10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

旧 なんかのたまご

無限ノート

サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

2014年、最高の年だと思う

おいーっす。

いやぁ、こっちのブログ久しぶりすぎて新鮮っす。

わたし、ここ2週間ほど調子を崩していたのですが、それはそれで良いこともありました。パソコンを開くのが億劫で仕方がないのでずーっとスマホから、断酒ブログのほうにいろんなことを書いていたのですが、良かったっす!みなさん優しすぎる。そして、どんなひとにもいろいろな出来事や経験があって、いつだって一生懸命なんだなと肌で知った気がします。

嬉しい出会いもありましたし、今年は最高の年だと思う!


042.jpg


あ、あと、さっき断酒カウンターを見て気付いたのですが、11月に58日めぐらいでスリップしたっていうのがなかったら、もう100日越えてる?か、そろそろ越えるぐらいなんですよ。 (ちがう!明日がちょうど100日じゃん!w) わたしは断酒ブログ作った日、浅倉美弥コーチに「実は嬉しいお知らせがあります!断酒することに決めました!」などとメールして、その文中に「もし100日断酒達成したらなんかのたまご発でプレゼントキャンペーンとかやったりしてもいいかも~なんて思ってまーす」とか書いた覚えがあります。

あの日、100日ってずーっと先のことだし、お酒を飲まずに過ごすなんてとんでもなく遠い、大変な日々になるだろうな、という気持ちがありました。でも、いま大雑把に3ヶ月ぐらいの断酒期間を思い返してみると、なんだかんだで楽しかったし早かったし、「生きてるだけで幸せ」と感じていた精神状態に近づきつつあります。

人生でいちばん幸せだった時期、というのはだいたい2009年ごろ。いまより貧乏で職についたこともなくてまだダイエットの最中だから70キロぐらいあった時期です。でもあのときわたし、名前も知らない草木や鳥や空などが、まるで生まれて初めてそれが目に入ってきたかのように美しく見えて毎日幸福感で泣きそうになりながら外を歩いていました。

あのとき、どうしてそんなに幸せだったのか。

そのヒントが、エックハルト・トールのニュー・アースを読んでいるうちにわかってきました。



「これもまた過ぎ去る」 エックハルト・トール - YouTube


あの時の私は一時的にお酒煙草を飲んでいなかった(買うお金がなかった)。そして、超肥満体であること、長年ひきこもっていたせいで話し方も電車の乗り方もわからないところからスタートしたことなど、いろんな要因が重なってある意味あきらめていたし、謙虚だったのだと思います。道を歩いているときに一人だけ大汗かいているわたしを見て、女子高生の二人組がクスクス笑っていなにか言っていたことがあったのですが、なぜかわたしはそのとき落ち込まなかった。どういうわけか、この瞬間は永遠に続かないのだし、彼女たちはわたし自身だ。みたいなことを考えながらただひたすら歩いたのでした。あのとき自分がどういう理屈でそんなことを結論したのか、今の自分にはよくわかりません。

ただ、トール氏の著書に出てくる言葉に言い換えるなら「抵抗しない、判断しない、執着しない」の3点を無意識にやる時間がほんのつかのま、訪れたのかもしれません。だから太陽の光がまぶしいとか木々を眺めてそこにいるだけで幸福感にあふれていたのかも。

あのあといろんなことを経験して、働けるようになって、身体も健康になりました。だけど、もう一度あのときの感覚に近づきたいな、と思うことが多いです。貧乏でもいい、とか、太ってもいい、とかそういう意味ではなくて。楽しいことを楽しみながらも、あの幸福な状態をもう一度再現できる、と思ったのです。

いまは、ヨガでその精神状態を経験することがごくまれにあります。

もうちょっとこの感じを続けてみようと思います。ともかく、今年は断酒をスタートすることができた。おまけになぜか煙草までやめちゃった。そして、あたたかい交流が生まれて心が平安な時間が増えた!これだけで最高に幸せです。


ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
by カエレバ


スポンサーサイト

category: 楽しく生きる

[edit]

page top△

「ごはんよ」


夫が糖尿病になりました - なんかのたまご 2012/01/16 Mon. 04:37

に、夫が糖尿病になりました、と書きました。(まんまですね)

