がラテン気質で遊び好きなので、復讐みたいなことを行動に移す前に飽きてしまうだけで、もしわたしが妙に粘り強かったり、あまり愚痴を言わないとか我慢しすぎてしまう性格だったり、おとなしかったり、という要因が重なったらやっていたかもしれません。仕返し。復讐。

だからと言って「復讐するのもいいんじゃない、応援するよ」とは思いませんけどね。そういうことが世の中にあるのだよなぁ、そして、自分もそういう思考がよぎるタイプの人間のひとりなのだよなぁ、ということだけは認識しています。そして、悲しいな、辛いな、とも思います。

そして、自分が忘れているだけで誰かをいじめた結果になったかもしれない、という場面も同時に思い出します。どちらかと言うとこの、加害者であったかもしれない自分を思い出す時のほうが辛いです。キツいです。事実かどうかはわからなくても、自分の曖昧な記憶の中で他人に冷淡な態度を取ってしまった、とか、理不尽に連絡を断ったとか、そういうことについてはもう取り返しがつかないので二度とやりたくありません。

あら? いままさにわたしは自分の感情を認識しているのかもしれません。

書いている話題は暗いし、悲しいな、辛いな、と本気で思います。ちょっと涙も出てきました。

でも、やっぱりそれを無かったことにするよりは、外に出してしまったほうがいいのでしょう。そしていつでも自分の味方でいることを忘れないようにしたいと思います。

なぜなら、自分自身が自分の味方でいれば、ナメられるとかいじめられる、みたいな場面に遭遇したら即逃げることができるからです。また、誰かに攻撃的な気持ちを抱いたときに、ちょっとまったー!アンタはそんなことをする人間じゃないでしょう?と引き止めることができるからです。

目の前で小さい子が危険な目に遭いそうになったら

「アンタ、逃げな!」

と、いうのが反射的な行動なのだから、自分自身に対してもそうしてあげればいいだけの話。

というわけで、ずいぶんと話がそれてしまいましたが、自分の感情を無かったことにするクセ、これはまたゆっくり時間をおいて考えてみたいと思います。

インスタントに答えが出るわけでも、本に何かが書いてあるわけでもない。だからこそ、面白いです。

ちゃんちゃん♪


2014-09-03 22.08.33
味方の身体を労る

スポンサーサイト

category: 暮らしの哲学

[edit]

page top△

ナメられ実験結果 その1


ババン!

今朝、たまたま初めてのお店に行くチャンスがあったのだと気付いて、せっかくだから昨日書いたようにナメられ実験やってみるかーなどと思いながら支度していました。

ただし、自分の感情をなかったことにするクセを変えてみる - なんかのたまご 2014/09/03 Wed. 12:37 に書いた、「赤ちゃん」というヒントから思いついたこととはまったく別のことです。

一晩寝てみたら、昔読んだ室井滋さんの「キトキトの魚」に出てきた、メイクや服装などによってタクシーの運転手の態度が違う、というエピソードを思い出しました。そして、ロジェ=ポル・ドロワという人物の「暮らしの哲学―やったら楽しい101題 」という本に出てくる「違う人間を演じてみる」という項目も思い出しました。


2014-09-04 13.24.27
暮らしの哲学―やったら楽しい101題


これはチャーンス!と、さっそく髪の毛ボッサ、ファンデーションなどを塗らずに顔にうっすらおしろいだけ塗った状態で眉毛だけ雑に描いて、口紅もグロスもなし、という顔で、園芸などをするときに履いていたいまどき誰が履くんだよ!って感じのラッパ型ジーンズと寄生虫模様のTシャツの上に袖が余ってダブダブのウィンドウブレーカーに一番履き古したスニーカー、という出で立ちで行ってきました。

オサレなカフェへ。

このお店、個人経営っぽくて時々ライブをやっていたり、天気の良い日には見るからにオシャレっぽい人たちが、ハンギングバスケットから垂れたアイビーや寄せ植えなどの傍らで文庫本など読みながらゆったりくつろいでいる隠れ家的なカフェです。

コーヒーにあまり興味が無い&オープンカフェとかマジ無理だわ場違いすぎて死ぬわ、などと思っていたわたしはずーーーーーーっと見ているだけ、通り過ぎるだけ、でした。

でも入っちゃった!しかも、キッタネェ格好で。アッハッハ!!

結論から言うと、楽しかったです。このお店は個人経営だけあって常連さんとマスターっぽいひとが時々私語などしますが、基本的には静かな音楽と絵画の飾られた空間で美味しいコーヒーを飲む空間を提供って雰囲気で、他の客のことなんか見ちゃーいないっていう。そのかわり、スマートフォンでパシパシ写真を撮るだとか大きな声でお喋りをしたら浮いちゃうかも、というお店でした。だから一人になりたいとき行くのに向いていますね。

そんなこんなで完全にわたしの目論見は外れたわけですが、それよりもその前の準備段階が面白かったです。


2014-08-28 12.42.26
俯いて歩いていた時の自分、再インストール


わたしは姫川亜弓!姫川亜弓!女優よ!これは役作り!とか言いながら、ひとと目を合わせずにとぼとぼと道を歩いて精神的な意味ですごい役作りしたんですよ。そしたらなぜか今日に限って先日行ったばかりの美容院の担当がゴミ出しに道路に出てきたところに出くわしてしまって、ワアアアアアアー!!こんな格好見られちゃった!!!!と内心思いながらもおいっすー!!みたいに挨拶して通過しました。

この時点で一回素の自分にもどってしまったのでもう一度精神統一。

わたしはどこへ行っても粗末に扱われる気の弱いオドオドした人間で10年間引きこもっていた……そう。10年引きこもっていたのは事実!風呂に一回も入らないで数ヶ月過ごしたのも事実!80キロ以上の身体を引きずって俯いて歩いていたのも事実!あのころの自分を召喚!

