05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

マインドスイッチ購入から2年?!


「おいおい2年経ったよ!」

と、帰宅してふとお金のアファメーションCDを流しっぱなしスイッチONしたときに思いました。早いっ!早すぎる!

2015-05-02 14.52.44


たまにはパソコン起動してなにか書こうかしら (断酒日記は寝っ転がってスマホ) と思ったついでにノートを出してきました。そして、いまさらなんですが、上の写真に写っている「最大限に活用していただくために」という付属CDを改めて聴いてみました。

たぶん、買った当初に一度注意点みたいなところだけ聴いてあとはずーーーっとしまいっぱなしだったのだと思います。そしたらあらたな発見がありましたよ!(というより、わたしがあんまりちゃんと聴いてなかったっぽい)

まず、この「活用法」の冒頭でいきなり
「そもそもわたしたちは何のために生きているのでしょうか?」
っていう文言が出てきます。

ええええええええええ!いきなりそこ訊いちゃう?って、思わず独り言言っちゃいました。

ただ、この質問のおかげで自分の変化に気付きました。

以前の自分は

とりあえずいま目の前で起きている出来事から逃げるために生きていた。
お金を稼ぐ目的は逃亡資金、しばらくひきこもる為の籠城資金。(って、犯罪者かよ!w)

そして、早く次へ。早くいまを終わらせて、早く今日を終わらせて、次へ。とにかく次へ。


次へ行ったらなにかいいことが待ってるって保障なんてないのにね。なんであんなに「いま」を嫌っていたのか、過去の自分を思い出すと可哀想になってしまいます。だって、恋人と一緒に居たり、飲み会やバーベキュー、スキー、スポーツクラブのプール、みたいな本来なら楽しい場ですらいつもいつも「早く次へ」って思って過ごしていたからです。



2015-05-02 14.53.48



それはさておき、ワタナベさんの説明の続きでは「つきつめていけば、わたしたちはみんな『幸せになりたい』と思っています」と続きます。

そして、アンソニー・ロビンズという方の言葉の引用として「ひとは何によって幸せであるのか?それは『感情』によってである」という言葉が紹介されていました。

商品を有効に使うための説明CDですので、機械の操作中や車の運転中は聴いてはならないこと、どのようなアファメーションが効果的であるのか、だとか、音声の技術面での説明もされていました。

振幅変調(ヘミシンク)
サブリミナル
ソルフェジオ(528Hz)

この3つの技術が使われていること。そして、ヘッドホンをつけなくても、小さな音でも効果があるように作ってあるということ、また、類似の製品のように数を数えてみたり指示に従って呼吸を意識したりなどという必要なし、という説明が続いていました。

えーいまさらー?って感じですが、今日ちゃんと復習してみてよかったです。せっかく持ってるんだから効果的に使った方がいいに決まってるもんね。


2015-05-02 13.11.23



そして肝心の、聴き始めたころと1年経ったころと2年経ったいまとの違い!

久しぶりに紙にかきだしてみました。

以下、箇条書きにします。


【自分でわかる変化】

・四季の移り変わりに気付く頻度が増えたのでどこを歩いていても楽しい
・姿勢が良くなった
・「人生は修行だ。努力せな、苦労せなアカン」みたいな頑固な思い込みがマシになった
・夫に対して感謝することが増えた
・夫にプレゼントするとき、1,2年前は金額を先に見ていたが現在は気に入るかどうかで選ぶようになった
・実の両親との信仰についての問題がたいした問題ではなくなった
・決断が超早くなった
・小さな善行を他人に見られていてもいちいち恥ずかしいなどと思わなくなった
・無駄な力みがゆるんできた(普通でええやん、と)
・健康とアンチエイジングに執着しなくなった
・他人との意見の違いが気にならない度合いがさらにアップ
・お金のめぐりが良くなった
・扱う金額が増えた
・お金を受け取ることに対する抵抗が減り、喜んでいただくようになった
・支払うときにマイナスの感情を乗せずに喜んで支払うようになった
・お金に対する恐れ、不安、渇望感が一年前よりさらに薄れた
・無駄遣いが一年前よりも減った
・酒煙草をやめることができた
・生きていることが楽しいと思う瞬間が増えた
・「他者」と「自分」ということについて新たな発見があった