2009年ぐらいからの数年間、わたし自身もダイエット中でした。その経過は「死にたくないダイエット」というカテゴリにちょろっと書いてあります。現在わたしはちょい太めではありますが、まあ一応病気予備軍みたいな過体重から抜けだした状態を数年間維持しています。望み通り「街の背景」になることができたので、今後数年間はBMI22ぐらいを維持、に徹するということで。


2014-07-28 23.38.26
もどりたくない~


そして、先日わたしの「ごはんよ」写真に関して何人かの方から、あれ最近見ないけどまたご飯写真見たいわ~だとか、ごはんよ写真、そういえば見てました~という言葉を連続で言われたので「ごはんよ」を延々続けてUPした経緯について書きます。


実を言うと最初わたしはすげー怒っていました。

糖尿病になりました、の記事では、

「それならそれで、今からいろいろやろうよ。そのためには身体をまず健康にしようよ。
最近そういう考えに落ち着いています。」


などと〆ていますが、あの時点(2012年のはじめごろ)で表立って書いたことはないけれど、わたしはこんなことを考えていました。


「糖尿病 → このまま悪化したら合併症 → 脚切断 or 失明 or 人工透析!!いずれにしてもこのひと調子こいててなに言っても節制しないし未来はないわ!しかも夫が太っていることをわたしのせいみたいに言われる!なによそれふざけんじゃないわよ!

いままでやってきたことはなんだったの、わたしの作った朝ごはん食べた後二度目の朝ごはんとかドトールで食べてたの知ってんだぞコラ!あと、飲み会で唐揚げとか注文してんじゃねーー!!バーカバーカ!

そうだひらめいた!

ごはんよ って台詞でアップしている写真をもっと徹底して、万が一彼が脚切断とかになったときにこちらには非がないという証拠ということにしよう。万が一、離婚するなんてことになったときに、奥さんが家事とか料理とか手抜きだから旦那さんも病気になったんじゃないんですか~とか言われたらむかつくし!

だから、わたしは延々と繰り返し食卓の写真を撮り続けるぞ。」


要約すると「わたしのせいじゃないです。わたしは悪く無いです」

と言いたかったのでしょう。彼は口達者で議論では勝てないのでなにかしなくてはと当時は必死だったので。


もちろん、毎日毎日こんな気持ちを維持したままご飯を作っていたわけではありませんでした。 (つーかそんな悪意込めてご飯作り続けるほうが逆に難しい) おいしいおいしいと言って食べてくれれば嬉しいし、もっと工夫して薄味&低カロリーで栄養をまんべんなく摂れるように栄養の本よむぞーとかね。

でも、喧嘩した翌朝だとか、自分の機嫌が悪い日には、上にブルーで書いたような考えがぐるぐる回ってしまって、このやろーふざけんな的な気持ちで配膳していた日がけっこうな割合で混じっています。

この自分の心理については、ある一人の友人にしか打ち明けていなかったし、わざわざネットに書くようなことでもないわな、と思ったのでそのまま何年も「ごはんよ」とやり続けました。


m_200812170108414947d28952b6e.jpeg
わたしのせいじゃないもん証拠写真集


そして今。

「どくめし」という昔話を思い出しています。

【外部リンク】 どくめし 童話 | 昔話童話童謡の王国

あらすじは、

”姑のことを嫌いな嫁が、和尚さんに相談したところ「この毒を入れれば姑はそのうち死ぬが、バレないように優しくしつつ入れなされ」と言われてその毒をごはんに入れ続けました。

そして、和尚さんの言うとおりに嫁は毒を入れつつも表向きは従順に、姑からの小言に対して素直に謝り、尽くし続けました。

そうしているうちに二人の仲は良くなって、姑も嫁に対して態度が軟化していきました。

あるとき姑が病に倒れたと
き、嫁は和尚さんのもとに走りました。毒を盛ってしまったけれど、自分はいまとなってはお義母さんのことが好きで死んでほしくないと。すると、和尚さんは「あれは毒ではなかったんだよ」と言い、お姑さんの病気も治り、二人は仲良く暮らしましたとさ。めでたしめでたし”

というお話です。(原文はリンク先をどうぞ!)