……などと思いながらカフェの扉をゆーっくり押して、目線を下げ気味に。猫背を意識して顔の下半分のちからを完全に抜いて、うまく唇が動かない、声が小さくて気も弱くて店員さんを呼べない。だからどこへ座ったらいいのかわからず戸惑っているみたいな雰囲気で佇んでみました。

が!

さっきも書いたようにそのお店は見かけよりも気取ったお店でもなかったらしくて、普通に「どうぞ~お好きな席へ~」みたいに言われちゃったのでそこからはもう素でした。

ウェイトレスさんに「おすすめってありますか?」と言う時にパッと顔を上げて目を見てハキハキしちゃってる時点でああこりゃ演ずるとか無理だなと悟ったのでそこからは普段ドトールなどに行った時と同じように手帳や文庫本をパラ見して、一杯だけコーヒー飲んで帰って来ました。美味しかったです。

続きます。

*ちなみに「暮らしの哲学」の違う人間を演じてみる、はこういう内容です。きょうは後半の、オドオドした振る舞いをしてみるというのを試した、ということになります。

違う人間を演じてみる 「暮らしの哲学」 - YouTube


category: 暮らしの哲学

[edit]

page top△

やって楽しい暮らしの哲学

先日、暮らしの哲学―やったら楽しい101題 という本のことを書きました。


2013-02-06 17.16.13


それまで確実だと思っていたこと、わかりきっていると思っていることを揺るがすきっかけ、としての遊びが101題、載っています。

いくつか試しにやってみましたので、どんな感じだったかレポします。


・自分の名前を呼んでみる

とっても不思議な感覚になりました、と言いたいところですが、最初の数分はほんっとにバカバカしかったです。部屋の真ん中に椅子を置き、座り、静かにしていると、近所の犬の吠える声、鳥の鳴き声などが聴こえてきます。

わたしの住まいはとても静かなところにあるのですが、それでも耳を澄ましてじっと座っていると、いろいろな音が聞こえることに気が付きました。

それから、自分の名前をいよいよ呼び始めるわけですが、最初の30回ぐらいでなんだか恥ずかしくなります。でも、続けているうちに確かにちょっと変な感じ。つまり、数十分で非日常を体験できるというわけです。

2013-02-02 14.01.10
もうひとりのわたし



・おしっこしながら水を飲む

これは2回やりました。

喉と尿道が直結している感じ。自分が一本の管になったような。実際にはそんなことはあり得ないのだけど、今ごくごく飲んでいる冷たい水が、そのまま身体を通過しているように感じるのです。

本文中には「効果:宇宙が身体を流れる感じがする」というようなことが書いてありましたが、わたし自身は、わたしの身体がただずっと生命を維持していること、これまでの40年近くを、ずっと休みなく機能してきた身体。そして、そこを通過していった水分と食物のことを思いました。

「おっす!オラ、ゴムホース!」などとTwitterに書いたことがありましたが、まさにそんな感じです。

2012-10-29 02.23.45
ゴムホースの材料



・字を丁寧に書いてみる

丁寧に書く、というところだけ採用して、ちょっとアレンジしました。
マキシマムザホルモンの歌詞、四文字熟語、スペイン語の例文、英語の歌詞、など、ただ丁寧に書くことだけに集中。

できるだけ意味は考えないように。意味よりも、指先の動き、文字の形、書くペースだけを意識して、ついでにどれぐらいの時間それに集中していられるか測ってみました。

初日は10分で飽きてしまい、筆圧も高く、文字もぎこちない感じ。
2日、3日、と同じ事を繰り返すと、気づいたら40分のあいだずーっと文字を書くことだけに集中していました。面白かったです。

気分はなにかの職人になったような感じ。細かい作業を延々と繰り返す伝統工芸品の後継者見習いになったみたいな、そんな気持ちでした。

2013-02-04 22.24.52
言葉と意味を切り離す



・ひざまずいて電話帳を音読する

はっきり言ってすっごいバカバカしかったです。
笑っちゃうぐらい。お経か!って途中で笑っちゃうんですよね。

でも、決まった時間に決まった文句を唱え続けるというのは、もし何年も続いたらきっとその行為についてのなんらかの説明や理屈をつけたくなる気持ちになるというのは納得がいく、と思いました。

人間は自分が長く続けてきた行為が無駄であったと認めることは難しいということも。

だから何かの思想や宗教に人生を捧げた人間を説得することは難しい。
そもそも、他人を説得したり考えを変えさせる必要もないのだ、そんなことを思ったりもしました。

3日続けてやってみたらアホかと思って電話帳を雑紙の収集に出す気持ちになり、その勢いのまま本棚の下の段の無駄な紙類を捨てることができて、結果的に部屋の片付けがまた一歩進みました。

2013-02-05 10.59.00
ついでに贋金つくりにも挑戦しました



こんな調子で、本に書いてあることをヒントにアレンジしても楽しいです。

いつか試してみたいのは「一人でデモをする」「10分間愚痴を言い続ける」「身の上話をでっち上げる」などです。きっと面白いか、バカバカしくなるか、そんなところかもしれませんが、いずれにしても気晴らしになることだけは確かです。

一部を Youtube にアップしてあります。

10分間愚痴を言い続ける / 暮らしの哲学 55 ロジェ = ポル・ドロワ - YouTube
つまらないものに執着する / 暮らしの哲学 72 ロジェ = ポル・ドロワ - YouTube

category: 暮らしの哲学

thread: 暮らしを楽しむ♪♪  janre: 日記

[edit]

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。