【他人から言われた変化】

・数年ぶりに会った友人から 「あれ?なんか、綺麗になった?」
・親から「前より美人に見える。夫さんも以前会った時よりも小奇麗になっていて、二人の歩く姿を後ろから見ていたらとても似合いのカップルだ」
・昔のパート先の方から開口一番「アンタ、若返ったねぇ!」
・妹から「○○ちゃん、やせた?」
・近所の骨董品ショップの店主の態度が以前と露骨に違う(たぶん金持ちマダムになったと思われてるw)

って感じです。


2015-05-02 18.53.03



ここに書いたことは、マインドスイッチだけ受動的に聴いていたら自動的に魔法みたいにそうなった、っていうことではないです。「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」に出てくるワーク、習慣を試したり、美人になる方法のブログに出てきた記事でなにか思うことがあればTwitterにコメントつけてアップしてみたり、歩いている間に音声プログラムを聞いてみたり、なんてことを地味ーにやったりやらなかったりしてすごした結果こんな感じです。

最近エックハルト・トール氏の「ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-」という本の話ばかり書いていましたが、ワタナベさんのお金本もすごく良かった。

「スピリチュアルに生きる = 物質を捨てて生きるほうが霊性が高い」 みたいに勘違いしてしまう罠 (スピリチュアルエゴ、というらしいです) についてもトール氏の著書に出てきていて、バランス大事!などと思いながらテキトーに楽しくやってます。

きょうはきょうで楽しい一日を過ごしました。

ちゅーわけで、2年目。ひっさしぶりのマインドスイッチレビューでした~!!


【過去記事】
スイッチ入ったでござる (特殊音源入りアファメーションCD、MindSwitchの感想) - なんかのたまご 2013/04/03 Wed. 20:57

category: MindSwitch(マインドスイッチ)

[edit]

page top△

恩返しはバトンリレー

ひさびさに記事を書いたことと、自分以外のひと (フラッパーガールさん)の取り組みの様子を読んだら、いろんなことを急に思いだしました。

以前、恩人ならぬ「恩台詞」 - なんかのたまご 2014/08/16 Sat. 09:22 と、 あとになって染みこんでくる言葉 - なんかのたまご 2012/10/20 Sat. 08:28  のなかに、Maglie(マリエ)さんという方の「ズルくない生き方をする」という一言によってどれほど大きな影響を受けたかということを書きました。 (執着を手放すと執着できなくなる:ズルくない生き方をする|Maglieの美肌・美髪・美生活

先日も、このことを思いだしていました。横断歩道を待つ間、まだ春の風というには冷たすぎるスキッとした空気を深呼吸しながら。

その日、わたしはなんの用事で出かけていたのか忘れてしまいましたが、ふっとよぎったのが、

「いまみたいなシチュエーションのとき、大昔のわたしだったら手抜きかバックレかズルして嘘ついてただろうなぁ。でもそれをしなくなっただけでなく、そんな発想が浮かばなくなって久しいよな。いやはや、ずいぶん真人間になったもんだわ。ハハハ……」

こんな考えです。


2015-04-03 09.55.07
この自分が薔薇買っちゃうなんて!マジか!