このお話と違って、わたしは毒を盛ってしまったわけではないのですが、心の中では「自分の責任ではないという証拠の意味も兼ねて、写真を残すのだ。記録するのだ」という気持ちが何度もよぎったので、精神的な意味では憎しみ、怒り、みたいな毒を盛っていたことになるのでしょう。

そして、ほんとうに自分の精神状態が悪い時はいっそのこと早く死んでくれないかなーこのひと、などと思った日もありました。


2014-07-21 15.13.42
もう好きなだけお酒飲んでいいよハァ~


糖尿病というのは名前のイメージだとありふれていて大したことの無いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、長年放置した場合はほんとうに悲惨なことになってしまう病気なのです。

しかも、本人がほんのちょっと散歩するとか食事に注意するとか、心がけしだいで改善する。それなのに、病院からもらった薬だけ飲んで平気な顔してビール飲んで寝転がっている姿などを見ているうちになにもかも投げ出したくなってしまったのですよ。

(だからといっていっそのこといますぐ死ねバーカ、って発想をしたことについては自分の人間性に対してどうなのそれ?って思いますけどね)

だから、携帯百景や instagram で「カタリナさんちのご飯食べたーい」だとか「美味しそう~」とかコメントいただいたときに、うわっ、そうじゃないのに良い嫁みたいに思われてるやべー、みんなを騙してることになるんじゃねーのこれ、みたいな気持ちになったこともありました。

でも、結果的にいまは本当に夫と仲が良いです。まさに「どくめし」のお話のように。

仲が良くなったのはじわじわとなので、具体的になにかきっかけになる出来事があったような覚えはないのですが、なんとなく、今みたいなかんじになりました。たぶん靴磨きとアイロンを徹底する、みたいなことを続けていたことも良かったのでしょう。


2014-08-20 18.32.46
数字もゆっくり改善されつつあります


いまでも彼の HbA1c は、9ぐらいあって、BMIも33ぐらいのままです。

でも、それはよくよく聴いてみると、家系的なもの、遺伝的なものもあるらしく、心配しすぎて口うるさい嫁が毎日ガミガミ言ってたらストレスでなおさら病気悪化するんじゃないの?とも思いましたので、あんまりうるさいこと言わないようになりました。

ただ、もうごはん作るのめんどくさい!

こればっかりはしかたないです。わたし自身は食べないのに彼の分だけ塩分や栄養などを計算した料理を作るために何時間も台所に立つ、とか、さすがに無理ー!って思ったので宅配に頼っています。

試した宅配は3種類。

ミールタイム 

わんまいる 

ニチレイのカロリーナビ

です。

それぞれ一食あたりの価格が違うのですが、一番美味しいのはわんまいるでした。時点でニチレイ。ミールタイムはお安いのですが、味がねー。あと、量がねー。わんまいるは文句なしに美味しかったです。わたしも一回食べたのですが、まじうまー!


IMG_20140718_123046.jpg
とくに「わんまいる」は普通にダイエット食としても良い!


だから「ごはんよ」って写真をアップすることはもうないかもしれません。

二人のメニューが違うのと、腹ペコで帰って来た夫に写真とるから待ってとか言っていたら本末転倒。つまり、夫が快適に美味しくご飯食べられれば写真とかもうどうでもいいです。

ということでした~ ちゃんちゃん ♡



category: 夫婦円満のために

[edit]

page top△

どんな分野でもプロはすごい 効率の良い努力


鉢植えの世話をしていて思いました。

植物の個性を覚えるのってすっごく大変!と。


2014-07-02 08.23.35-1
えーこれどうすんの


いまわたしはペチュニア(もしかしてサフィニア?)の苗を大きくしようとあれこれと試行錯誤中なのですが、これが意外と難しい。おまけに昨日、衝動的に花屋で新しい苗をいくつも買い足してしまったので頭のなかがゴッチャゴチャです。

園芸初心者&花に興味がなくて名前覚えられないっていう状態からよくもまあ、ここまで植物好きになったものだわ、と思いながらきょうは無心に身体を動かしていました。植え付け作業です。

で、ペチュニアだかサフィニアだかよくわからん苗なんですけど、摘芯しまくったおかげで花芽は増えたけど花が見られない状態。ずーっと葉っぱばっかり眺めて暮らしているうちに「なんのために花買ったんだっけ?」と思えてきたので摘芯はほどほどにして咲かせています。



この動画の花屋さんだかなんだかのひとマジすごい


そんなことをしている間に汗だく&洗濯物は乾くし、きょうはまとめアイロンデー。

パリっと糊付けしたシーツでぐっすり眠るためにいまからもう一仕事ですが、主婦でもっとマメなひとはこんなかんじのことを毎日やっているのだよなぁと、ふと思いました。

園芸のプロも、子育てのプロも、コーチングのプロも、音楽のプロも、どんなひともそうなのでした。専門分野を極めているひとというのはすごい。


2014-07-02 10.24.55



ところで以前もどっかにちらっと名前を出した『上達の法則』という本があります。

これ、読み返してみたらすごくいい本です。一芸に秀でたひとは多芸に秀でる、という言葉の意味がわかるというか。たしかに、なにかひとつのことを極めたひとというのは器用貧乏という言葉では片付けられないほど、新しいことに取り組むときの上達も早かったり勘が良かったりする気がします。

効率の良い努力を科学する、というサブタイトル通り。ある程度までひとつのことに熟達するうちに認知構造が変わる瞬間がある、というような記述があり、面白いです。

岡本浩一 「上達の法則」より - YouTube (はじめの部分)


上達の法則 効率のよい努力を科学する (PHP新書)
by カエレバ

category: 植物生活

[edit]

page top△

好きな歌違う~♪ 選ぶ絵も違う~♪

つべこべ言わずになんでもやってみよう、みたいなことを心がけるようになってしばらく経ちました。これは、「叶え力」(カテゴリ 「叶え力」)第一回目音声に出てくる「片っ端から」「途中で飽きてやめたってぜんぜんいいです」「やってみたら意外と好きだったりするかも」みたいな言葉を頭のなかで反芻しているうちに背中を押された感があります。


IMG_20140618_104244.jpg
「ダメだったらやめりゃーいい」


具体的には、もともと家に道具が揃っている夫の趣味などにいちいちイチャモンつけずに一緒にやってみようキャンペーンみたいな感じ。(それ以前も、夫の影響で読むようになった本だとか好きになった音楽はあったけれど、なにかの拍子に「わたしのほうはあなたに合わせているのにそっちはわたしの好きな活動をぜんぶ拒否るじゃないのよ!」という恩着せがましい気持ちが吹き出ちゃっていたので)

「わたしは植物を世話したり瞑想したり読書したり。ご飯だって健康にいいものが食べたいのよ。それからボールルームダンスだって踊りたい。あなたが一緒に踊ってくれないのならだれかパートナーを探すわ。そして、音楽を聴くとしたらこういうの(自分の趣味全開な民族音楽とか特定のヴァイオリニストの曲とか)が良い。あなたの読む本は全然興味が持てないし、サバイバルゲームなんて本音ではやってほしくない。聴いている音楽もうるさいのばっかり!なんでそんな不協和音みたいな音のCDを何千枚も押し入れにしまっているのかまったく理解できないわ。あと、夜遅くまでテレビつけっぱなしなのほんっとイライラするんだけど!ゲームソフトとか釣り道具とかギターとかベースとかアンプとかも邪魔なんだけど!部屋狭いっつーの」

みたいなことを態度に出したり心で思うのをやめてみたのです。

だから最近銃を構えたりドラム叩いたりギター弾いたり今まで絶対見ないようにしていたタイプの映画やドラマなども積極的に見るようにしているのですが、これがまた楽しい!なんでもやってみるもんだ、という感想。


2014-05-23 19.50.40
楽しいわけですよ。意外にも。


以前、音楽性の違いで離婚 - なんかのたまご 2014/02/02 Sun. 08:15 の中にも「合わねぇぇぇぇ~!」(趣味とかが)と書いていますが、ふと指折り数えてみたら、ケンカばっかりしているようだけれど、なんだかんだで人生の半分を一緒に暮らしているのでした。