ちょっと笑いそうになったあと、不意に涙がこみ上げてきました。なんでかっていうと、今頃ひどい暮らしをしていてもおかしくないのに真っ当に生活して、笑っている。ごく普通の市民として歩いている。それが奇跡のように思えたからです。信じられないほどの幸福だと。

で、前述のマリエさんの「ズルくない生き方をする」というブログが思い出されて、連鎖的に恩台詞のことも思い出しました。

「恩」って言葉を使うと、なんだかその恩を受けたひとにお返しみたいなことをしなきゃ、って思うのが以前のわたしでしたが、いまは違うのです。

まず「しなきゃ」っていう義務感みたいな重苦しさがないのでラク。

んで「恩を返すのは受けた相手、っていうよりも別の人にリレーのバトン渡すみたいにするんだい。その行動はいままさに続けているグレートヒューマニティー第一回目の陰徳ってやつでオッケー」 という自分の中からの声が湧いてきて、あら~、そんな発想どこから来たんだっけ?とちょっと不思議に思いました。


これ、あとから夢の中で気づきましたが、友人からのひとこと。それに影響を受けたっぽいです。

ありありあるさん (LINO LERA)という方が言ってくれたのですよ。「必ずしも恩を受けた相手にその恩を返さなきゃいけないわけじゃないと思うよ」と。

なるほどーたしかにー、と、この日わたしはすっごく気持ちが軽くなったことを覚えています。もちろん、自然な感情が湧いてきて結果的にありがとうー!って気持ちが形になってそれが恩返しみたいになることはありますが、まるで義務のように自分を犠牲にしたりする発想が浮かびづらくなりました。言い換えれば受け取り上手になった?他人を信じられるようになった?のかもしれません。


それともうひとつ。

ワタナベ薫さんのブログ記事に、こんなのがあったのを思い出しました。

ワルシャワである男性から学んだお金のこと: 美人になる方法 

部分引用しようかと思いましたが後半ぜんぶ引用したいような内容なので、ぜひクリックしてお読みください。すごいなーって思いました。この、ポーランドのご夫妻。

そういえば以前、募金について照れくさいだの恥ずかしいだのゴチャゴチャ考えた挙句にこっそり誰にもばれないようにとかいま思うと笑っちゃうようなことを言っていましたが、そう、そんなことにこだわる必要ないのですよ。反射的に募金したくなったら小銭入れる、気が向かなければしない。この団体ほんとうに怪しくないかしらだとかゴチャゴチャ考える前に身体がかってに動いて、で別にいいんじゃね、と。(それに、わたしの言っている募金ってのは数十円とかのお釣りレベルだったりするのでいちいち大げさに悩むようなことではないのですよw)

目の前にごみが落ちていたら拾う。とか、道を聞かれたら快く教えてさしあげるとか、いつも通る道に危険なものが落ちていたら適切な連絡先に電話して整備されるようにお願いするとか、ごくごく普通の、善行とも言えないようなことばかりです。

これすら、以前のわたしはやりませんでしたからね。ははは!

それどころかごみ出しのルールは守らないわ夜中に騒ぐわ平気でウソついて学校やバイトサボるわでどうしようもない感じだったので。

若い時はそれで良かったかもしれないし許されたかもしれないけど、もう、いまはそういうことをしたくありません。


2015-04-03 11.06.47
Howard Wills prod pdf文中 より 「わたしたちは自分に嘘をつくことはできない。他人をうまくだますことはできるかもしれないけれど。そしてそれはあなたの気分を悪くさせる」


どんなに上手に他人を欺くことができたとしても、自分自身をだますことは絶対にできないと心の底から納得したのでした。そして、自分に嘘をつき続けるとほんとに具合が悪くなってきます。というか若い時に病気したときの遠い原因ってそういう罪悪感の積み重ねなんじゃないの?って笑えるときがあるんですよ。

ちゅーわけで、わたしはいろんなひとから受け取ったもの、物質も目に見えないものもぜんぶ、ありがたーく遠慮なーく受け取ろうと思います。そして気前よく回します。あげたい人にババンと!

そんな単純なことが、幸せなんです。ほんとに。

category: 2013年 グレートヒューマニティ・偉大なる人間性

[edit]

page top△

グレートヒューマニティーを聴き始めたころの自分と、今の自分が全然違う

2015-01-08 05.02.39


ふと本棚を見て思いました。

わたし、紙に書いたとおりの働き方が実現しそうなので準備中なのですが、マジで叶ってるじゃん!と。

そして、それよりもすごいのは、グレートヒューマニティーを聴き始めたころの自分と、今の自分が全然違うということ。たしかあのころはごみ拾うのすらいちいち言い訳して恥ずかしいからこっそりやるだのなんだのとゴチャゴチャ書いていたような……w

だから、グレートヒューマニティーもういちど聴くぞーと、シャッフルに入れなおしています。

WJプロダクツのワタナベ薫さんの提供している音声プログラムは2011年のセルフイメージ育成から始まって、2012年が美人のライフクオリティ向上プログラム。2013年がグレートヒューマニティー。ということは2014年の叶え力で4シリーズ目ですね。そして5シリーズ目の今年は「お金」をテーマにした配信が決定しているそうです。先日美人になる方法で告知していたような気がする! (詳しいことは美人になる方法のほうで告知があると思うのでご興味のある方はそちらをご覧ください!)

おととい、叶え力の最終回、ノートの残りもあと4ページぐらい、という切りのいい感じになったところでふと思いました。

わたしがここ数年で一番お気に入りだったりたくさん聴いた内容ってどれだっけ?と。

また、ただ聴いただけでなく、実際になにかの行動に反映されてその結果大きく現実が変わったこととはどんなことだったかしら?と。


2015-01-08 05.02.39



それを走り書きしたり、iTunesの履歴を見ているうちに、美人のライフクオリティ向上プログラムの第一回目の掃除の部分と健康の部分、そして、グレートヒューマニティーの募金みたいなことに関する部分がかなり大きな変化をもたらしている部分だという気がしました。

他にもきっとあると思います。自分では意識していないだけで変わっているところ。エーリッヒ・フロムの「愛するということ」を朗読してUPしちゃったり、なんてのも、音声でたまたま名前が出てこなかったらやらなかったかもしれません。

そう。おもいだしてみるとものすごくたくさんのきっかけを得ているのですよ、この3年間で。

いままでのように具体的、個人的なことは書きませんが、とにかく良かったです。音声!

最近書籍などでワタナベさんの存在を知り、音声プログラムがあるということを知ったばかりの方も多いことでしょう。昨年、おととし、そのまえのものはすでに製品化されているので、ピンときたらパッと取り組んでみるのもいいと思います。またこんどーって見送るのもいいと思います。

ピンとくるタイミングはひとそれぞれ。プログラムは逃げません。

わたしはもう一周?もう一回?(笑) グレートヒューマニティーを聞き流し生活、はじめまーす。期間はたぶん数ヶ月ぐらい。

とくに、

第3回  器を大きくし人との違いを受け入れる
第4回  自尊心を持って主体的に歩む
第9回  人として美しい“謙虚さ”
第10回 品格あるお金の遣い方


上記の回、ほんとうに素晴らしいのです。わたしにいちばん欲しかった内容っていうか。

いまはそんな感じでーす。

category: 2014年 叶え力

[edit]

page top△

2015年、あけましておめでとうございます!


2015-01-03 11.27.38
だいきちっ!


ひゃー!もう7日なのですよね!!

今年の年末年始はパソコンどころかスマホもあまり触らない、という過ごし方をしたので、これが今年の初記事でーす!ことしもよろしくよろしくー!

きょうのバイブス : 新年明けましておめでとうございます!に、新年最初の記事をUPしているのですが、あらためて。

今年もよろしくお願いします。

さてさて、さっそくなのですが、叶え力。最終回が31日に配信されて、書き出しはまだだけどとても感慨深くノートを振り返りました。2009年ぐらいからのタイムテーブルとか雑記用のノートは、あまりにも場所を取るためほとんどを雑紙の日に出しました。

が、2012年~の音声プログラム用のノートはすべて保存してあります。

2013年からはノートを持ち歩きやすいように、仕事帰りに気軽に書き出しができるように小さめのものにしました。それと、安いノートを使うのをやめてみたり、丁寧に書くように心がけたりなんてことをし始めたのもそのころから、かな。