そもそもこっちは小説好きの民族舞踊研究会であっちは長髪で車高の低い車に乗った軽音楽部。知り合ってすぐに「俺は小説ばっかり読んで経験を積まない人間のことはバカにしている」「お前の好きな音楽とかダセェな。ロックじゃねぇよ」みたいなことを言われた覚えもあります。だから、最初から趣味が合わないことぐらいことわかりきっていたわけです。

でも、年月が経つにつれてわたしの変なこだわりや偏りがゆるくなって結果的には良い方向に転がっているような気もします。こっちが先に相手に合わせるようにしたら、相手もいつの間にかこちらに歩み寄ってくれている瞬間があることに気付いたりもして。

そういえば、竹内まりやの曲にもありますね。

「好きな歌違う~♪ 選ぶ絵も違う~♪ でも一番わたしを知っている~♪」みたいな歌詞。

なんだかんだで気が合うのでした。

もしかしたら「これだけは苦手!」っていうポイントが一致していることが幸いしたのかも。そして、白鳥JAY子さんの『男のトリセツ』やメルマガを読んでいるうちに自分の中の固定観念みたいなものが崩れたということが大きいです。

「夫婦関係は良きも悪しきも一日にしてならず」という部分が特に心に響きました。そこはしっかり肝に銘じつつ、楽しくワガママに大暴れしちゃいます♡


IMG_20140618_101145.jpg
男のトリセツは自分のトリセツでもありますなぁ


【関連過去記事】
『男のトリセツ』 いい意味で予想を裏切られたーーー!! - なんかのたまご 2014/03/17 Mon. 06:09
「浮気するならわたしにバレないようにやってね」発言、撤回作戦 - なんかのたまご 2014/03/18 Tue. 10:38

category: 夫婦円満のために

[edit]

page top△

失敗ぐらい自由にさせてよ


ペチュニアという花の苗を3つ、買いました。

2014-05-30 16.12.42
初心者でも育てやすいとのこと


で、これまでどおりテキトーに8号鉢に3つをギチギチに植え替えてから「ペチュニア」で検索してみたら、なんと、このお花というのは秋ごろまでワッサワッサと咲きまくる品種のようで、3つをギチギチに詰めて植えるのではなく、いっこいっこ別々に植えてもそれぞれがいっぱいに花を咲かせるようにすることもできる、ということがわかりました。

摘心してその後どれほどたくさんの花が咲くのかという様子はYouTubeにもいくつも動画がアップされています。

ペチュニアの切り戻し - YouTube

この動画の最初、いきなり花の部分をバサバサと刈り取ってしまうので「マジで?!」などと大声を上げましたが、園芸本を読んでみたらきちんと摘芯してあげないとだらしなく伸びてしまって花が咲かないのだそうです。

そして、掲示板でのベテラン園芸家の方々のやりとりを見ると、どんどん摘心してたくさんの花を咲かせることを競っている雰囲気も感じられて、園芸というものは分かる人には奥が深いのだなぁと改めて思いました。


pepepe.jpg
「ペチュニア」検索結果


で、その園芸について語っている掲示板をひと通り読んで、あたまのなかに新しい知識がゴチャゴチャしたまま土やら手袋やらを買ってそのあとヒトカラしてから帰って来て植え替えをしましたが、やっているうちになにがなんだかわからなくなってきて思わず「失敗ぐらい自由にさせてよ!」とひとりごとを言っていました。

勝手にベテランさんの書き込みを読んで勝手に反発しているので自分でも滑稽だとは思うのですが、ともかく、やってみました。摘芯。

買ったばかりの苗に咲いていた花を切るというのはちょっと心が痛みますが、躊躇していたら綺麗にこんもりと咲いている花を見ることが出来ないということはわかったのでバンバン切っちゃいました。楽しかったです。

無心に土と植物を触るというのはとてもいいですね。

まさか自分がこんなひらひらした花を育てることになるとは思ってもいなかったのですが、いまこういうことをしていてとても楽しいです。そして、うちのペチュニアがどんなふうに育つか、それも、楽しみです。


IMG_20140603_144310.jpg
葉っぱだけになったー


category: 植物生活

[edit]

page top△




ベトネベートクリーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。