2015-01-07 03.30.01
コンパクトですごくいいです


そして2014年の叶え力ですが、具体的に○○を叶えるって感じよりも「そもそも自分はどういう状態を望んでいるのか?」ということを暴き出すような一年となりました。結果、こことは別にサブのブログを作って断酒日記を書いているうちにいろんなことがクリアになり始めた感があります。

断酒、というか、お酒を飲み過ぎてしまうことについては一年以上前、浅倉美弥コーチとのセッション中にも、もっと前にもいろんなところに書いたり、主治医に話したりはしていたんですよね~。そして、一緒に暮らしている夫も、わたしの飲み方はちょっとまずいんじゃないの?と見ていてわかっていたのだと思います。

それに、前の職場のひとびとも、仕事帰りに良く寄るようになった飲み屋のマスターなんかもそうだったかも。

でも、わたしの場合はまだなんとか社会生活ができている「ように見える」し、健康診断の結果やBMIも特に問題がなかったものですから、やっぱり言い訳して飲んじゃうんですよ。自分も。周りも。

だけどお酒ってやっぱり毎日飲むものではないな、と思うようになりました。まして昨年の夏からのわたしは、昼ごはんのお供にビール、って感覚が当たり前になりつつあったので、その時点でストップしたのは正解だったといまでも思います。わたしの性格からすると遅かれ早かれ朝から飲む、みたいな生活になっていてもおかしくなかったとわかるからです。


2014-12-11 21.05.14
ノンアルは、あります!


あと、たばこ!

先日の比較写真を載せた記事 (禁煙3ヶ月ぐらい?写真比較 - なんかのたまご 2014/12/29 Mon. 02:40) は、禁煙一ヶ月後の写真が若干暗く写っている気がするのであんまり比較になってない気もしますが、それを差し引いてもやっぱり顔のどす黒さが抜けていると思います。そして、見た目だけでなく息の吸いやすさ、自分が臭くないこと、歯磨きとリステリンを異常に繰り返さなくて済むことなどなど、メリットてんこ盛り。幸せってこういうことなんだなぁとしみじみ思いますよ。

いま、夫の煙草が目の前にありますが「それを欲しがらない自分」っていう状態が一番うれしいのです。昔、だれかわたしを煙草のない世界につれてってー!なんて切実に思ったことがありました。でも、そんなの無理ですもんねー。お酒も同様です。

こうして振り返ってみると、叶えたいこと、叶いまくってます。

ONKYOのステレオ、DALIのスピーカー、欲しかったブランド物、みたいな物質的なものもなんとなくいつの間にか家に来たみたいな感じでそこにあります。

そして、自分が欲していたもっと深いものにやっと気づけたみたいな気がします。

浅倉美弥コーチとのセッションは、当時はいったん中断しましたが、やっぱりあのころ美弥さんとのやりとりをしたことはあとになって生きてきました。


2015-01-07 06.03.28
LOVE!!


そして、ぐちゃぐちゃでけもの道みたいになっていた部屋の状態から始めたワタナベ薫さんの音声プログラムシリーズ。これで3年目の最終回が配信されたわけですが、自分の人生全体の流れの中でこの数年間はすごい時間を過ごしたのだな、という気がします。

実際にそのさなかにいるときは自覚ないんだけどね。

(ていうか、良くなってるという自覚がないからワーワーキャーキャー騒いですいませんでしたwww って感じ)

というわけで、新年のご挨拶&近況まとめでしたー!


【追記】
パソコン起動するのめんどくさい病とスマホアプリの快適さの兼ね合いで、本来こっちに書くような記事を断酒日記のほうに書いちゃってることが多いのですが、ことしの春ぐらいから、たぶんわたしパソコンめんどくさいとか言ってられないような仕事をする可能性があるので、また更新スタイルも変わると思います。でもしばらくはやっぱりスマホからライブドアの断酒日記に気軽に投稿って感じになっちゃうかも!

というわけで、適当にイイ感じでよろしくよろしくー!!


category: 2014年 叶え力

[edit]

page top△

補足 : 代表的なリミッティングビリーフ

叶え力 第10回:信念の力 - なんかのたまご 2014/12/13 Sat. 06:36のなかに、リミッティングビリーフという言葉を出しましたが、それについてググっていたら具体例がでてきましたので補足しておきます。これはプログラム内容とは直接関係がないのですが、参考までに。


2014-12-02 09.37.04
生きてていいのよ


一般社団法人日本プロセラピスト養成協会 | 悩みの原因とその治し方 (http://www.pro-therapist.or.jp/nayami) というページにひとつひとつについてもっと細かく書いてあるのでそちらをぜひ参考にしていただきたいのですが、あげられている24項目だけ抜き出してみるとこうです。

存在してはいけない
ありのままの自分であってはいけない
自分の性別であってはいけない
愛着(愛情)を感じてはいけない
見えてはいけない
人に近づいてはいけない
人を信用してはいけない
集団に属してはいけない
感謝をしてはいけない
成長してはいけない
セクシーになってはいけない
子どもであってはいけない
親から自立してはいけない
自由に行動してはいけない(自分の人生を生きてはいけない)
考えてはいけない、自分が考えたいように考えてはいけない、特定のことについて考えてはいけない
健康であってはいけない
正気であってはいけない
感じてはいけない、自分が感じたいように感じてはいけない、特定の感覚、感情について感じてはいけない
楽しんではいけない
くつろいではいけない
重要な存在であってはいけない(何かができる自分には価値があるが、ありのままの自分には価値がない)
欲しがってはいけない
成し遂げてはいけない
成功を感じてはいけない



おおー。なるほどー。って感じですね。なんか、100人のひとをつかまえてインタビューしたら100人全員が「自分は○○が当てはまります。まさにこういうふうに育てられましたー」とか言いそうなリストですね。ハハハ。

こういうのはあんまり考え過ぎると親のせいでこうなった的な思考に自分の頭が乗っ取られやすいから要注意だとは思いますが、なかったことにしたり考えるのを避けたりするのも不健康かと思うので載せてみました。

わたし個人は、39歳を迎えるちょっとまえに書いた記事、不惑について触れたことについて思いだしました。

どこかで聴いた話なのですが「不惑というのは、孔子が生きていた頃の中国ではちょうど親が亡くなるぐらいの年齢だったから、それまで囚われてきたことから開放されて(惑わされないようになって)、初めて自分の人生を生きる年齢、という解釈もあるのだよ」ということでした。
不惑リーチ! - なんかのたまご 2012/03/28 Wed. 23:10



いままさにやっと本当に人間として生まれたって感じがします。だから以前書いた不惑の解釈、わたしにはバッチリ当てはまっていました!(つーかこれ書いてからもう2年半?!年月たつの早いな!!)

アルコール依存からある程度抜け出せそうになりつつあること、長年自分には無理だと思っていたことが来年には叶いそうな目途がついたこと、いま友達や夫と一緒にしている会話や活動……などなど、不惑まであと1年!とか言っていたあのころには想像もしていませんでした。

そしてなによりうれしいのは、上記24のリミッティングビリーフのなかにいくつも「あ、わたしこれ残ってるわ」と思えるものがあるのにも関わらず、それを問題だと思わずに幸せな気持ちでいられることです。別にそれならそれでいいじゃーん、と。これは最近ゆっくりゆっくり読んでいる、エックハルト・トールの「ニューアース」という本の影響が大きいです。

禅の公安集の「無門関」、河合隼雄「無意識の構造」、エーリッヒ・フロム「愛するということ」に続いて超おススメ本ですよこれ!ちょい哲学っぽいけど一応スピリチュアル系の本という分類らしいです。理路整然としているのが好きな方に特におヌヌメ。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
by カエレバ

category: 2014年 叶え力

[edit]

page top△




ベトネベートクリーム